我がフェイエノールト

新ジェネラル・ディレクターはヤン・デ・ヨングに決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトは新ジェネラル・ディレクターにヤン・デ・ヨング(50)を迎えること決定したとクラブサイトで発表した。現在まだNOSのジェネラル・ディレクターを務めているデ・ヨングは11月1日付けでエリック・フッデの後任としてクラブに加わる。ヤン・デ・ヨングは1993年からNOSで働いており、この放送局のディレクターとしてすでに12年半、その内この7年間はジェネラル・ディレクターとして仕事をしている。

クラブからアプローチを受けて長く考える必要は無かったとヤン・デ・ヨング: 「NOSで24年間以上務めたことから明らかなように、私は仕事を転々とする人間では無い。私はとても忠誠心があるし、まだまだ何年間も楽しんで仕事ができただろう。しかしこれはユニークなチャンス。フェイエノールトは一クラブより多くの意味、一クラブよりも大きな意味を持つ存在。社会的なフェノメーンだ。我々にとっての生き方そのもの。私のことは誰もが知っているし、私がトップスポーツとフェイエノールトにとてつもなく魅了されているのも誰もが知っていること」

「このクラブはファンタスティックな状況にある。スポーツ面でも財政面でもね。この役職で私はこれから他の全ての従業員、各関係団体と共に文字通りフェイエノールトの将来を築き上げていきたい。それはするのは義務でもある」

「目標はフェイエノールトを自分たちのユースから多くの可能性ある選手を輩出し、健全で成長する財政基盤を持つ安定したトップクラブにすること。フェイエノールトは素晴らしい将来を持っているし、自分の知識を経験が今後数年間それに貢献できると確信している」

デ・ヨングは良い、妥当な選択とRvC会長 ヘラルト・フートメル: 「ヤンをジェネラル・ディレクターとしてフェイエノールトに迎えられて喜んでいる。彼は長年複雑な組織を率い、様々な投資グループの管理を行い、大手メディア企業を成長させてきた経験がある。さらに彼はスポーツ、フットボール界について大きな知識があり、様々な繋がりやネットワークを持っている。我々がクラブとして持つ野望に最適な人物だと確信している」

「ノー・ナンセンス・メンタリティとその経験でヤン・で・ヨングはロッテルダムとフェイエノールトのカルチャーにピッタリ合っている。構造的にフットボールのトップに突立つし、ニュー・スタディオンを実現させ、ユース育成を数年後に再びオランダ最高のものにするのが、我々が掲げている大いなる目標。それ以外にもクラブとして特に寄ってるダムの若者に対して社会的な貢献をしたい。この大いなる目標を全員の力で、そしてジェネラル・ディレクターのヤンと共に達成できれば素晴らしいことであり、フェイエノールトとして誇らしいこと」

https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/jan-de-jong-opvolger-van-eric-gudde



夢の候補はさすがに来ませんということで、まぁ次の機会があるかどうかですが、ヤン・デ・ヨングは有力な第2候補に挙がっていたのでまっとうな選択でしょう。オランダのスポーツ界全体の存在感を考えてもかなりベターな選択のはず・・・ ということで期待はしてます。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

本日、欧州移籍マーケット「 夏の陣」閉幕!!【Cher démon rouge】

Unhappy New Year【Footballに夢中】

リーガ・エスパニョーラ第2節 vバレンシア【レアルマドリードのある生活】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5595981

(11月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss