我がフェイエノールト

ヨング・オランイェ、ラトヴィアに問題無く勝利(EK予選:ラトヴィア-thuis)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨング・オランイェはEK予選で初勝利。KNVBの監督 アルト・ランゲレーのチームは金曜にデ・ファイフェルベルフでラトヴィアを全く相手にせず、イドリシ、ベルフワイン、ラムセラールのゴールで3-0勝利を収めた。

良い結果が必要だったヨング・オランイェ。チームは先月強力なイングランド相手に良い試合をして1-1で引き分けたが、スコットランド相手には最低レベルを下回って2-0の敗戦。これでオランダはいきなりグループで追いかける立場と成り、イタリアでのEK出場権をを早々に失わないためにはこれからの数試合で勝つしか無い状態だった。

自信を取り戻すためにはラトヴィアはパーフェクトなスパーリングパートナーだったと言えるだろう。このチームは自陣に引いてスピッツ Nikita Ivanovsの飛び出しに掛けたが、実際このFWが危険なシュートを蹴れる状況はほとんど無かった。

デビュー組のジュスティン・バイローとジュスティン・クライフェルトがスタメンに並んだヨング・オランイェは相手の守備的なプレーに苦しむも、先制点をスコアボードに刻んだ時点で試合は終わっていた。

1-0のゴールには多少の運は必要だった。すでに2回ミドルシュートを放っていたウサマ・イドリシが15分に狙ったシュートはVladislavs Kurakinsの正面に。しかしRiga FCのGKは完全に見誤り、ボールが指の間を滑り抜けて行くのを見ていくしかなかった。

セレクションに戻ったリチェドリー・バズールはその直後に2-0にすることもできたが、ベルフワインの素晴らしいパスで抜け出したこのMFはしかしチャンス・ポジションからシュートをポストの外側に当ててしまった。2点目が決まったのは35分。オランダの長くボールを持った攻撃から、駆け上がったトーマス・アウエヤンのパスを受けたスピッツ ベルフワインが見事な反転シュート。

さらにHT直前に3-0のゴールも。バズールのシュートがCernomordijs Antonijsの手に当たり、主審 Dainis Kazakevicsはペナルティスポットを指すしか無かった。11mからバルト・ラムセラールがシンプルにラトヴィア人GKの逆を突いてシュートを決めた。

後半は緊張感が消え、ラトヴィアはこの試合でまだ何か得ようとする意思を見せることは一瞬も無かった。それでもこのチームがたった1回だけチャンスを得る。守備からボールをキープしようとしたジェレミア・シン・ジュステが蹴ったボールがRaivis Andris Jurkovskisの足元に届くも、至近距離からのシュートをバイローが見事にセーブ。

それ以外はヨング・オランイェが支配し圧倒。チームは忍耐強く守備の穴を探し続け、度々華麗なプレーも披露。特にクライフェルトは何度も素晴らしいアクションで観客を楽しませたが、残念ながらそれが結果に繋がることはほとんど無かった。

後半も多くの脅威をもたらしていたのは左サイドからのイドリシ。HT明け10分には彼が4点目に最も迫ったが、方向が変わったシュートはKurakinsによってかろうじてセーブされた。シン・ジュステ、フレンキー・デ・ヨング、途中出場のサム・ランマース、ティモシー・フォス・メンサも点差を広げることができずにそのまま終了。

ヨング・オランイェは木曜に次の試合。チームはウクライナとのアウエーゲームに臨む。試合はオランダ時間17.00開始。

Jong Oranje – Jong Letland 3-0 (3-0) Scoreverloop 17. Idrissi 1-0, 35. Bergwijn 2-0, 45. Ramselaar (pen.) 3-0.

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ヨング・オランイェ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本vsニュージーランド 親善試合【球マニアのBLOG】

対話による独立問題解決を求めるピケの会見全文【ジョルディのバルセロナ通信】

【 大迫勇也 】 ピサロの加入で良くなってもらいたい。 【 ケルン vs ライプツィヒ 】【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:631
  • 累計のページビュー:5608855

(12月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss