我がフェイエノールト

オランイェ、デ・カイプ大勝もWKがさらに遠のく(WK予選:ルクセンブルク-thuis結果)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ディック・アドフォカートはオランイェをロシアでのWKに導くというミッションを大勝でスタート。デ・カイプにおいてオランダ代表はルクセンブルクにほとんど苦労すること無く、5-0で勝利した。

オランイェを率いるこれが3期目となるアドフォカートの下での初戦。新ボンズコーチは即座にいくつかの入れ替えを行った。ヤスパール・シレセンがゴールを守り、CBデュオはLazionoヴェズリー・フートとステファン・デ・フライが形成、クインシー・プロメスがスタメンから外れてメンフィス・デパイは残り、誕生日のヴェズリー・スナイデルが中盤の中央でスタメン出場。このスペルフェルデラーはこれによって代表131試合目となり、単独での代表記録保持者に。

オランイェは出だしから攻撃に出て即座に最初の危険なシーンも作る。1分もせずにロッベンがGK Ralph Schonと1対1になったが先制のシュートは阻まれ、その後フィンチェント・ヤンセンの遠目からの驚かそうとした最初のシュートもこのGKにセーブされた。

待望のゴールがようやく生まれたのは21分。フートがルクセンブルクの組み立てを上手く阻み、スナイデルとの連携から裏を狙ったロッベンへの縦パス。このFWが迷うこと無くシュートでSchonを破って1-0. ロッベンにとってオランダ代表での33点目であり、ヨハン・クライフとアベ・レンストラに並んだ。

2点目もまたスナイデルによって決められたことで一層特別なものに。ケヴィン・ストロートマンとヤンセンを経た美しい攻撃からデパイがハックで出したボールは代表記録保持者の足元に。遠目からネットを揺らす、文字通り典型的なスナイデル・ゴールだった。

HT直前にはスナイデルの鋭いFKにストロートマンは飛び込んで3-0になりかけたが、ボールに上手く触ることができずにルクセンブルクのゴールの横へ。反対側ではヤスパール・シレセンが雑なプレーでルクセンブルハースに希望を与えてしまったが、この棚ぼたのチャンスをDavid Turpelが活かせず、オランダのGKに自身のミスを取り返させてくれた。

後半オランイェは得失点差を稼ぐために追加点を目指し、チャンスはラップ・テンポで次々に生まれた。ロベンとスナイデルの遠目からのシュートが枠を外れ、ヤンセンのゴールはオフサイドで取り消しに。ロッベンが華麗なスラロームから3-0に迫ったが、チャンスポジションからボールを上手くシュートできず、そのアクションに花を添えられず。

追加点が生まれたのは60分を過ぎてから。右サイドからクロスにヤンセンが届かなかったが、そこからジョルジーニョ・ワィナルドゥムが強烈なシュートでネットを揺らした。ロッベンがもう一度Schonを試した後、クインシー・プロメスが4-0に。途中出場でピッチに入った彼がステファン・デ・フライの良いインターセプトからのクロスをヘディングで決めた。

ルクセンブルクは戦意を失い、オランダの攻撃陣と戦うのに疲れ果てていた。そのために組み立てをミスし、ヤンセンが5-0にしようしたが、それを防ごうとしたGK SchonのファールでPKに。このスピッツが自らゴール隅にしっかり決めた。

この勝利でオランイェはブルガリアを抜いてグループの3位に上昇。ブルガリアはベラルースに痛い2-0負けを喫し、彼らのWKへの可能性は終わっただろう。一方でスウェーデンがホームでフランスに2-1勝利という、オランイェにとって望ましくない結果に。これによりスウェーデンとの差は3ptsと変わらず、WK予選が再開される8月31日、フランスとの直接対決で良い結果が必要になった。

http://www.onsoranje.nl/nieuws/nederlands-elftal/69661/oranje-overklast-luxemburg-de-kuip-5-0

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オランイェ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ミランの補強戦線異常アリ!?~敵はマンチェスターにあり!~【G&AC】

CL決勝を振り返るモドリッチ「ジダン監督のハーフタイムの指示が勝負を決めた」【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

シリア戦前にリッピと代表主将との間に起こったドラマ【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:399
  • 累計のページビュー:5610093

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss