我がフェイエノールト

PK戦の末にJCスハールを獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトは土曜夜に今シーズン最初のタイトルを獲得。ランズカンピューンは完売のデ・カイプでベーカーウィナー フィテッセを破り、クラブ史上3回目のヨハン・クライフ・スハールを勝ち獲った。試合は90分を終えて1-1となり、PK戦で決着。

PK戦ではブラッド・ジョーンスがフェイエノールト・サイドの偉大なヘルトに。このGKがフィテッセの最初の2人 ティム・マタフスとミロト・ラシーチャのキックを止めて大きく貢献。フェイエノールトはヤン・アーリー・ファン・デル・ハイデン、ジャン・パウル・ボエチウス、イェンス・トールンストラがネットを揺らし、最後はニコライ・ヨルゲンセンが決めて勝負を付けた。

ランズティートルを勝ち獲った後もタイトルへの飢えが収まっていないことをフェイエノールトは出だしから見せる。チームはフィテッセののど元に即座に掴みかかり、フットボールをする余裕を相手に全く与えなかった。その鍵となったのはこれまでどおり中盤でアリ、特にカリム・エル・アマーディとトニー・フィレーナがアーネマースにスピーディにプレッシャーをかけ、イェンス・トールンストラはボールを持たない時の動きなどで価値を証明していた。

その動きの一つが成功するまで長くはかからず。ジャン・パウル・ボエチウスが素晴らしいアクションからフリーで走り込むトールンストラを見つけると、ファーポストからこのMFが迷うこと無くゴール逆隅にボールを突き刺した。こうして今シーズン最初の公式戦で『新しいフェイエノールト』がどんな姿を見せるのかを気にしていたヘット・レヒューンは開始7分で歓声を上げることができた。

ケヴィン・ディクス、リチアーノ・ハプス、ジャン・パウル・ボエチウスという新加入組の他、キックオフの面々にはサポーターにとって馴染みの顔が。月曜にデ・カイプで4年契約を結んだスティーヴン・ベルフハイスがファン・ブロンクホルストによって即座にスタメン起用。監督は「彼はチームメイトをよく分かっているから」など、その信頼の理由を試合前に語っていた。それが正しかったのは15分過ぎにボエチウスのシュートがバーの上に飛んで終わった攻撃の重要な部分をベルフハイスが担ったことに表れていた。

その後フェイエノールトが多少下がったのがヘット・レヒューンの行動にも反映し、彼らはビジネスシートに座るディルク・カイトに向けて歌うなどで主に楽しむことに。HT明け直後にはブライアン・リンセンの突然のシュートはブラッド・ジョーンスの手をかすめてバーの下を叩き、デ・カイプが驚きで目を覚まさせられた。

このシュートが激しい後半の始まりとなり、その中で主審 デニー・マッケリーが全ての注目を集めることになった。この審判がまずティム・マタフスへのカリム・エル・アマーディのファールを流し、ニコライ・ヨルゲンセンのゴールがオフサイドで取り消され、されにビデオ映像での確認を経てPK判定が下された。耳をつんざくブーイングにも関わらずアレクサンダー・ビュートネルが冷静に同点に。その直後にはすでにアルノルド・クライスワイクにも同点にするチャンスがあった。

フィテッセのゴールはフェイエノールトにとって手痛いショックとなり、試合により多くの情熱を注ぐもクオリティが上がることは無かった。フェイエノールトはベルフハイスとディクスに代えてビラル・バサチコグルとソフィアン・アムラバトを投入し、緊迫した終盤に両チームとも勝利を目指したが、規定時間で決勝点が生まれることは無いまま終了。こうしてジョーンスに違いを作るチャンスが与えられ、フェイエノールトはクラブ史上3回目のヨハン・クライフ・スハールを手中にした。

Feyenoord - Vitesse 1-1 Scorverloop: 7’ Jens Toornstra 1-0 58’ Alexander Büttner (str.) 1-1

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

PK戦の末にJCスハールを獲得

フェイエノールトおめでとう!最高です!ボエチウスからのクロスにトーンストラの強烈シュート!まさにフェイエノールトの目指す攻撃パターンのお手本でしたね。少々ディフェンス面は不安が残るがディクスが覚醒してくれることを願いましょう。あとはエル・アーマディが攻撃も守備においても選手をコントロールして試合の流れを上手く作れるかにかかってますね。

こんな記事も読みたい

ネイマールに立ちはだかったメッシの壁…バルサは今が原点回帰の時!【Walk On With Sports!!】

3-4-3(5-2-3)におけるエジルの居場所。【東京ドームに計画停電を!】

俺からひと言:ネイマール放出後のバルサは?【バルセロニスタ】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:399
  • 累計のページビュー:5610093

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss