我がフェイエノールト

クラーリンゲンで辛勝(第2節:エクセルシオール-uit)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトは今シーズン リーグ戦2試合目も勝利。同じ街のエクセルシオールとのアウエーゲームで監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームは得に後半は良いプレーでは無かったが、0-1の結果で3ptsを手にした。この試合唯一のゴールは18分過ぎにトニー・フィレーナの見事なアクションからジャン・パウル・ボエチウスが記録。

フェイエノールトが前回クラーリンゲンを訪れた5月7日との違いは大きかった。リーグ戦残り2試合でフェイエノールトがカンピューンになれるはずだった当時とは得るものや周囲の環境だけではなく、プレー面でも対照的に。ファン・ブロンクホルストのチームは特に前半 試合をコントロールし、エクセルシオールにカンピューンスヴェーツトライトの時のようなサプライズを起こせるとはほぼ一瞬も思わせなかった。

先週のFC トゥエンテ戦のように最初の大チャンスで即ゴール。トニー・フィレーナがボエチウスに適切なタイミングと適切なスピードでのパスを出すと、このウィンガーが難しい角度から左足で正確なシュートを決めて見事なアシストに報いた。

ユース時代からの友人2人の連携はクラーリンゲンの人工芝で感嘆を生んだ数少ない攻撃の一つだった。HTまでにまだ点差を広げるチャンスも偶然とセットプレーからあったが、ニコライ・ヨルゲンセン、ケヴィン・ディクス、エリック・ボテギンがそれを決められず。

3ヵ月以上前と比べ、背中の怪我から快復したブラッド・ジョーンスがエクセルシオールの選手に近づかれる回数は遙かに少なかった。これはフェイエノールトの守備組織が特に前半 良く機能し、エクセルシオールのスピードあるFW陣にほとんど前に飛び出す余裕を与えなかったおかげ。前半に一度だけそのシーンが生まれたものの、ステンリー・エルベルスのつま先が届かなかったためにジョーンスがセーブを強いられることも無かった。

ジョーンスが価値を証明する機会を得たのは残り20分。間接FKからミラン・マソップの至近距離でのシュートを弾き、これがエクセルシオールが後半本当に危険になった最初のシーンだったが、このチャンスは決して空から降ってきたものでもなかった。後半のフェイエノールトは前半より遙かにコントロールを失い、その結果 エクセルシオールが次第にフェイエノールト陣内に度々侵入してくるように。残り15分でのユルヘン・マタイの危険なヘディングもその結果だった。

ホームチームがDF陣の背後によりスペースを与えてくれたのもまたその別の結果であり、ファン・ブロンクホルストはスティーヴン・ベルフハイスに代えてビラル・バサチコグルを投入してそれを突こうとしたが、後半を通して攻撃面で無力なところを見せていたフェイエノールトはそれにも全く成功できず。おかげで一緒に移動してきたヘット・レヒューンに取って最後まで手に汗握る展開となったが、最終的にはフェイエノールトが『普通に』2試合6ptsという十分な結果を手にして安堵しつつ歓声を上げることができた。

Excelsior - Feyenoord 0-1 Scorverloop: 18’ Jean-Paul Boëtius 0-1

Scheidsrechter: Björn Kuipers Gele kaarten: Faes (Excelsior), Berghuis, Van der Heijden (Feyenoord)

Opstellingen: Excelsior: Alessandro Damen; Jeffry Fortes, Jurgen Mattheij, Wout Faes, Milan Massop; Hicham Faik, Ryan Koolwijk (80’ Anouar Hadouir), Luigi Bruins; Kevin Vermeulen (67’ Jinty Caenepeel), Zakaria El Azzouzi (80’ Ali Messaoud), Stanley Elbers. Feyenoord: Brad Jones; Kevin Diks, Eric Botteghin, Jan-Arie van der Heijden, Ridgeciano Haps; Jens Toornstra (85’ Sofyan Amrabat), Karim El Ahmadi, Tonny Vilhena; Steven Berghuis (83’ Bilal Basaçikoglu), Nicolai Jørgensen, Jean-Paul Boëtius.

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

クラーリンゲンで辛勝(第2節:エクセルシオール-uit)

とにかく勝てて良かった。昨シーズンのリベンジもできたし、何よりボエチウスがゴールしてくれたのが嬉しいね。このまま連勝を続けていきましょう!

こんな記事も読みたい

リーガ・エスパニョーラ第1節 デポルティーボ戦招集リスト【レアルマドリードのある生活】

スーペルコパ・デ・エスパーニャ 簡単にまとめ【レアルマドリードのある生活】

ストーク戦のベンゲル監督の謎采配を考える。【東京ドームに計画停電を!】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:465
  • 累計のページビュー:5557399

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss