我がフェイエノールト

終盤の決着でADOに勝利(ベーカー戦:ADO-thuis)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトは水曜夜に苦しみながらKNVBベーカー第2ラウンド進出を決めた。監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームはADOデン・ハーグ相手に長時間苦戦したが、最後の20分間にリードを奪い、スティーヴン・ベルフハイスとミヒル・クラーメルのゴールで2-0勝利。

完売のデ・カイプに集まった45.000人以上の観客が自分の席から飛び上がることができたのはようやく前半最後になった時。HT前の2分間でクラーメルがソフィアン・アムラバトとサム・ラーソンのクロスから2回のヘディングチャンスを得たが、どちらもロベルト・スヴィンケルスを抜くことはできず。

クラーメルのヘディングまでヘット・レヒューンが自分たちのチームに不満を持っていたのは、ADOにではなくむしろ自分たちで苦しんでいたことだ。ハーヘナールスは序盤こそフェイエノールトに早めのプレッシャーをかけてきたことでチームは後方から良い連携を組み立てることができなかったが、テンポが低すぎ、プレーに想像力が無く、パスミスもあまりに多かった。そうした雑なミスの一つからビヨルン・ジョンセンに前半半ば あわや得点のチャンスを与え、序盤にもエルソン・ホーイに先制の大チャンスがあった。

チーム内に連携とオートマティズムを欠いたのはファン・ブロンクホルストが入れ替えたせいだったかもしれない。例えばサム・ラーソンは軽い怪我のジャン・パウル・ボエチウスに代わり初のスタメンに入り、ソフィアン・アムラバトはトニー・フィレーナの代わりに中盤に。『新人』2人の内、アムラバトは中盤のボール追いかけ役として目立っていたが、ラーソンは60分間あまり控え目で目立たないプレーだった。

このスウェーデン人に代えてビラル・バサチコグルを投入することで、ファン・ブロンクホルストは最後の30分間で試合の打開を期待。するとバサチコグルは1点目の起点となってこれが黄金の交代策だったことを示した。72分にこの左バイテンが対面の相手をかわして低いクロスを入れると、走り込んだベルフハイスが強烈なシュートを決めた。

このゴールでヘット・レヒューンに多くの安堵感をもたらしたが、その直後にもアプデナセル・エル・カヤティのFKがバーを叩いて再び安堵のため息。緊張感がようやく消えたのは83分にクラーメルが2-0のPKを決めた時だった。CKからのヘディングをゴールライン上のドニー・ホルテルが手で防いでレッドカーを受け、このスピッツが相応しいゴールを決めた。こうしてフェイエノールトはやるべき事をやり、次の土曜のNACブレダとのリーグ戦に向かうことができる。そこでチームは間違いなくもっと良くなっているはずだ。

Feyenoord - ADO Den Haag 2-0 Scorverloop: 73’ Steven Berghuis 1-0 83’ Michiel Kramer (strafschop) 2-0

Scheidsrechter: Pol van Boekel Rote kaart: 81’ Gorter Gele kaarten: Botteghin, Berghuis (Feyenoord), Gorter, Hooi, Beugelsdijk, Kanon.

Opstellingen: Feyenoord: Brad Jones; Kevin Diks Eric Botteghin, Jan-Arie van der Heijden, Ridgeciano Haps; Jens Toornstra, Karim El Ahmadi, Sofyan Amrabat; Steven Berghuis, Michiel Kramer, Sam Larsson (64’ Bilal Basaçikoglu). ADO Den Haag: Robert Zwinkels; Tyronne Ebuehi (86’ Trevor David), Tom Beugelsdijk, Wilfried Kanon, Aaron Meijers; Lex Immers, Abdenasser El Khayati, Donny Gorter; Elson Hooi (57’ Erik Falkenburg), Bjørn Maars Johnsen, Édouard Duplan (74’ Melvyn Lorenzen).

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

今週の乾/内田/宇佐美(9/20)【POOH - San の蹴球見聞録】

体脂肪率10%を達成して思う事。【Manchester United fundamentalism】

オランイェ、WK予選ベラルース戦&スウェーデン戦プレセレクション【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5579682

(10月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss