我がフェイエノールト

NACに敗れてホーム無敗記録が終了(第6節:NAC-thuis)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトは2016年1月31日以来初めてエールディヴィジでのホームゲームで敗戦。監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームはNACブレダ相手に0-2で敗れた。残り15分でミヒル・クラーメルがPKを失敗した後、終了直前にはブラッド・ジョーンスのミスが容赦無く罰せられた。

NACがデ・カイプで1ptを得れば満足であり、カウンターで密かにそれ以上を願っているというのは試合開始直後から明らかだった。ブレダナールスは11人が自陣に立ち、特に試合序盤は決してそのルールを破らず。そしてその決まりは33分にビジターチームが先制しても決して弱まることは無かった。エリック・ボテギンとトニー・フィレーナがCKの流れから再び入れられたボールにヘディングで競り負け、ジョヴァンニ・コルテがシンプルに決めて0-1.

この失点は決して完売のデ・カイプで上手く試合に入れ低泣き合ったフェイエノールトの自信を減らすことに。前半の光明はヤン・アーリー・ファン・デル・ハイデンのヘディングとジャン・パウル・ボエチウスからカリム・エル・アマーディへの良いスルーパス程度であり、フェイエノールトはそれ以外に組織的にプレーするブラバンダースを驚くような連携やテンポアップで圧倒することができず、スピッツ クラーメルもほとんどボールを受けられなかった。

ファン・ブロンクホルストにとってはスティーヴン・ベルフハイスの出場停止とニコライ・ヨルゲンセンの怪我以外にイェンス・トールンストラも負傷欠場によって攻撃面での交代策も限られていた。後半開始直後にバサチコグルに代えてサム・ラーソンの投入で攻撃面で危険なシーンを作ろうとし、それは効果もあったが、クラーメルのヘディングが枠を外れ、アムラバトのヘディングはバーを直撃してピッチに跳ね返った。

しかしこれらのチャンスがフェイエノールトに自信の一部を取り戻させ、ファン・ブロンクホルストはケヴィン・ディクスに代えてディラン・フェンテ投入で攻撃面にさらにプラスαを加えることを決定。ブレダナールスのゴールにさらにプレッシャーを高めるこのプランは上手く行っていたように思われたが、しかしゴールをもたらすことは無かった。そのいい見本が残り15分にソフィアン・アムラバトへのファールで得たPKも決まらなかったこと。水曜のADO戦と対照的にクラーメルの11mからのシュートはセーブされた。

残り時間でせめて1ptという最後に残された希望も、ジョーンスが途中出場 トーマス・エネフォルセンにボールを奪われ、そのチャンスを冷静に決められたことで消えて無くなった。これによりフェイエノールトはホームでのエールディヴィジ25試合で初めて何も得られず、チームは火曜のCL Napoli相手のハードなアウエーゲームに向けてすぐに立ち直らなければならない。

Feyenoord - NAC Breda 0-2 33’ 0-1 Giovanni Korte 87’ 0-2 Thomas Enevoldsen

Scheidsrechter: Jochem Kamphuis Gele kaarten: Angeliño (NAC)

Opstellingen: Feyenoord: Brad Jones; Kevin Diks (67’ Dylan Vente), Eric Botteghin, Jan-Arie van der Heijden, Miquel Nelom; Sofyan Amrabat, Karim El Ahmadi, Tonny Vilhena; Bilal Basaçikoglu (55’ Sam Larsson), Michiel Kramer, Jean-Paul Boëtius. NAC Bred: Mark Birighitti; James Horsfield (70’ Fabian Sporkslede), Menno Koch, Pablo Marí Villar, Angeliño; Mounir El Allouchi, Arno Verschueren, Karol Mets; Giovanni Korte (78’ Richelor Sprangers), Thierry Ambrose (86’ Thomas Enevoldsen), Manuel García.

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

NACに敗れてホーム無敗記録が終了(第6節:NAC-thuis)

どう考えても前向きになれない。ナポリ戦から連敗スタートの始まりだ。今度は何連敗まで記録を伸ばせるか。これだけ怪我人出せば残留も危ないな。

こんな記事も読みたい

【 香川真司 】 1得点も後半21分で交代。 【 ハンブルガー vs ドルトムント 】【FCKSA66】

俺から見たジローナ対バルセロナ【バルセロニスタ】

リーガ・エスパニョーラ第6節 アラベス戦招集リスト【レアルマドリードのある生活】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:427
  • 累計のページビュー:5579248

(10月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss