我がフェイエノールト

アルクマールで立ち直り(第7節:AZ-uit)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトはAZとのアウエーゲームで重要な勝利。エールディヴィジでの2連敗からチームはアルクマールでの0-4勝利での立ち直りに成功した。スティーヴン・ベルフハイスが2ゴールと1アシストの大活躍でHTまでに0-3に。サム・ラーソンとトニー・フィレーナもゴールを決めた。

CLを含むここ5試合で4敗してフェイエノールトにはプレッシャーが掛かっていたが、アルクマールでのプレーからはそれはほとんど感じられず。ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームは集中力を持って試合に入り、AFASスタディオンでこれ以上無い効率性も示した。11分に最初のベストチャンスが即ゴール。素早いカウンターからベルフハイスが多少の幸運でボールを得ると、バーの下部を叩いたボールがそのままラインを割り、トニー・フィレーナの最後の最後の一押しも必要無かった。

7分後にはリードが2点差に。サム・ラーソンが見事な個人技から強烈なシュートを決め、エールディヴィジ初スタメンを自らのゴールで祝った。このスウェーデン人が対面の相手を抜き去って中に入るスペースを得られたのは、ラーソン、ベルフハイス、ジャン・パウル・ボエチウスと3人の流動的なFWを並べるシステムでのファン・ブロンクホルストの狙い通り。

DF陣も監督は入れ替えを行い、ケヴィン・ディクスの代わりにソフィアン・アムラバトが右バックとして入り、レナート・ターピアとジェレミア・シン・ジュステが再びセントラール・デュオを形成。先制点直後にフース・ティルに抜け出されてブラッド・ジョーンスのセーブに救われたものの、概ね上手く機能していた。

前半の残り時間もフェイエノールトはかなり楽にリードを保ち、HT直前にはさらに点差を広げることにも成功。ベルフハイスがスタイン・ヴァイテンスのパスを足元に収め、そこから冷静に0-3. 45分を終えて数週間前のアルメロでの試合と同じ数字がスコアボードに表示された。

アルメロではヘラクレスに試合に戻るのを許したフェイエノールトだったが、今回は後半開始15分間でプロフェッショナルに勝負を決めてみせた。大活躍のベルフハイスのスラロームが華麗にアルクマールの守備を突破し、そこからのパスはトニー・フィレーナには外しようが無いチャンスを与えた。最後の30分間でさらに得点することもできたはずだが、試合が進むにつれてロッテルダマースのFW陣からシャープさが失われ、ベルフハイスはこの午後3点目を決められず、ボエチウスのシュートも不運にも枠を外れた。

それでもファン・ブロンクホルストは満足してアルクマールのピッチを下りただろう。7節を終えてコップローパーのPSVとは3pts差に付けており、この代表戦期間で監督はニコライ・ヨルゲンセン、スフェン・ファン・ベーク、バルト・ニューコープをさらにフィットさせて、セレクションの層を再び厚くすることができるはずだ。

AZ - Feyenoord 0-4 Scorverloop: 11’ Steven Berghuis 0-1 17’ Sam Larsson 0-2 41’ Steven Berghuis 0-3 57’ Tonny Vilhena 0-4

Scheidsrechter: Bas Nijhuis Gele kaart: -

Opstellingen: AZ: Marco Bizot; Jonas Svensson, Rens van Eijden, Stijn Wuytens, Owen Wijndal; Guus Til, Marko Vejinovic (38’ Dabney dos Santos), Joris van Overeem; Alireza Jahanbakhsh (66’ Teun Koopmeiners), Wout Weghorst, Mats Seuntjens (85’ Jeremy Helmer). Feyenoord: Brad Jones; Sofyan Amrabat, Renato Tapia, Jerry St. Juste, Ridgeciano Haps (76’ Miquel Nelom); Jens Toornstra, Karim El Ahmadi, Tonny Vilhena; Steven Berghuis, Jean-Paul Boëtius, Sam Larsson.

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

アルクマールで立ち直り(第7節:AZ-uit)

とにかく連敗地獄に陥らずにすんで良かった。PSVは絶好調だしアヤックスもこのままでは無いでしょうから、フェイエノールトにとっては厳しい状況が続きます。新たな怪我人が出ないことと、離脱メンバーが戻ってくれば勢いも戻ってくるはず。頑張れフェイエノールト!

こんな記事も読みたい

リーガ・エスパニョーラ第7節 エスパニョール戦招集リスト 【レアルマドリードのある生活】

バルセロナの6連勝でベネディートは不信任投票を断念へ【ジョルディのバルセロナ通信】

スナイダーって誰よ?【「読裏クラブ」のワンツー通し】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:255
  • 累計のページビュー:5579936

(10月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss