我がフェイエノールト

ヨング・オランイェ、イングランドと引き分けで予選スタート(EK予選:イングランド-thuis)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨング・オランイェは新たな予選シリーズをイングランドに引き分けでスタート。監督 アルト・ランゲレーのチームはデ・ファイフェルベルフで長時間優勢にたっていたが、それを勝利に変えることはできなかった。オランダの唯一のゴールを決めたのはバルト・ラムセラール。

こういう予選では紙上で格下の相手に落ち着いて始めたいものだが、ヨング・オランイェにとって実際はその正反対。ヴェレルトカンピューン イングランドをヨング・オランイェの新たなホームに迎えての予選スタートとなった。

しかし不安は全く無かった。ヨング・オランイェはオランダのチームならこういうプレーをしたいと思うとおりの試合の入りをし、勇敢で、自信に溢れ、多少の軽々しさもあった。このオランダ流のプレーのシンボルとなっていたのは流動的なスティーヴン・ベルフハイスとスピードのあるジェルファーネ・カスタネール。後者はサイドでコンスタントに対戦相手を抜き去ってクロスを提供。自らシュートも狙った後にはさらにフース・ティルにもチャンスを提供したが、このMFのシュートはGK Angus Gunnが触って枠外に。18分にはベルフワインが先制にこれ以上なく迫ったが、PSVのFWの強烈なシュートはバーを直撃した。

一瞬の不注意でヨング・オランイェはビハインドを背負うことに。トーマス・アウエヤンがオフサイドを取り損ねたことでAdemola Lookmanの見事なパスからDominic Calvert–Lewinが裏に抜け出し、このEvertonのスピッツがチャンスをしっかり決めて0-1.

しかしヨング・オランイェは動じることなく、10分後に同点に。イングランドの完璧な空軍を破ったのはピッチ上で最も小さな選手の一人であるバルト・ラムセラール。このPSVのMFがアウエヤンのクロスに美しい弧を描くヘディングでネットを揺らした。

後半のヨング・オランイェは多少イングランド人たちに主導権を手渡し、前半のハイテンポを捨ててチャンスはほとんど生まれない展開に。HT明け15分に再びゴールに迫ったが、ベルフワインのパスを受けたフレンキー・デ・ヨングはまずコントロールよりもダイレクトでシュートした方が良かっただろう。結果、このアヤクシートのシュートはブロックされた。

デンゼル・ドゥムフリースもイングランドのGKをテスト。何度も前線に駆け上がっていた内の一つでこの右バックは自らシュートも狙ったが強さを欠いた。最も危険なシーンを作ったのは再びベルフワイン。シュートするスペースを長時間探していたFWはようやくそれを見つけたが、そのシュートはライン上でクリアされてしまった。対してイングランド人立ちは1回も危険なシーンを作ることがなく、90分を終えてスコアボードが引き分けのままだったのを喜ぶべきだっただろう。

悪い結果ではないが、ピッチ上の力関係を見ればヨング・オランイェの新世代にはもっと良い結果でも良かった。火曜にチームはスコットランドを訪れて次の予選を戦う。

Jong Oranje – Engeland 1-1 (1-1) Scoreverloop 20. Calvert – Lewin 0-1, 32. Ramselaar 1-1

Gele kaart Kastaneer (Ned), Gomez (Eng)

Opstelling Nederland Drommel, Dumfries, St. Juste, Van Drongelen, Ouwejan, Rosario, De Jong (76. Van Amersfoort), Til, Ramselaar, Kastaneer (71. Zivkovic), Bergwijn (88. Idrissi).

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ヨング・オランイェ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

最終日に期待されたサプライズは?【なんと言おうがEverton】

2017年夏の移籍市場だいたいのまとめ【我がフェイエノールト】

スタメン発表は切り札?スポーツチームのSNS有効活用を考える 前編【スポーツマーケティングレポート】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:264
  • 累計のページビュー:5604780

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss