我がフェイエノールト

ELグループステージ第2節結果:フィテッセもノーチャンスで2敗目

このエントリーをはてなブックマークに追加

Europa League-groepsfase

donderdag 29 september 2017 19:00 OGC Nice - Vitesse 3-0 16’ Alassane Pléa 1-0 / 45’ Allan Saint-Maximin 2-0 / 81’ Alassane Pléa 3-0

お互い静かな立ち上がりの中、4-5-1のしっかりした組織を崩さずに五分五分以上の立ち上がりを見せたフィテッセだが、最初のCKでミアズガが競り負け、ファーポストでビュートネルが相手をフリーにして失点。その後フィテッセはパスフェールのセーブに救われた1回だけに決定機を抑えるも、Niceに落ち着いてコントロールされて自分たちもカウンターで決定的シーンを作れずにHTに入ると思われた前半終了直前、セレーロのパスミスからカウンターを見事に決められて2-0.

後半開始数分後に突然スタディオンの照明の大部分が消えて試合が約15分中断。フィテッセは多くボールを持つもなかなかチャンスを作れず、ブルーンスのFKもクロスバー直撃。その後再びNiceが主導権を取ると、ペースを上げられた攻撃で綺麗に崩されてトドメ。

ヘンク・フレーザー 「我々にとってはとても勉強になる試合。最初の失点?ヘディングで競り負けるのはあり得ること。2点はとても残念。あれは100%私が警告していたこと。あれで試合を台無しにしてしまった。組み立てをしようとする時に良い立ち位置を取らなければ苦しいことになる。2失点目は正にそれ。あれはオランダのチームにはあまりに多く起きてしまう」 「私は現実的な人間。これは論理的な結果だ。LazioとNiceだけではなく、Napoliとフェイエノールト、アヤックスとRosenborgもだ。それを我々は自覚しなければいけないし、君らは記者まだそれを常に理解していないと私は思う。これが我々オランダ・フットボールの立ち位置」 「2-0になった時点で正直なところダメージコントロールを考えた。だからそこからまだ3点目を決められたのはガッカリしている。これは明確な結果。しかし我々はこれで終わりか?私はそうは思わない」

トーマス・ブルーンス 「3-0で負ければ糞ったれな気分、受け入れたくは無い。僕らは必死に戦ったけれど、個々のクオリティの差が大きかった。自分の変えられることはあまりないし、受け入れるしか無い。僕らは全力を尽くした」 「1-0でHTに入れていれば僕らはエクストラ・スピッツで何とか押すことができれたかもしれないけど、HT直前にそれができなくなってしまった」



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
欧州戦
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ビッグクラブを背負うということ【no title】

バルセロナ:スアレスのリーガ100試合とカタルーニャの独立問題【ジョルディのバルセロナ通信】

Napoliに打ち負かされる(CL: Napoli-uit)【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:399
  • 累計のページビュー:5610093

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss