我がフェイエノールト

一体感とメンタルの強さがもたらした18年ぶりのティートル

このエントリーをはてなブックマークに追加

【総括】 ディルク・カイトが繰り返し口にしていた”Eén team, één missie.”が今シーズンのキーワードだろう。確かにジョーンス、ヨルゲンセン、ベルフハイスの補強でカンピューンスハップを争える戦力は整っていたが、チームとしてピッチ内外で一体感を保ち、シーズンを通して安定したパフォーマンスで崩れる期間が無かった事がティートル・レースでの違いを作った。特にフィレーナの母親の死去、カイトのスタメン落ちの与えた影響の大きさを考えればこのチームの”ファミリー”としての一体感の強さが逆に浮き彫りになる。クラーメルのような我の強い選手が控えの役割を受け入れて不満を言わずに、むしろピンチヒッターとして貴重なゴールを決めていたことも選手一人一人がこのチームの中でどれだけカンピューンスハップを熱望していたかが分かるだろう。ディルク・カイトというカリスマ性を備えたイコンが何よりもカンピューンスハップを求め、自らも犠牲にしての貢献はもちろん、ジョーンス、ボテギン、エル・アマーディ、エリア、ヨルゲンセンという経験ある選手たちがチームの中心として求心力を持ち続けたのがチームのメンタル面を支えた重要なポイントだった。

長期的に見ればファン・ヘールの仕事が遂に大きな実を結んだカンピューンスハップだ。彼がようやく再評価されることになったのは当然だろう。2年前にもう可能性が無くなったと思われていたカイトのデ・カイプ帰還を実現させ、新監督にファン・ハステルではなくファン・ブロンクホルストを選んだこと。7連敗でファン・ブロンクホルストを解任せず、アドフォカートの招聘という選択肢を選んだこと。昨シーズン移籍を望んでいたトールンストラ、ファン・デル・ハイデン、ネロムを留めたこと。その結果 ファン・デル・ハイデンの獲得が失敗では無かったことは見事に証明され、昨夏はジョーンス、ヨルゲンセン、ベルフハイスと戦力を確実にアップさせられる即戦力も獲得した。確かにヴェイノヴィッチやターピアに代表されるミス・アンコープもあったが、テクニカル・ディレクターとして6年間水準を上回る仕事をしてくれた。

新人監督として2年目に大きな成長を遂げたファン・ブロンクホルストの功績も特筆に値する。早くから落ち着いたオーラを出して好印象を与えつつもアドフォカートの助けが必要だった1年目と比べれば、『独り立ち』と言えるシーズン。ピッチサイドでの振る舞いは変わらないものの、チームに対してバーを高く上げ、内面での厳しさと激しさが増したことでチームの一体感が保たれた印象を受ける。特にカイトを外す勇敢さを見せたのは大きな成長だろう。確かに会見でのコメントは味気ないが、常にチームを中心に置いて特定の選手に焦点が当たることを避けていたのは、トップクラブの監督として相応しい姿と言える。戦術面でのディテールでもクオリティを発揮し、カルスドルプとコンゴロの両バックを中心とする組み立ての改善、4-4-2のコンパクトな守備陣形から前進守備がチームの大きな武器に。おそらく1試合を通して戦術面で圧倒されたのはユトレヒト-uitくらいだろう。

実際にピッチ上のプレーについて言えば、決してベストなフットボールでは無かったものの、デ・カイプではほぼ常に相手を圧倒する姿を見せてくれた。当然ポイントは前進守備であり、ヨルゲンセン(とカイト/トールンストラ)のハードワークがエル・アマーディとフィレーナの仕事を楽にし、チーム全体のプレッシングを機能させたのが昨シーズンとの大きな違いだ。競り合いの強さとハードワーク、情熱的なプレーこそがフェイエノールトのキャラクターであり、今シーズンのデ・カイプではそれを存分に味わうことができた。フットボール面ではカルスドルプを効果的に使った組み立てのバリエーション増加、自らアクションを起こせるベルフハイスの存在はもちろん、ほとんどフットボールに参加していなかったクラーメルから一転、豊富な運動量で数多くボールに触り、最終的に11アシストを記録したヨルゲンセンがポストプレーこそがフェイエノールトにティートルをもたらした最大の変化なのは誰の目にも明らか。その結果トールンストラの14得点、ベルフハイスの7得点、エリアの9得点、さらにフィレーナの4得点とエル・アマーディの5得点!とどこからでもゴールを決められるチームに。「得点を決められる選手が少なすぎる」という批判がこの数年続いていたことを考えれば、ヨルゲンセンの加入がチームに与えた影響こそが正に決定的だった。デ・カイプとは対照的にアウエーでは苦しい試合が多く、前進守備ではなく低い位置で受け止める試合が多かったのはいろいろな要因があるだろう。スピードに欠ける両CBとプレーエリアの広くないジョーンスのクオリティを考えれば、そもそもこのチームが背後に大きなスペースを空けるのは危険極まりなく、ホームでのカウンターからのピンチを防いだのは多くの場合カルスドルプとコンゴロの両バックのスピードだった。結局今シーズンも人工芝で苦しんだが、特にヨルゲンセンが人工芝に慣れずに終始存在感を見せられなかったことがアウエーでの苦戦の大きな要因の一つに挙げられるだろう。

7ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

総括

フェイエノールトが大躍進出来たのはカイトが帰ってきてくれたからだ。それも絶対優勝するという強い決意と共に。そしてこんなに強いチームにカイトが作り上げた。まさしくフェイエノールトの英雄だろう。
常勝チームになるにはブロンクホルストでは無理。優勝賞金でもっといい監督に来てもらいましょう。

こんな記事も読みたい

R・マドリード、5シーズン振りの優勝に王手を掛けるか バルセロナも沈めたセルタの本拠地に乗り込む【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

ユヴェントスを見てみる~GK,DF編~【ひねくれ通信簿】

上海上港はアウェイで天津破ってしっかり勝ち点3!【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:335
  • 累計のページビュー:5462938

(05月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss