我がフェイエノールト

Manchesterで敗戦(CL: Manchester City-uit)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトの欧州での冒険は終了。監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームは火曜夜にManchester Cityと対戦し、相応しい引き分けに向かっているかに思われたが、終了直前に失点を喫して1-0の敗戦。NapoliがShakhtar Donetskに3-0で勝利したことでCL Groep Fの3位になる可能性は消え、フェイエノールトは欧州での冬越えという野望を諦めても良くなった。

9月にロッテルダムで行われたManchester Cityとの最初の試合との違いは非常に大きかった。Cityはデ・カイプで前半のうちに0-3としたが(最終スコア0-4)、火曜夜のフェイエノールトはEtihad Stadiumでしっかり両足で立ち続けていた。

それはイングランド人たちがすでに次のラウンドへの進出を決め、過剰な努力をする必要がなかったせいもあったが、大部分はフェイエノールト自身のおかげであり、チームはこれまでのCL4試合から学んだ姿を見せた。ケヴィン・ディクス、レナート・ターピア、ソフィアン・アムラバト、ジャン・パウル・ボエチウスらがスタメンに並んだチームは守備面で集中力を保って組織的にプレーし、特に前半は試合が進むにつれて前へとフットボールもしていた。

前半のフェイエノールトの最大のチャンスはHT10分前のサム・ラーソン。逆隅を狙ったシュートはしかし0.5m外側に外れてしまった。その前にはボエチウスがぐらついたGK Edersonに恥をかかせるのに僅かに及ばず、トニー・フィレーナもこのGKを抜けなかった。ピッチの反対側ではブラッド・ジョーンスも前半終わりに向けて何度かCityの選手たちに迫られたが、キャプテンマークを巻いたGKがRaheem SterlingとBernardo Silvaのシュートをセーブするのに特別な努力は必要無く、Sergio Aguëroのヘディングは枠外に消えた。

失点せずに居続けたことでフェイエノールトは試合の中で成長していき、アウエーボックスの2.700人以上のサポーターも一晩中声を出し続けて声援を送り続けた。そして後半途中でNapoliがShakhtar Donetsk相手にリードを奪ったという知らせが届き、フェイエノールトが冬越えする可能性を残すには勝つしか無いということがハッキリする。

冬越えを信じる気持ちがピッチにあったのは間違いなく、フェイエノールトは後半も何度も攻撃に出ようとしていた。残り20分にフィレーナとラーソンのコンビネーションからスティーヴン・ベルフハイスに解放感をもたらすゴールを決める最高のチャンスが訪れたが、シュートはEdersonが触ってバーの僅かに上に。これがフェイエノールトにとって最後の良いチャンスとなり、チームは間違いなく最初の1ptを得るのに相応しかったが、終盤のSterlingのゴールで5試合連続何も得られず。しかし試合後 プレミア・リーグのコップローパー相手に選手たちが見せたプレーに対して、ヘット・レヒューンの大きな、そして正当な拍手は鳴り止むことが無かった。

Manchester City - Feyenoord 1-0 88’ Sterling 1-0

Scheidsrechter: Ivan Kružliak Gele kaarten: Mangala, De Bruyne, Danilo (City), Vilhena, Jones, Toornstra (Feyenoord)

Opstellingen: Manchester City: Ederson Santana de Moraes; Kyle Walker, Nicolás Otamendi, Eliaquim Mangala, Danilo Luiz da Silva; Ilkay Gündogan, Yaya Touré (75’ Philip Foden), Kevin De Bruyne (64’ Gabriel Fernando de Jesus); Bernardo Silva, Sergio Aguëro, Raheem Sterling (91’ Brahim Diaz). Feyenoord: Brad Jones; Kevin Diks (72’ Bart Nieuwkoop), Renato Tapia, Sven van Beek, Ridgeciano Haps; Sofyan Amrabat, Jens Toornstra, Tonny Vilhena; Steven Berghuis (82’ Bilal Basaçikoglu), Jean-Paul Boëtius (70’ Nicolai Jørgensen), Sam Larsson.

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

Onder19、Manchesterで力強いプレーに相応しい結果を得られず(YL: Manchester City-uit)【我がフェイエノールト】

第12節結果:史上最悪のNACの夜。ダボーが今シーズン最も美しいオウンゴール。ラッキーPSVが今世紀最速で33pts到達【我がフェイエノールト】

ホームでVVVにも勝てず(第12節:VVV-thuis)【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:204
  • 累計のページビュー:5617072

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss