我がフェイエノールト

KNVB、オランイェ・ソープを彩る歴史的会見でアドフォカートのボンズコーチ就任を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

この数週間のオランイェ・ソープはKNVBが火曜日にディック・アドフォカートのボンズコーチ決定の発表で一旦決着。テクニカル・ディレクター ハンス・ファン・ブロイケレンとコマーシャル・ディレクター ジャン・パウス・デコソーが会見を行い、アドフォカートのボンズコーチに、ルート・フリットがそのアシスタント就くことを発表した。

ファン・ブロイケレン:「アドフォカートとフリットの二人を捕まえられてとても喜んでいる。我々が良い選択をしたかは時間が教えてくれるだろう」

ファン・ブロイケレンはルイ・ファン・ハール、ロナルド・クーマン、フランク・デ・ブール、Roger Schmidtが候補だったが起用できなかったと名前を挙げ、ディック・アドフォカート、ヘンク・テン・カーテ、フープ・ステーフェンスの3人だけが起用できる候補だったと語った。ファン・ブロイケレン:「テン・カーテについて10数人から情報を貰い、実際に彼と長く、良い話もした。他の候補から彼についても聞いた。私はカップルで考える。例えば内向的な人物と外交的な人物というように、お互いを補完できる2人だ。そしてアドフォカート/フリットとテン・カーテ/ルテンが候補に挙がった。ルテンにその気が無いと分かった時に、私からそのカップルは消えた」

ファン・ブロイケレンは選考にあたって、ルイ・ファン・ハール、国内複数トップクラブのディレクター、代表選手たち数人とも話をしたと認めた。「代表選手たちは最初から『僕らの話を聞いて欲しい』と言っていたので私も彼らのもとに行った。誰がボンズコーチになるべきという要求は無かったが、どういうチームを作るべきか、そのためにボンズコーチに何が必要かを言われた。最終的にボンズコーチの任命に責任を持つのは私だ」

アドフォカートについては、昨年Fenerbahçeのオファーを受けたことでKNVBとの契約を打ち切った経緯があり、選手たちから反感があるとの報道もされていたが、ファン・ブロイケレンは「今の我々はセンチメントな感情は脇に置き、クオリティ優先で選ばなければならない状況。フットボール界はとても狭く、いつでも再び出会う可能性はあるもの。オランダ代表のために何がベストかを考えれば感傷と感情は乗り越えられる」と説明。「アドフォカートになったことについて選手たちの感想?驚いていたよ。しかし彼らも私同様プロフェッショナルだし、乗り越えられること」。前回アドフォカートとの契約に入っていた解除条件については「今回は無い」とファン・ブロイケレン。

アドフォカートとフリットとの契約は共に11月までであり、結果重視の仕事が求められるボンズコーチだとファン・ブロイケレン。「選べるシナリオは二つ。長期的に選ぶか、WK 2018に到達するために全力を作るか。私はロシアに行くために最大限の努力をするシナリオを選んだ」。オランイェがWK出場権を獲得すれば、ロシアではアドフォカートとフリットがそのままベンチに座り、獲得できなければKNVBはその時点で新たなボンズコーチを探すことになる。

現在暫定ボンズコーチを務めているフレッド・フリムについては、アドフォカートの第2アシスタントとして代表に残ると発表された。アドフォカートはクラブでの仕事が残っているためにすぐにザイストで仕事を始めることができず、5月末のモロッコとコートジボワールとの練習試合でベンチ入りできない見通し。アドフォカートとフリットがオランイェを率いるのは6月9日のルクセンブルクとのWK予選からになり、そこまではフリムが引き続き暫定的に指揮する。

会見でメディアとのやり取りが最も紛糾したのは当然のことながらテン・カーテとの経緯について。ファン・ブロイケレン:「テン・カーテの説明には驚いている。私は誰に対しても約束など絶対にしていない。二人の候補と話をしているのに約束できるか?ヘンクは私がディックとも話をしているのは知っていたんだ。『あなたがなる』なんて私は言うっていない。それは彼に対してもアドフォカートに対してもフェアでは無い」

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オランイェ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

本題と全く関係ないけど・・・

いよいよ明日全てが決まる。待ちきれない気持ちで爆発しそうです。どうか明日がフェイエノールトにとって幸運な試合になることと、カイトにとって最高の1日になることを心から願います。私も全身全霊を込めて応援します。サポーターと選手が一丸となって最高の日曜日にしましょう。頑張れフェイエノールト!!!
(生で試合を見たいなー。)

こんな記事も読みたい

紳士協定に楔を打つR・マドリード、A・マドリードがパスを持つアラベスのテオの獲得が内定【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

ユナイテッドの未来を明るくするために彼らの獲得を!!【Cher démon rouge】

終わりは始まりのはじまり【Footballに夢中】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5556012

(09月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss