我がフェイエノールト

2017年夏の移籍市場だいたいのまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

この夏はKNVBの管轄で648件の移籍が行われ、2016年夏より65件(11%)の増加。232選手が国外に移り、167選手が国内に。249選手が国内でクラブを替えた。最終日の移籍件数は80件で昨年の52件より大きく増加。

ADO Den Haag 注目されたフルーネンダイクが無事に契約を延長後、ワング退陣でようやくUWVとの関係が落ち着いて補強を実施。セトクス、マローン、トリブル、ケヴィン・ヤンセン、カスタネール、ハーフェナールが去り、補強はGKの控えにコーレマンスとフロートハイゼン、DF陣にバス・カイパースとニック・カイパース、中盤にインマルスが帰還し、エル・カヤティの買い取りに成功。前線は新スピッツにビヨルン・ヨンセンとファルケンブルフ、さらに最終日にキスナのレンタルに成功するサプライズも。エールディヴィジはサブトップ相手にたった1得点で3連敗と厳しいスタートだが、下位相手の対戦が多いここからの2ヵ月でどうなるかが今シーズンもどこまで苦しむことになるかの大きなポイントに。

Ajax クラーセンを27milで売り、トラオレがレンタルバック。他に出場機会を失ったリーデワルトとテーテを悪くない額で売ったが、最大のインパクトは昨シーズン規格外のパフォーマンスを見せていたサンチェスの40mil移籍だろう。この夏も高額の収入を得た一方で補強も例のごとく控え目でオーストリア人CB ヴェーバーとコロンビア人右バック Orejuelaに10mil超をかけた程度で、探し続けた左バックは得られず、最終日にケープタウンから2人加えた他はヘーレンフェーンからトップデビュー前のデニス・ヨンセンに前代未聞の2,4mil投資をしたのと唐突にシーム・デ・ヨングを買い戻したのがサプライズという程度と、相変わらず銀行の金庫にお金を貯め続ける一方でピッチ上はボスの後任に就いたマルセル・カイザーが手腕を見せられないまま欧州戦予選に敗退ではテクニカル・ハートの機能自体に疑問が持たれるのも当然の流れ。サンチェスが抜けたことで守備面の脆さがさらに悪化するなど相変わらず問題は山積みだが、フリー移籍で戻ったフンテラールとドルベルフのプランBが機能していることでプランAとの入れ替えもあるか。

AZ ハプスとルカッセン、マティアス・ヨハンソンがステップアップし、クルルがレンタルバックでロシェットも売却した他、タンコヴィッチ、リーンストラ、vdリンデンと出場機会を失った選手たちをそれぞれ整理。ELが無いことで補強は控え目にし、新GKにビゾット、右バックの控えにファン・ライン(レンタル)、新コントローラーにヴェイノヴィッチ(レンタル)を加えた他、中盤にノルウェーのミチョーを獲得。クラブポリシー通りにアウエヤン、ティル、ステングスらユースのタレントたちにチャンスを与え、「より魅力的なフットボール」をシーズンの目標に掲げたが初戦の開始数分でそのキープレイヤーであるステングスがシーズン終了の重傷を負う悲劇に見舞われてしまった。それでも第3節のフィテッセ-uitはマッツ・スーンチェンスを偽の右バイテンに起用してその穴を埋めて、「より魅力的なフットボール」を披露しての見事な勝利。奥のスペースへと良く動くチームメイトを得てヴェイノヴィッチのパスが冴え渡っており、それによってヴェフホルストがスペースを得られてゴール量産の好循環も。ヴェイノヴィッチとヴェフホルストを長く欠く事故さえ起きなければ安定して良いフットボールと良い結果を得られる期待は高いが、タレントたちをさらにブレイクさせながら再び欧州へのチケットを得られるかどうか。

Excelsior 奇跡の3年連続残留からvdハーフが留任してようやく継続路線が生まれるも、例のごとく主力が数多く去る夏。守備面はハーン、クルトー、バス・カイパース、ヘンリコ・ドロスト、デ・ヴァイス、攻撃面もパンティッチ、ハッセルバインク、リベイロとスタメン組が軒並みクラブを去った。補強は新GKにアイスランドのクリスティンソンとズワルトフートを市場の終盤にようやく獲得。CBにフェース(レンタル)とデ・ヴァイス(レンタル)、両バックにペインとブルネット、中盤にカネペールとアメリカのオナイル、スピッツにエル・アズジ(レンタル)を獲得。例のごとく明らかに戦力不足ながら、第1節で残留争いのライバル ヴィレムIIを破って1勝1分け1敗の好スタート。チームに前進力を与えていたハッセルバインクの穴が大きく、個人の力に頼ったカウンターは困難になったが、コールワイク、ブラインス、、メサウドらベテランがフィットしてチームを牽引できれば面白いフットボールに。カネペールもエールディヴィジでのブレイクの予感を漂わせており、4年連続残留という厳しい戦いに怯まずに挑めるムード。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
エールディヴィジ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

スタメン発表は切り札?スポーツチームのSNS有効活用を考える 前編【スポーツマーケティングレポート】

【 柴崎岳 】 守備面では良さを見せた。 【 ヘタフェ vs セビージャ 】【FCKSA66】

オランイェ、フランスに完敗もPOへの望みを残す(WK予選:フランス-uit)【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5604517

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss