我がフェイエノールト

オランイェ、ベルフハイスの活躍により勝利で2017年を締めくくる(練習試合:ルーマニア-uit)

このエントリーをはてなブックマークに追加

オランダ代表はBoekarestでルーマニアを0-3で下し、201年を勝利で締めくくった。後半にスティーヴン・ベルフハイスのアシストからメンフィス・デパイ、ライアン・バベル、ルーク・デ・ヨングがそれぞれゴール。

FIFAランクのポイントという点以外に、ディック・アドフォカートにとっては他にも得たものがあった。ルーマニアに勝利したことでアドフォカートはオランダ代表で通算37勝と、史上最も成功したボンズコーチに。

スコットランドに1-0で勝利した木曜のAberdeenでの練習試合と比べ、Boekarestでの試合はかなり見ていて魅力的だった。両チームにとってエキサイティングなシーンとバルトが多い対決に。

オランイェの側では前半デパイが主役を演じる。Olympique LyonのFWはオランダの危険なシーンほぼ全てに絡み、15分には彼のクロスからデイヴィ・プロッペルがチャンスをモノにするかに思われたが、ルーマニアのGK Pantilimonがセーブ。前半終了間際にはデパイのクロスがバベルの頭に届いたが、オフサイドポジションで得点は認められなかった。

後半開始直後にそのデパイが先制点を決めたのも驚きでは無かった。ベルフハイスの上げたボールをファーポストでのヘディングでゴール。彼にとっては代表8得点目となった。10分後には大きなスペースを得たベルフハイスのp巣からバベルが得点チャンスを決めて2点目。

最後の20分間でルーマニア人立ちは面目を保とうとし、数回危険なシーンも作ったがオランイェの守備を破ることはできず。ちょうどその時間帯に途中出場 ルーク・デ・ヨングが0-3のゴールを決め、クロスを上げたのは今回もベルフハイスだった。3アシストを記録したこのフェイエノールダーは終盤にデビューの ドニー・ファン・デ・ベークと交代。

こうしてアドフォカートは62試合で37勝とボブ・グレンデニングの持つボンズコーチ最多勝利記録を塗り替え、代表監督を退任。オランイェにとってはこの数日間の練習試合2勝で2017年は終了。次にオランダ代表が集まるのは3月末であり、イングランド(thuis)、スペイン(uit)と練習試合を行う。

Roemenië-Nederland 0-3 (0-0) Scorverloop: 47. Memphis 0-1, 57. Babel 0-2, 81. De Jong 0-3.

Opstelling Nederland: Cillessen; Veltman, Van Dijk, De Ligt, Aké, Blind (87. Promes), Pröpper (62. Van Ginkel), Strootman (78. Vilhena), Memphis (62. Sneijder), Babel (62. De Jong), Berghuis (83. Van de Beek).

http://www.onsoranje.nl/nieuws/nederlands-elftal/71205/oranje-sluit-2017-af-met-overwinning-op-roemeni%25C3%25AB

ディック・アドフォカート 「私は辞める。難しい選択では無い。次の世代に移る時だと思うからだ。今はもっと若い人たちの時代。彼らが力を示さなければならない時だ。それが最も重要な理由であり、そこに疑いは無い。契約にサインした時に、予選を突破できなければ私が辞めるのは代理人のロブ・ヤンセンは既に知っていた」

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オランイェ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017:A代表:親善試合:中立:vsブラジル「インテンシティ」【蹴鞠談議2】

ハペル、亡くなって25年もいまだ大きな尊敬を集める【我がフェイエノールト】

ドイツサッカーレポート 谷本薫 「サッカーが好きだから・・・」【J-UNITED BLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5600159

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss