我がフェイエノールト

アドフォカート&フリット初会見

このエントリーをはてなブックマークに追加

火曜午後にザイストで新ボンズコーチ ディック・アドフォカートとそのアシスタントとして新たに代表のテクニカル・スタッフに加わるルート・フリットの初会見が行われた。

アドフォカート:「私がボンズコーチに戻ることはかなり多くの人が望んでもいなかっただろうし、可能性があるとも、私にすべきとも思っていなかっただろう。もっと若い人物がなるのが当然と思っていた。私は15番目の選択肢だっただろう。実際この場に別の人物がいても全くおかしくなかったが、彼らが私のもとに来て合意したし、私自身も素晴らしい挑戦だと思っている。非常に困難だが、可能性は間違いなくある」

タレントかベテランかの選択について アドフォカート:「私はスナイデル、ロッベン、ファン・デル・ファールトをかなり若い年齢でデビューさせた。選手が優秀なプレーする。しかし我々はもう何の余裕も許されない立場であり、まずはベテランに目を向ける。スナイデルはGalatasarayのベストプレイヤーであり、もしかしたらトルコ全体のベストプレイヤー。金曜は彼はスタメンで出る。それだけは宣言しておく」

前回オランイェのアシスタントを辞任してFenerbahçeへ去った経緯について アドフォカート:「人間にはその権利がある。デニー・ブリントにとっては非常に困ったことだったと思うが、本当のところ自分がアシスタントをやるようなタイプでないことも私は気づいていたし、だから辞めた。それでも6月から8月の間に私は他のいろいろなクラブに3回neeと言っていたんだ。4回目で橋を渡った。契約にも解除条項があったからね」 「私に何かしらの関係修正の必要?それをしなければいけないのは選手たちだろう。私がピッチに立っていた訳では無いからね。選手たちが私を責めるなら、彼らは自分たちで決断しなければならない。しかし私から何か特別な努力をするつもりは無いよ。ただデニー・ブリントだけには謝罪した。彼が私が来ることについて努力もしてくれた」

アシスタントのフリットについて アドフォカート:「選手グループに向かうことがルートにとって重要なタスク。彼が助けてくれるのはとても嬉しい。彼の経験で私も良いフィーリングを持てている」 フリット:「非常に光栄に思っている。いつも前もって批判する点や予測できる点があり、実際それがその通りにもなれば、自分でそこに関与できるのは素晴らしいこと。それができるのが嬉しい。メディアとして選手たちを批判するのがどれだけ簡単なことかは自分で分かっている。ただ信じて欲しいが、この世界で酷いフットボールをしたい選手など一人もいない。私の仕事は酷いフットボールになるのを避けること。ただこのチームは多分みんなが思っているほど酷くは無いし、それが私がこの仕事を受けた理由でもある」 「解説の仕事は多分多少控えることになる。オランダ代表について何も言わないというのがKNVBとの約束だ。しかし解説の仕事自体はまだする」 「私は人生で弁護士たちとは関わることがないように願ってきたが、ついにここで1人と仕事をすることになったよ。まかこの弁護士にそんなお金は掛からないけれどね」

モロッコとコートジボワールとの練習試合について アドフォカート:「スタメンはフリムと一緒に決めた。ルートも話し合いに加わっている。交代についても話したし、リスクを冒さないということも話した。フレッドはとても良くやってくれた

WK予選について アドフォカート:「我々は純粋に結果だけを求めてプレーする。勝ち点が何より重要だ。我々は自分たちのやり方でやるが、それもデニー・ブリントと大きく違うとは私には思えない。彼はちょっと不運だっただけ」

KNVBの騒動について アドフォカート:「協会で起きた事について我々は大して影響を受けていない。オランイェの雰囲気はポジティブだし、周りのことはそれほど重要ではない。その話を無理返すつもりもないよ」 フリット:「私とファン・ブロイケレンの衝突も終わったことであり、我々は新しい冒険に出発しようとしているところだ」

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オランイェ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

CL決勝 vユベントス【レアルマドリードのある生活】

リーガとCLの2冠を達成したR・マドリード、ジダン監督「成功の鍵は全選手の驚異的な働き」【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

オランイェ、WK予選ルクセンブルク戦セレクション発表【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:372
  • 累計のページビュー:5609226

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss