我がフェイエノールト

ランズカンピューン!(最終節:ヘラクレス-thuis結果)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームが歴史を記した!日曜午後のリーグ戦最終節でディルク・カイトの3得点によりヘラクレス・アルメロを3-1で破り、クラブ史上14回目のランズカンピューンスハップが決定。

先週のエクセルシオール戦の失敗により、1月に完売していたヘラクレス・アルメロとの試合に向けてプレッシャーが高まっていた。フェイエノールトは18年ぶりのランズティートルを勝ち獲り、第1節から首位に立ち続けたシーズンをタイトルで飾るにはシーズン最終日に勝つしかない状態だった。

フェイエノールトーヘラクレスは文字通り今シーズンのフィナーレであり、それは早朝からサポーターの姿があったデ・カイプの尋常で無い雰囲気からも感じられただろう。ヘット・レヒューンは選手たちの入場の際にはその最高の姿を示し、スタディオン全体での無数の旗によってとてつもない雰囲気を作り出してくれた。

この雰囲気作りが開始40秒足らずで得点に結びつく。ヘラクレスのDF マイク・テ・ヴィーリクが前線へのパスに足を滑らせ、それを計算していたディルク・カイトがボールを奪う。出場停止のトニー・フィレーナの代わりにプレーしたキャプテンは一瞬も迷うこと無く強烈なシュートを決めた。これがカイトにとってフェイエノールトのリーグ戦100得点目でもあり、まさに夢のシナリオが現実に。

この先制点は勝利への前振りであり、さらにカイトが15分以内にエリアのクロスからヘディングで2-0のゴールを決めた後はランズカンピューンスハップはフェイエノールトにとってもう一瞬も危うくはなくなった。カイトは101ゴールをピッチサイドで試合を見守っていたトニー・フィレーナと共に祝った。

キャプテンはこうしてこの2年間やってきたように再びその姿勢を示した。フェイエノールトでタイトルを獲り、夢を叶えるためにデ・カイプに戻ってきたという希望を語っていたカイトはキャプテンとして2シーズンに渡りフェイエノールトを頂点へ向けて押し上げ続け、昨シーズンは最初の確かな証明としてKNVBベーカーを獲得。この日曜午後に最後のシグナルへ近づき、フェイエノールトがランズティートルももはやその手から逃すことは無いと彼も分かっていた。

まだかすかに残っていた疑いも、残り10分にニコライ・ヨルゲンセンが得たPKをまたしてもカイトが非の打ち所がないキックで決めたことで消え去った。彼のゴールはピッチとスタンドだけでなく、フェイエノールトのベンチにもとてつもない安堵感をもたらし、交代選手たちもピッチに走ってキャプテンを祝福し、最後の笛の後の歓びのフェルトの前触れに。

スタンドでは3-0になった直後からもう勝利を逃すことはあり得ないと分かったことでフェストが開始。終了直前にペーター・ファン・オーイェンがゴールを決めたが、ビジターチームがそれ以降も危険なシーンを作ることは一瞬も無かった。

こうして最後の笛と共にデ・カイプにとてつもない歓喜が起き、サポーターは抱き合い、選手たちは1999年以来のランズティートル決定にピッチに飛び出していった。

Feyenoord - Heracles Almelo 3-1 Scorverloop: 1’ Dirk Kuyt 1-0 12’ Dirk Kuyt 2-0 84’ Dirk Kuyt 3-0 89’ Peter van Ooijen 3-1

Scheidsrechter: Dennis Higler Gele kaarten: Jan-Arie van der Heijden, Dirk Kuyt (Feyenoord), Thomas Bruns, Mike te Wierik (Heracles)

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

狂いかけた歯車を戻したカイト

フェイエノールト優勝おめでとう!それに大活躍のカイトに感謝!とにかく最後はやはりカイトの凄さに感動しました。フィリェナがカード累積で出場できない代わりの出場という立場も、強靭なメンタルで跳ね除けて3得点し、フェイエノールトを優勝に導いた。最高のキャプテンであり、フェイエノールトを復活させることを本当に実現させた。誰が何と言おうと私の中ではカイトは英雄です。カイトの名前がスタメンにあった時点で、これは勝てる!と思いました。一度は狂いかけた歯車もカイトがきっちりと元に戻してくれた。とにかく最高の気分です。めっちゃ嬉しいー!!!

こんな記事も読みたい

リーガ・エスパニョーラ第37節 セビージャ戦招集リスト【レアルマドリードのある生活】

CL準決勝第2戦 vアトレティコ【レアルマドリードのある生活】

岡崎慎司がストライカー的な役割でプレイするためには?【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5577979

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss