我がフェイエノールト

Champions Leagueにカムバックで厳しいレッスン(CL:ManCity-thuis)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトは15年ぶりのCL初ゲームでサプライズを起こすことはできず。監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームは非常に強力で効率的なManchester City相手に厳しいレッスンを受け、デ・カイプで0-4で敗れた。

CLの復帰戦でいきなりサプライズを起こそうというフェイエノールトの野望は10分で台無しに。この時点で ファン・ブロンクホルストのチームはJohn StonesとSergio Agüeroのゴールによって0-2のビハインドを背負っていた。1分半の前者のヘディングはライン上でトニー・フィレーナがクリアできず、それから間もなくAgüeroが難しい角度からのクロスにタイしてヴェレルトクラッセなスピッツがどうやってゴールへ向けてフィニッシュするかを見せつけた。

低調なスタートになったあり得る理由として、緊張やファン・ブロンクホルストの戦術選択(ジェレミア・シン・ジュステ、ソフィアン・アムラバト、ミヒル・クラーメルらがスタメンの4-3-3システム)が挙げられるが、それ以上に大きなクオリティの差が早々のビハインドの最大の原因だっただろう。現在世界で最も高額なフットボールチームを持つCityはデ・カイプにも最強のスタメンで現れ、今シーズンCLを勝ち獲るんだという野望を強調していた。

フェイエノールトが早々にノーチャンスとなったことは全員がこのレベルでのデビューだった選手たちだけでなく、サポーターにとっても大きな衝撃だった。カンピューンスハップ制覇以来、ヘット・レヒューンはCLへのカムバックを楽しみにし、それはスタディオンの雰囲気にも現れ、試合前だけで無く、試合全体を通してサポーターはチームに声援を送り続けていた。

しかしこの水曜夜のゴールへ至る美しい瞬間はフェイエノールトには訪れず。チームはCityのGK Edersonを本当に試すことができるほどフットボール面でほとんど力を発揮できず、フェイエノールダーの一人がようやくシュートチャンスを得ても常にイングランド人の足にブロックされていた。Cityはさらに高い効率性も示し、60分過ぎにStonesがヘディングで自身2点目を決めて最終スコアの0-4に。

こうしてフェイエノールトにとってはすぐに忘れるべき夜となり、チームは日曜のPSVとの重要なリーグ戦に向かうことになる。ただディラン・フェンテにとっては2017年9月13日は忘れられない日付になっただろう。18歳のスピッツは残り20分にミヒル・クラーメルと交代でピッチに入り、フェイエノールト1でのデビューを果たした。

Feyenoord - Manchester City 0-4 2’ 0-1 Stones 10’ 0-2 Agüero 25’ 0-3 Jesus 63’ 0-4 Stones

Scheidsrechter: Szymon Marciniak Gele kaarten: St. Juste, Kramer, Vilhena, Botteghin (Feyenoord), De Bruyne (City).

Opstellingen: Feyenoord: Brad Jones; Sofyan Amrabat (78’ Sam Larsson), Jerry St. Juste, Eric Botteghin, Jan-Arie van der Heijden, Miquel Nelom;Karim El Ahmadi, Tonny Trindade de Vilhena; Steven Berghuis (46’ Jens Toornstra), Michiel Kramer (72’ Dylan Vente), Jean-Paul Boëtius. Manchester City: Ederson Santana de Moraes; John Stones, Fernando Fernandinho Luis Roza (72’ Leroy Sané), Nicolás Otamendi; Kyle Walker, Bernardo Silva, David Silva (67’ Fabian Delph), Kevin De Bruyne, Benjamin Mendy; Gabriel Fernando de Jesus, Sergio Aguëro (60’ Raheem Sterling).

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Champions Leagueにカムバックで厳しいレッスン(CL:ManCity-thuis)

マンCに勝利するのは困難だとは思っていたが、ここまでレベルの差を見せつけられると心が痛む。せめて1点ぐらいは取って欲しかったね。まぁ気持ちを切り替えてPSV戦に集中!頑張れフェイエノールト!!!

こんな記事も読みたい

マンチェスタ.シティ vs リバプール / 今季の「完成形」か 【くうねるサッカー アラウンド】

ネイマールが来る前に戻ったバルサ【Viva La sports】

バルセロナ:3連勝の裏で進む現政権への不信任決議【ジョルディのバルセロナ通信】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:743
  • 累計のページビュー:5603381

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss