我がフェイエノールト

オランイェ、WK予選ベラルース戦&スウェーデン戦セレクション

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボンズコーチ ディック・アドフォカートはWK予選最後の2試合に向けてセレクション24名を発表。プレセレクションに入っていたクラース・ヤン・フンテラールの名前は無く、ライアン・バベルが2011年末以来の代表招集を受けた。オランイェは20月7日にBorisov Arenaでベラルースと、10月10日にアムステルダム・アレナでスウェーデンと対戦する。オランダはスウェーデンに3pts差を付けられて現在グループ3位。得失点差でもスウェーデンの+11に対してオランダは+5と下回っており、少なくとも10月7日のベラルース戦でオランイェは大勝する必要がある。

Definitieve selectie Oranje: Doel: Jasper Cillessen, Maarten Stekelenburg en Jeroen Zoet. Verdediging: Nathan Aké, Daley Blind, Wesley Hoedt, Daryl Janmaat, Matthijs de Ligt, Karim Rekik, Kenny Tete en Joël Veltman. Middenveld: Donny van de Beek, Marco van Ginkel, Davy Klaassen, Davy Pröpper, Kevin Strootman, Tonny Vilhena en Georginio Wijnaldum. Aanval: Ryan Babel, Memphis Depay, Bas Dost, Vincent Janssen, Jürgen Locadia en Arjen Robben.

https://www.telesport.nl/artikel/121214/oranje/advocaat-laat-sneijder-en-huntelaar-vallen

ディック・アドフォカート 「デ・フライ、プロメス、マルティンス・インディ、ファン・ペルシは怪我。ファン・ダイクはまだフィットしていない。ヴェズリー(・スナイデル)は素晴らしい選手だがプレーしなければいけない。オランイェでのヴェズリーがこれで終わりということはまだ決して無いよ」

「アムラバトとは話をした。大きなポテンシャルを持った若者であり、それは我々も彼に伝えた。しかし彼はクラブでスタメンでは無く、まずはフェイエノールトで不動の存在にならなければいけないというのはハッキリしている。現時点でオランイェにとって具体的な選択肢では無い。オランイェにとって選択肢になった時点で彼が自分で選択しなければならないし、招集を受けて初めて彼は選択できる。彼がモロッコ代表の招集を断った?それは良いサインと言えるだろう」

「バベルはファンタスティックなチームを持つBesiktasで不動の存在。招集される資格があるし、プロメスの素晴らしい代替案」

「フンテラールがアヤックスにとって価値がある以上の存在なのは見ているが、この2試合の彼は低調だったと思う。今の彼はより中盤に下がってボールを受けているが、それは彼のポジションでは無い。前線にはドストがいるし、サイドでもプレーできるロカーディアで選択肢を多くすることを選んだ」



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オランイェ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ミランの監督交代はあるのか!?【G&AC】

【 大迫勇也 】 ピンチはチャンスでもある。 【 ハノーファー vs ケルン 】【FCKSA66】

ELグループステージ第2節結果:フィテッセもノーチャンスで2敗目【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:255
  • 累計のページビュー:5579936

(10月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss