我がフェイエノールト

「ディルク・カイトはあらゆる面でクラスバックだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

私はもちろん選手としてデ・カイプでフェイエノールトを解き放ってくれるヘット・レヒューンの力を知っているが、日曜に上り階段で観客の中に立ち、大歓声の中でスタンドの解放感を感じ、感情を露わにし人々のた表情を見れたことは選手としてピッチ上にいるよりもさらに素晴らしい経験だった。あれだけ多くの大人が泣いているのを私は人生で見たことが無かった。幸福感で、安堵感で、長年積み重ねられた全ての感情でだ。

18年間ランズティートル無しはフェイエノールト・ファンの感情に大きなダメージを与えていたんだ。仕事場で愚痴にし、ソーシャル・メディアで冗談にしても、そういう感情は熱狂的なサポーターの中にどんどん育っていた。屈辱的という気持ちがどんどん強く、大きくなったんだ。カンピューンスヴェーツトライトに向けて、ヘラクレス戦で失敗したらFacebookアカウントを消すと言っている人々もいた。エクセルシオールに負けた後は丸1週間ほとんど眠れなかったという人たちもいた。フェイエノールトがティートルを取り逃すのではないかという根の深い恐怖心が至る所で感じられた。彼らは2試合の間の7日間が4週間のように感じていたんだ。

私獅子はカンピューンスヴェーツトライトを前にきっと上手く行くと確信していたよ。感情とは別に、私は純粋に事実を見る。このフェイエノールトは今シーズン デ・カイプでは負け無し。最後の相手はアヤックスでもPSVでも無く、ヘラクレスだ。さらに最終節で最も有力なカンピューン候補がティートルを逃したこれまでのケースはほぼ全てアウエーゲームでの出来事。フェイエノールトが1週間半前にエクセルシオール相手に崩れたようにね。自分たちのホーム、特にデ・カイプでは全く別の話だ。それは日曜に試合が始まってすぐに分かった。あれは子供たちの試合では無く、大人たちの試合だった。大人の男たちが立ち上がっていた。特にカリム・エル・アマーディ、エリック・ボテギン、そしてディルク・カイトだ。彼らが再び本来の自分たちなったこと、それが正にフェイエノールトが必要としていたものだった。

長年積み上げられた失望、不安、フラストレーションの全てが日曜にデ・カイプで消えて無くなった。かつて無いほどの歓びと安堵感の爆発でね。最も美しい安堵感は早々のディルク・カイトの先制点の後だ。スタンドから耳をつんざくような叫びが起き、サポーターは悪い結果になるかもという漠然とした不安を振り払った。大歓声と激しい感情の露出。私は長くそれを思い出の中に留めておくだろう。ヴィレム・ファン・ハネヘム、ヘラルト・マイヤー、ヤン・マステンブルークのような男たちの感情としてね。エヒテ・フェイエノールダーはそれを自分たちなりのやり方で処理してきたんだ。

主役がカイトによって担われたのは素晴らしいことだと思う。2年前にディルクがフェイエノールトに戻ってきた時、彼はランズティートルが自分の目標だと公言した。もちろん素敵な志だったが、歴史を見ればフェイエノールトでそれは決して自明のことではない。カイトはそれを信じ、全身全霊でそれを目指していた。そして彼はプレゼントを貰った訳では決して無い。オランダの典型的な愚痴はすぐに始まった。復帰1シーズン目にはその効率性について、2シーズン目にはフィットネスについて。そして彼が控えの役割についてオープンに語った時にもだ。クオリティのある選手、カイトのステータスならそれを踏まえて発言できなければいけないし、自分の行動に社会に対する模範的役割はある場合は特にそうだ。あの時期は途中出場でも低調だったことで彼が自分の有利に状況を変えることも無かった。しかしその後にディルクがカンピューンスヴェーツトライトでそれだけ重要な存在だったかを見れば、それにはリスペクトを払う他無いだろう。彼の労働意欲とリーダーシップに対してだけでは無い。1点目のシュートの際のテクニック・スキル、2点目のマーカーの前に出るタイミングと激しさ、決定的シーンでそれを見せる。あらゆる面でクラスバックだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

カイトが全てだ

フェイエノールトが優勝出来たのはカイトの決意とチーム愛があったからだ。はっきり言って2月からカイトをスタメンから外したのは大失敗だと思っている。監督はキャプテンを任命する時、そのキャプテンと心中する覚悟がないといけない。それが監督とキャプテンの信頼関係だと思う。それを破ったブロンクホルストは監督失格だ。カイトのお陰で優勝監督にさせてもらったことに感謝することだ。カイトをスタメンで使い続けていたら、もっと楽に優勝できていただろう。

こんな記事も読みたい

リーガ・エスパニョーラ第37節 vセビージャ【レアルマドリードのある生活】

デミチェリスが現役に別れ、マラガでの引退に「最後の夢を叶えることができた」【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

乾所属エイバルを徹底的に語る【フトボル男】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:207
  • 累計のページビュー:5580142

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss