我がフェイエノールト

クラーリンゲンでアンチクライマックス(第33節:エクセルシオール-uit結果)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトのクラブ史上14回目のカンピューンスハップを決められたはずの試合は大きな失望に終わった。ファン・ドンゲン&デ・ロー・スタディオンの固い人工芝でフェイエノールトはリーグ戦最終節を前に3-0の敗戦。チームはこれによりティートルを手にするために来週のヘラクレス・アルメロとのホームゲームでの勝利が必要となった。

クラーリンゲンでの試合がフェイエノールトにとってナーヴァスなスタートになったのは、この試合にかかっているものを考えれば奇妙なことでは無かった。この試合に向けての数週間、ロッテルダム中を支配したカンピューン熱を避けることはほとんど不可能であり、それ以外にもこの1週間の公開トレーニングには多くの観客が集まるなど、様々な光景が生まれていた。

その熱は今シーズンのフェイエノールトが第1節から目標に真っ直ぐ向かってきた結果だ。FC フローニゲン相手の0-5勝利でリーグ戦をスタートさせると1年を通してフェイエノールトは首位に立ち続けた。第32節のフィテッセ戦0-2勝利でフェイエノールトは4pts差を付けてマッチポイントに。

選手たちにプラスだったのは、ファン・ドンゲン&デ・ロー・スタディオンが大部分フェイエノールト・サポーターで埋められることが分かっていたことであり、デ・カイプからの40.000人フェイエノールダーのサポートも彼らは間違いなく感じていただろう。デ・カイプには試合を見るための大スクリーンが設置され、攻撃のたびに熱狂的な声が起きるのは、まるで目の前で実際に22人の選手が神聖な芝の上を走っているかのようだった。

後を追うアヤックスが早々に2-0のリードを得たのに対し、フェイエノールトは説得力を欠くスタート。HT数分前になってやっとテレンス・コンゴロ(ヘディングが枠外に)とトニー・フィレーナ(FKがセーブされる)に最初の小さなチャンスを得た程度で、但し前半エクセルシオールが危険だったともほとんど言えなかった。

それが変わったのは後半15分過ぎ。エクセルシオールが何も無いところから3分間に2回ゴールを決めた。まずフレディ・リベイロのパスをフリーで受けたナイジェル・ハッセルバインクが至近距離からシュートを決めると、それから間もなくステンリー・エルベエルスがボールが足元に来る多少のラッキーで2-0. さらに5分後にはライアン・コールワイクがFKから3点差にして完全にトドメ。

これでフェイエノールトがティートルフェストを先延ばしにしなければならないのは明らかとなったが、それでもチームにはまだ1試合、ヘラクレス・アルメロとのホームゲームが残されており、全て自分たちの手の中に残っている。フェイエノールトがクラブ史上14回目のランズティートルを決めるためにはエクセルシオール戦とは違う姿勢を見せなければならないのは明白だ。そしてそのリーグ戦最終戦ではクラーリンゲンでイエローカードを受けたためにトニー・フィナーレ抜きでやらなければならない。

Excelsior - Feyenoord 3-0 Scorverloop: 56’ Nigel Hasselbaink 1-0 58’ Stanley Elbers 2-0 65’ Ryan Koolwijk 3-0

Scheidsrechter: Kevin Blom Gele Kaarten: Jordy de Wijs (Excelsior), Tonny Vilhena, Terence Kongolo (Feyenoord)

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

崖っぷちに立たされたフェイエノールト

この試合で優勝を決められなかったことは痛い。アヤックスよりもフェイエノールトの方が次節の
プレッシャーは大きくて不利。通常の心理状態では戦えないだろう。やはりキャプテンをベンチに座らせているようなチームが優勝するのは無理か。カイトも試合に出続けていればコンディションを保つこともできただろうが今のような起用のされ方だと活躍しろと言う方が無理。あとは最終節に悔いなく全力を出し切る事だけ。やりにくい相手だがゴールをこじ開けて勝つしか優勝への道はない。

こんな記事も読みたい

【 乾貴士 】 体力面や精神面で充実。 【 エイバル vs レガネス 】【FCKSA66】

レアルマドリーがマドリードダービーを制す【巨人 大鵬 卵焼き】

俺から見たバルセロナ対ビジャレアル【バルセロニスタ】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:795
  • 累計のページビュー:5459394

(05月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss