我がフェイエノールト

アルメロで安堵のため息(第4節:ヘラクレス-uit)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトは今シーズン リーグ戦4試合目も勝利。土曜夜のヘラクレス・アルメロとのアウエーゲームで監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームは長時間支配し、圧倒したが、終盤にあわや勝利を手放しかける展開の末に2-4. スティーヴン・ベルフハイス(x2)とジャン・パウル・ボエチウスが前半にホールを決め、サム・ラーソンがロスタイムに勝利を決めるゴールで自身のデビューに花を添えた。ニコライ・ヨルゲンセンが怪我でピッチを後にしている。

2週間前のヴィレムII戦同様にフェイエノールトが試合を決めるのには45分しか必要無かった。HTにランズカンピューンはすでに0-3のリードを奪い、もっと点差を広げることもできただろう。ポルマン・スタディオンの人工芝で最初の笛からフェイエノールトは優位に立ち、序盤から多くのチャンスを作ると22分にようやく得点を決めることに成功。

ゴールが生まれたのはニコライ・ヨルゲンセンが負傷し、ミヒル・クラーメルと交代した直後だった。カリム・エル・アマーディが中盤でボールを奪うと、ベルフハイスがペナルティエリア際から見事なシュートをゴール逆隅に決める。2点目も主役はこの2人だった。エル・アマーディが再び適切なタイミングで適切な場所にプレッシャーをかけてチームに大チャンスを作ると、最後はクラーメルから絶好のバックパスを受けたベルフハイスが18mの距離からシュートを決めた。

33分にボエチウスがDFに当たって角度が変わるシュートで0-3にした時点で、フェイエノールトは大量の時間を残してこの試合をモノにしたように思われた。このバイテンスペーラーにとっては自身初のエールディヴィジ3試合連続ゴール。

後半のフェイエノールトにとってこの試合は思ったも同然であり、頭の中は水曜のManchester CityとのCL初戦に向いていただろう。その試合に向けてファン・ブロンクホルストはヨルゲンセン以外にも負傷した選手が出なかったのは嬉しいことだろう。ただアルメロでは足首にまだ痛みのあるルチアーノ・ハプスを起用できなかった。

そのため土曜夜はミケル・ネロムが左バックに入り、さらに戦術的な理由でファン・ブロンクホルストはエリック・ボテギンではなくジェレミア・シン・ジュステを選択。この夏sc ヘーレンフェーンから移籍した20歳のCBにとって初スタメンであり、仕事を上手くこなしていた。最後の15分間にはファン・ブロンクホルストはラム・ラーソンもフェイエノールトのシャツを着ての最初の出場時間を与え、ボエチウスの代わりにピッチに入ったこのバイテンスペーラーは後半点差を広げる良いチャンスを得ていた選手の一人だった。

しかしロッテルダマースがもう一つゴールを決める前に、ホームチームが2得点。まずブラッド・ジョーンスがパウル・フラドンのシュートをセーブしたリバウンドからレウフェン・ニーマイヤーがヘディングを決めるとヘラクレスにまだ何かを得られるという気持ちを与えてしまい、ニーマイヤーがディクスのペナルティエリア内でのファールで得たPKを決めて2-3にしたことで、ヘラクレスの良い結果を信じる気持ちは大きくなる一方に。

これによってフェイエノールトは最後の10分間で今シーズン4連勝を引き寄せるために、突然まだ全力を出さなければならくなった。ヘラクレスのGK ブラム・カストロがゴールを離れたロスタイム深くに、ラーソンががら空きのゴールにボールを入れて最終スコアの2-4とし、ようやく安堵のため息をつくことができた。それでも試合後のチームには自分たちで不必要に難しくしてしまったという気持ちが残ったが、その目は水曜のCLの試合に向いてもいる。

Heracles Almelo - Feyenoord 2-4 Scorverloop: 0-1 Steven Berghuis 22’ 29’ Steven Berghuis 0-2 33’ Jean-Paul Boëtius 0-3 73’ Reuven Niemeijer 1-3 81’ Reuven Niemeijer (pen) 2-3 93’ Sam Larsson 2-4

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

アルメロで安堵のため息(第4節:ヘラクレス-uit)

4連勝は嬉しい事ですが、ヨルゲンセンの怪我が心配で素直に喜べない。ハプスも同様。とにかくPSV戦はベストメンバーで望みたいですね。今週はCLもあるしPSVとの直接対決はアウェイだしハードな戦いになりますが、ベストな結果が得られるように頑張って欲しいです。

こんな記事も読みたい

【 柴崎岳 】 何かを変えようとする必要があると思う。 【 レガネス vs ヘタフェ 】【FCKSA66】

俺から見たバルセロナ対エスパニョール【バルセロニスタ】

メスvsパリサンジェルマン 川島講評【サッカー日本代表と選手を応援するブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:677
  • 累計のページビュー:5555527

(09月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss