我がフェイエノールト

エールディヴィジ新フォーマット案は否決!

このエントリーをはてなブックマークに追加

エールディヴィジCVがリーグ戦の形式を改良するために2016年以来長らく話し合いを続けてきたが、水曜日の全体ミーティングで最終的に否決、現在のフォーマットを継続させることに決まった。ミーティングではリーグの新フォーマット以外に人工芝問題とTV放映権分配方式についても議論されているが、未だ何らかの解決は見えていない。

2018/2019シーズンからのリーグ戦フォーマット変更を目指して実際に提案されていた改革案はエールディヴィジのクラブ数を16に減らし、リーグ戦終了後に上位6クラブでPOを行ってカンピューンスハップを決定するベルギー方式。このフォーマットではリーグ全体で年間約50milの収入アップが見込めると計算されていた。さらに18クラブを維持したままトップ・ゼスで1回総当たり方式のPOを行う案も作られていたが、試合日数が増える割に金銭面の利益が少ないと賛成意見がほとんど無かった。

各メディアのアンケートでもほとんどのファンが反対していた16クラブ&カンピューンスハップPO案に対して行われた投票の結果は各メディアの報道によると賛成は18クラブ中わずか8クラブ止まりで否決。VIによるとヴィレムII、エクセルシオール、NEC、スパルタ、ローダJC、ADOデン・ハーグ、FC フローニゲン、ヘラクレス・アルメロ、ゴー・アヘッド・イーグルスと弾き出される可能性があるレヒターライチェのクラブが軒並み反対に回り、最終段階で人工芝撤廃の合意が得られなかったことを理由にフェイエノールトが反対に回ったとのこと。この報道によれば賛成していたのはアヤックス、PSV、AZ、トゥエンテ、FC ユトレヒト、フィテッセ、ヘーレンフェーン、PEC ズヴォレということになる。

反対意見を押さえるためにトップクラブは15miの再分配の案を用意したが、PECを除いたレヒターライチェはトップとサブトップの差がさらに開くだけだと意見を変えることは無かった。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
エールディヴィジ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

欧州戦POsハルフェ・フィナーレス第1試合結果【我がフェイエノールト】

ディルク・カイト、フットボールキャリアに終止符【我がフェイエノールト】

ナーチョへの警告が取り消し!+セルタvsマドリード戦を左右する重要なファクター【ジョルディのバルセロナ通信】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:486
  • 累計のページビュー:5556012

(09月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss