我がフェイエノールト

アイントホーフェンで不必要な敗戦(第5節:PSV-uit)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトはPSVとのアウエーゲームを1-0で今シーズン初の敗戦。監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームはアイントホーフェナーレンを早々の失点で助けてしまい、そのダメージを取り返すことができなかったが、。スティーヴン・ベルフハイスのレッドカードと数え切れないチャンスを逃したフェイエノールトは実際 引き分けで終わることはできたはずだっただろう。

ファン・ブロンクホルストは水曜のManchester City戦から国内での初のトッパーに向けて慣れた4-3-3に戻し、ミヒル・クラーメルをスピッツに。両バックのポジションにはケヴィン・ディクスとリチアーノ・ハプスが戻り、イェンス・トールンストラも中盤で慣れたポジションに入った。

それでもフェイエノールトは4人の攻撃的選手を並べて、さらにマルコ・ファン・ヒンケルも度々前線に上がってくるフォーメーションで何の遠慮も無くプレーするPSV相手に序盤から苦戦。2分過ぎのアイントホーフェナーレン最初のベストの攻撃で左サイドからのクロスにファーポストにいたガストン・ペレイロがいきなりネットを揺らし、先週sc ヘーレンフェーンに痛いショックを受けたPSVサイドに良い結果を信じる気持ちを大きくさせてしまった。

早々の失点だけで無く、ベルフハイスへのレッドカードもフェイエノールトにとって簡単では無くさせる要因に。すでにルーク・デ・ヨングへの激しいスライディングを罰せられていたこのFWはHT2分前にヨリト・ヘンドリクスを不必要に掴んで2枚目のイエローカードを受けてしまった。ルーク・デ・ヨングはこのファールで肋骨を痛めてピッチを後にしている。

フェイエノールトは正に前半の終わりに試合への粘りを増していたため、ベルフハイスの退場は余計に辛い事態だった。チームはこの時間帯に何度か良い攻撃を見せていたが、最もゴールに近づいたのはセットプレーからであり、トールンストラが不運にも強烈なFKをクロスバーに命中。それでもフェイエノールトはPSVの素早いカウンターに警戒し続けなければならず、HT直前にはユルヘン・ロカーディアがシュートをポストに当て、ブラッド・ジョーンスが奇跡的にリバウンドを抑えることができた。

このミスにより、フェイエノールトは後半同点への希望を持ち続けることが許され、ファン・ブロンクホルストはゴールを狙うためにミヒル・クラーメルに代えてソフィアン・アムラバトの投入を選択。中盤を補強する戦術が上手く嵌まったのは、フェイエノールトが10人でフィリップス・スタディオンでの後半を明らかに優勢に立っていたといことが十分に物語っているだろう。その結果 エリック・ボテギンの大きなヘディングチャンスやジャン・パウル・ボエチウスの綺麗に巻いたシュートなどが生まれたが、どちらもPSVのGK イェルーン・ズートがものの見事にセーブ。

同点の最大のチャンスは70分のトールンストラであり、決めなければいけないチャンスだった。ボエチウスの見事なアクションからこのMFはがら空きのゴールへ触るだけだったが、シュートはバーの遙か上へ。これが終盤ビラル・バサチコグルとディラン・フェンテをエクストラFWに加えたフェイエノールトが相応しい1ptを手にロッテルダムへのバスに乗るための、結果的に最後のチャンスとなった。チームは何も手にすることができず、全く不必要な敗戦だったことも自覚しているだろう。だがそれでもフェイエノールトは5節を終えてPSVとAZと勝ち点で並び、得失点差で依然としてエールディヴィジのコップローパーに留まっている。

PSV - Feyenoord 1-0 Scorverloop: 2’ Gastón Pereiro 1-0

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

アイントホーフェンで不必要な敗戦(第5節:PSV-uit)

正直かなりガックシな結果。強豪チームに勝たなければ意味が無い。トップにいるのは運が良いだけと思ってしまう。やはりクラマーでは役不足。ヨルゲンセンが長引くなら思い切ってトップにフェンテ起用でRWGにトーンストラ、トップ下にアムラバトの方が勝てる気がする。ベルフハイスは最低。当分の間ピッチに立つ資格は無い。

こんな記事も読みたい

ヘタフェ対バルセロナ どうなる?デンベレ、イニエスタ、スアレス【フトボル男】

リーガ・エスパニョーラ第4節 レアル・ソシエダ戦招集リスト 【レアルマドリードのある生活】

CLグループステージ第1節 vアポエル【レアルマドリードのある生活】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5579936

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss