我がフェイエノールト

Napoliに打ち負かされる(CL: Napoli-uit)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトはCL Napoliとのアウエーゲームでサプライズを起こすことはできず。Stadio San Paoloで監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームはGroep Fの2試合目に臨み、3-1で敗れた。2-0のビハインドの時点でイェンス・トールンストラがPKを失敗した後、ロスタイムにソフィアン・アムラバトが面目を保つゴール。終盤にはスフェン・ファン・ベークが1年超ぶりに怪我からの復帰を果たしている。

Manchester City戦と同様にフェイエノールトはナポリでも早々の失点。7分にアムラバトが中盤でLorenzo Insigneとの競り合いに敗れ、そのままペナルティエリア際に持ち込まれると、このFWの強烈なシュートがブラッド・ジョーンスの手の届かないゴール隅に決まり、この試合初めての枠内シュートが即得点に。

しかしCity戦で早々の失点から続けてさらに2失点したのに対し、この日のフェイエノールトはかなり上手く立て直しに成功。4-4-2のフォーメーションでチームは多くの時間ボールを持ち、自信を持ってプレーしているようにも見えた。しかしフェイエノールトはそこから危険ゾーンまで攻めていくことはできず、Napoliも楽に凌ぎ続ける展開。唯一ジャン・パウル・ボエチウスとスティーヴン・ベルフハイスの両FWがHT前にゴールに向けてシュートを放ったが、Pepe Reinaを慌てさせることは無かった。

しかしチーム内にいくつもの入れ替えが必要だったことを考えれば、フェイエノールトのピッチプレーは賞讃に値する。エリック・ボテギンが十字靱帯の怪我でイタリアに帯同せず、もう一人の不動のDF ヤン・アーリー・ファン・デル・ハイデンもウォーミングアップの最後にふくらはぎを痛めて欠場。結果としてSerie A最多得点チーム相手にレナート・ターピアとジェレミア・シン・ジュステがセントラル・デュオを組んだ。

Napoliの攻撃陣がどれだけ致命的かはHT明け直後に明らかに。ケヴィン・ディクスの不味いバックパスがドリース・メルテンスによって容赦無く罰せられ、良い結果をというロッテルダマースの望みの大部分は奪われた。後半半ばにベルフハイスが倒されてPKを得た時点でその希望はかなり戻ったが、トールンストラのキックがReinaに止められてそれもすぐに消滅。

数分後にターピアの雑なプレーからJosé Callejonが得点を決めた時点でフェイエノールトにとって試合は決まり、それから間もなくこのペルー人は2016年5月1日以来初の公式戦出場となるファン・ベークと交代。

最後の20分間フェイエノールトは今後のCLキャンペーンを考えてダメージを抑えることに努め、それに成功しただけでなく、チームはアムラバトのゴールによってロスタイムに1点返すことにも成功。このMFがNapoliの守備陣を抜き去り、Reinaも至近距離から破り、フェイエノールトにとって2002年11月13日以来 CLでの初めてのゴールを決めた。

SSC Napoli - Feyenoord 3-1 Scorverloop 8’ 1-0 Insigne 49’ 2-0 Mertens 70’ 3-0 Callejón 90’ 3-1 Amrabat

Scheidsrechter: William Collum Gele kaarten: Koulibaly, Diawara (Napoli), El Ahmadi, Berghuis, Van Beek (Feyenoord)

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Napoliに打ち負かされる(CL: Napoli-uit)

これだけ怪我人が出れば連敗が続くのは間違いない。今シーズンの目標は、とにかく残留できれば良しとするしかないね。それに向けてどんな策を打つかが重要になってくるけどブロンクホルストではそれもあまり期待できないし、ファンにとっては辛いシーズンになりそうだ。とにかく今のメンバーに合わせたフェイエノールトのベストな戦闘スタイルを早々に決めて、確実にそれを実行してくれることを望むだけです。

こんな記事も読みたい

CLグループステージ第2節 ドルトムント戦招集リスト【レアルマドリードのある生活】

Onder 19、ナポリでキャラクターを示して1pt獲得(YL: Napoli-uit)【我がフェイエノールト】

【 乾貴士 】 前半36分で交代。 【 エイバル vs セルタ 】【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5609402

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss