我がフェイエノールト

オランイェ、まだ生き残るも可能性は限りなく小さくなる(EK予選:ブルガリア-thuis)

このエントリーをはてなブックマークに追加

オランイェはまだ死んではいない。それがアムステルダム・アレナでの90分間を終えた結論だ。オランダはブルガリアに3-1で勝利し、PO出場権が濃厚な2位への希望を僅かながらも持ち続けることができた。しかしスウェーデンがベラルースの大勝したことでオランイェの勝利の歓びは大きく水を差される形に。

パリでの暗黒の木曜の夜、アルイェン・ロッベンの顔にかすかに安堵の表情が出た。スウェーデンが負けた?オランイェは歴史的な大敗を喫したものの、WKへのドアはまだ閉まっていないとキャプテンは理解した。彼は頭を振りながら「それには僕らがチャンスを掴まないといけない。手でも、足でもね」と語った。

ボンズコーチ ディック・アドフォカートも2日後のブルガリア戦前の記者会見でその言葉に賛同。「選手たちは力を示さなければいけない。自分自身に、ファンにリベンジしないと。我々は勝つしか無い。勝ち方は全く重要では無い」

こうした言葉は日曜夜のアレナで彼のチームに反映され、オランイェは数日前の試合から、出場停止のケヴィン・ストロートマンと外されたヴェズリー・スナイデル、さらにティモシー・フォス・メンサがポジションを明け渡し、代わりに右バックにケニー・テーテ、中盤にはトニー・フィレーナとデイヴィ・プロッペルがスタメンに並んだ。

オランイェは激しさを持って試合に入る。観客がアレス・オフ・ニーツを歌い、チームは決然とそれに応えるかのようなプレー。時計の針が5分を指した時点で最初の大チャンスを迎えたが、ロッベンがパスか自らシューとかを迷ってチャンスを無駄にしてしまった。

しかしそれから1分もせずにゴールが決まる。デイリー・ブリントとフィンチェント・ヤンセンの素晴らしい連携から、前者がゴール前にボールを入れると走り込んだプロッペルがシンプルに決め、オランイェは望んでいた早々のリードを得た。

先制に励まされたオランイェは15分以内にほぼ2-0にしかけたが、ヤンセンが対面の相手をかわしてのシュートはゴール前を通過し、プロッペルのシュートには今回はGK Plamen Ilievが足で弾き出した。この時点までブルガリアからの脅威は全く無かったが、右サイドからゴール前にボールが入るとそれが一変。テーテの上を越えたボールをGeorgi Kostadinovがフリーでヘディング。しかしオランイェにとって幸運なことにそのシュートはポストを叩いた。

その後オランイェの激しさは多少消え去り、ブルガリアが試合に入ってくるも危険なシーンには至らず。前半の終わりに向けてオランイェは再び攻勢に出たが、ロッベンの2本のシュートは鋭さを欠き、特にロスタイムの右サイドからの閃光のような攻撃の後の2本目のシュートはもっと良い結果に相応しかったが、それは得られず。

ヤスパー・シレセンの背後のゴールネットに穴が見つかったことで予定より延びたHTの後、オランダは再び試合をコントロール。その結果ヤンセンにチャンスが生まれたが、このスピッツのシュートはゴール前を通過。その後ヤンセンがもう一度ゴールに迫るも、今回はプロッペルのクロスをゴールに変えるにはつま先が届かなかった。

67分に2-0のゴールを決めたのはロッベン。再び左サイドでクインシー・プロメスの周りを回ったブリントからクロスが出ると、ロッベンがゴール前至近距離から決めてチャンスをモノにした。しかしスタディオンの歓声はシレセンが抜かれて2-1にされたことで長くは続かず。Georgi KostadinovのFKに誰も触れず、ボールはそのままファーポストのネットを揺らした。

オランイェはよろめいたものの、次の大チャンスが再びロッベンに。特徴的な中への動きからのシュートはIlievの拳に弾かれ、ヤンセンのシュートの後に3-1に。再び左サイドからで、今回はプロメルのクロスがプロッペルの頭に届き、彼にとってこの試合2点目で再び2点差に。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オランイェ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ASモナコが、今夏の移籍市場で稼いだ金額を計算してみた。【東京ドームに計画停電を!】

リバプール vs アーセナル / ジャパン vs オーストラリア【くうねるサッカー アラウンド】

今季(2017-18シーズン)のプレミアリーグの順位を予想する。【東京ドームに計画停電を!】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:264
  • 累計のページビュー:5604780

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss