我がフェイエノールト

ディルク・カイト引退会見

このエントリーをはてなブックマークに追加

ディルク・カイトは木曜の公開トレーニング後にデ・カイプで会見を行い、自身の引退について語った。フェイエノールトのエンブレムを外すのは全試合にプレーできない苦しみによるものだ。「いろんな感情があるけど、涙は流していないよ。なぜ流れないかは分からない。この数日はスタッフみんなでファンタスティックなお祝いが続いているしね。自分がプレーできないと苦しい。でも今シーズンはたくさんプレーできたし、これが僕の止め時だ」

「キャリアでたくさんの経験ができたけど、フェイエノールトでのランズカンピューンは間違いなく僕のキャリアの頂点。ファンタスティックな2年間だった。でも自分の家族に対しては僕は自己中心的だった。だから止めるのは良いこと。4人の子供たちと家で過ごせるのは僕にとって素晴らしい時間の始まり。子供たちを学校に連れて行くのを楽しみにしている」

「ここしばらくは自分のことではなく、カンピューンスハップについて集中したかった。チームメイトに知らせたのは発表の直前にグループWhatsappで。みんなから心からの返答を貰ったよ」

「フェイエノールトは僕に引退試合を申し出てくれている。とてもリスペクトを感じるよ。TDの仕事分野に入れるし、コーチラインセンスの取得コースも受ける。そこで自分を証明するよ。すでにTD的なこともしているんだ。ベルフハイス、フィレーナ、ジョーンスとの話し合いにも僕は関わった」

「引退については代理人 ロブ・ヤンセンやフォンス・フルーネンダイクといった人たちとも話をした。僕は頂点で止めたかったし、自分がプレーできないことに僕は我慢ができないんだ。それが正当な理由でであろうとなかろうとね。だからそれがLiverpoolとオランイェで止めた理由でもある」

「アマチュアでプレーはしない。古巣のクイック・ボーイズでもね。したら素晴らしいことだろうけど。確かにもう一度CLを味わいたい気持ちはある。でも僕はクラブと自分自身にとってベストの選択をした。昨日は監督とも長く話をしたよ。彼が止めた時の話も聞いた。間違いなく僕はフットボールを恋しく思うだろう」

ヘラクレス戦でハットトリック後のパフォーマンスについて 「ユトレヒトでの最後の試合と同じだった?偶然はこの世の存在しないけど、ユトレヒトでシャツを使って喜んだのは思い出せないんだ。あれは無意識の行為」

VVCSとの人工芝撤廃の声明について 「僕も他のキャプテンと一緒に人工芝について自分の意見を言った。オランダで人工芝でのプレーが行われているのは良くないこと。ハーンの怪我も人工芝でのもの。人工芝のプレーは僕の体にもダメージを与えていた。それにフットボールはコンタクトスポーツだけど、人工芝ではそれが変わってしまう。人工芝でのスライディングは別物になって、完全にオープンになる。人工芝オランダ・フットボールにとって危険な存在。エールディヴィジから無くす動きをみんなで始めよう」



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

C・ロナウド、優勝に王手を掛ける2ゴールで欧州5大リーグ歴代通算得点記録を更新【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

VVCS: エールディヴィジのキャプテン12人が人工芝撤退を求める声明【我がフェイエノールト】

エールディヴィジ新フォーマット案は否決!【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:334
  • 累計のページビュー:5461230

(05月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss