我がフェイエノールト

Onder19、Manchesterで力強いプレーに相応しい結果を得られず(YL: Manchester City-uit)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールト Onder19は火曜午後にUEFA Youth Leagueの第5節を終えて次のラウンドへの進出を決めることに失敗。Manchester City Onder19に勝てばフェイエノールト・アカデミーの最高年代チームは次のラウンドに進む資格を得ることができたが、数多くあった良いチャンスを決めることができず、0-0で終了した。しかしフェイエノールトは12月6日水曜日のNapoliとのホームゲームは引き分けでも十分と、まだ自力で決められる立場にある。

Shakhtar DonetskがNapoliに勝利したことで、勝てば冬越えが分かっていたOnder19だが、MCFC Academy Stadiumでのスタートはシャープさを欠いた。チームは開始20秒でビハインドを背負ってもおかしくなかったが、数少ない幸運だったフェイエノールダーの一人 ジュスティン・バイローがスタートからしっかり警戒態勢を作っていた。このGKが素晴らしいセーブで早々のビハインドを防ぎ、同時にチームを目覚め起こす。フェイエノールトはすぐにすでにグループステージ突破を決めているCityをコントロールし、その結果多くの大チャンスを作り出した。

20分過ぎにディラン・フェンテが先制点を決めたかに思われたが、難しい覚悟からの素晴らしいシュートはポストを直撃してピッチに戻ってしまった。2分も経たずにこのスピッツがイアン・スムーレルスの見事なクロスボールからフリーになったが、彼のシュートはGKを驚かすだけの強さは無かった。それは30分過ぎのロドニー・ハイヘンのシュートにも当てはまり、オルクン・コクチュのプレーからフリーなったが、Curtis Andersonの足にセーブされてしまった。

後半も風と激しい雨が続いたが、フェイエノールトはこの環境にも乱れることは無く、何度も素晴らしいコンビネーション・フットボールを見せると、60分過ぎに最大のチャンスを迎える。ルチャレル・ヘールトライダがヴァウター・ブルヘルとフェンテとの見事なコンビネーションからゴール前でフリーに。しかしシュートはコントロールしきれずにまたもポストを直撃してしまった。その直前には反対側で先制点が決まってもおかしくなかったが、こちらも再び警戒態勢を敷いていたバイローがTylor Richardsとの1対1に勝利。

終盤はフェイエノールトのパワーが落ちて行き、Cityがより脅威を創るように。しかしホームチームも得点には至らず、フェイエノールトは1ptをロッテルダムに持ち帰ることになった。これによって最終節のNapoli戦は引き分け以上で次のラウンドへ進むことができる。

Manchester City Onder 19 – Feyenoord Onder 19 0-0

Opstellingen: Manchester City: Anderson; Martret, Latibeaudiere, Kigbu, Wilson; Diallo, Richards, Dele-Bashiru; Matondo (41’ Touaizi), Gonzalez (74’ Nmecha) en Garre. Feyenoord: Bijlow; Reith, Lewis, Smeulers, Malacia; El Bouchataoui, Kökcü (84’ Bangura), Geertruida; Huijgen, Vente (90’ Vicario) en Burger (74’ Zwarts).

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第12節結果:史上最悪のNACの夜。ダボーが今シーズン最も美しいオウンゴール。ラッキーPSVが今世紀最速で33pts到達【我がフェイエノールト】

ホームでVVVにも勝てず(第12節:VVV-thuis)【我がフェイエノールト】

俺から見たレガネス対バルセロナ【バルセロニスタ】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:204
  • 累計のページビュー:5617072

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss