我がフェイエノールト

「僕らは一体であり、一つの家族のようであり、エネルギッシュでハングリー」

このエントリーをはてなブックマークに追加

Giovanni van Bronckhorst, Feyenoord-trainer ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストがデ・カイプのマースヘバウでのエスカレーター登り口で15分間立ち止まっていた。この監督は日曜にカンピューンになれるだろう。サポーターと一緒にポーズを取り、その髪はまだほとんど真っ黒。ストレスを感じているようには見えない。

「私が11月にゴー・アヘッド戦で敗れた後に選手たちに賞賛を送ったのをまだ覚えているかい?」と彼は質問した。4月頭にリードがたった1ptになった時も、彼は選手たちにこう言った。「これが君らの目指していたものだ。このプレッシャー、これが君らが望んでいたものだ。これがトップスポーツだよ」。そうやって緊張感に対応する学びのプロセスを彼はチームに与えていたのだ。

ゴー・アヘッドとの試合後に彼が賞賛を贈ったのは11月のその週にトニー・フィレーナの母親が亡くなっていたからだ。ファン・ブロンクホルストとカイトはその日の内に家族のもとを訪れ、葬列にはセレクション全員が参加した。「あの1週間で我々はチームとしてより強くなった」とファン・ブロンクホルストは振り返る。

『チーム』:これがフェイエノールトのキーワードだ。上品さもそう。友人たちのチーム、そして慰め。ファン・ブロンクホルストの善意財団会長を務める元副首相 ヴァウター・ボスとその妻のマリーケはファン・ブロンクホルストのことをフットボール界の「上品さの灯台」であり、「激しいトップスポーツマン」と語った。その二つは両立しうるのだ。

ファン・ブロンクホルストは自分のチームの「中心的価値」について常に語る。どの選手がどうとは正確には語ろうとせず、全員がその話の対象になり得る話し方をしようとする。

ファン・ブロンクホルストは2月半ばにも悲しい週を経験した。彼の祖母と叔母が1週間い立て続けに亡くなったのだ。それは感情で一杯の1週間だった。彼自身も今際のベッドの脇にいた。眠ること無く夜を送り、慰め、慰められ、そして待ち構えていたフェイエノールト-PSVの試合で勝ちもした。

チームは昨シーズンの7連敗の間も彼を決して見捨てなかった。多くの監督が解任されるだろうが、彼らは上手く行っていると感じ、老練のディック・アドフォカートが一時的に彼の肩を助けるためにやって来た。それを彼は不愉快に思っていたか?「アドフォカートは私が実際全て上手くやっていると言ってくれたよ」。その言葉が彼に落ち着きを与えてくれた。「そして私はもう3試合で猶予を貰えていた」。それは彼がクラブの子だったおかげだ。

もう一人のクラブの子 トニー・フィレーナは11月に目に痛々しい悲しみを浮かべてデーフェンテルのスタンドからフェイエノールトがゴー・アヘッドに敗れるのを見ていた。しかしスタディオンではサポーターの彼を励ます歌が響き、1週間後のデ・カイプでのPEC戦では数千の光が瞬いた。フィレーナは感謝していたし、ファン・ブロンクホルストも同じだった。

Karim El Ahmadi, reserve-aanvoerder ほぼ集中にしたティートルをカリム・エル・アマーディがたった一言で表すなら何か。彼は5秒で考えて「一体感」、それから「一体感と家族」と答えた。決定的瞬間は?「PSVとの2試合だね」。フェイエノールトはカンピューンに2回勝った。さらに多くの立ち直りももちろんあった。

エル・アマーディ:「過去にはチームとしてやれないことがあったけど、今の僕らはビハインドを背負ってもとこからひっくり返せる」。一つだけ例を挙げるなら:「ヘーレンフェーンで僕らはHT1-0で済んで喜ぶべき試合だった。ロッカールームで多少あったよ。お互いに本音を言い合ったんだ。スタッフが僕らの目を覚まさせてくれたし、みんなお互いにそうした。大抵は監督の後にカイトが最初に何か言うんだけどね。そうやって後半の僕らはヘーレンフェーンを圧倒したんだ。僕らがカンピューンスハップを話題にするようになったのはここ数週間になってやっと。負ければ台無しになる可能性もあったけど、僕らはエネルギッシュでハングリーだった」

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「僕らは一体であり、一つの家族のようであり、エネルギッシュでハングリー」

明日が待ち遠しい。そして怖さもまだある。早く安心したいね。色々酷い事も投稿してしまったが、私はフェイエノールトが大好きであり、また、カイトの大ファンでもある。出来れば明日カイトをスタメンで使って欲しい。スタメンが無理なら後半からでもいい。何故ならフェイエノールトを強くしてくれたのはカイトであり、彼がキャプテンでみんなを引っ張ってきたからである。優勝カップを掲げるのはカイト以外の誰でもない。そして私の中での最優秀選手もカイトだ。明日は絶対勝利!頑張れフェイエノールト!!!

こんな記事も読みたい

依然として決まらないバルセロナの新監督とその背景【ジョルディのバルセロナ通信】

CL準決勝。やっぱり●●の4連発!【「読裏クラブ」のワンツー通し】

テネリフェで1部昇格を目指す柴崎「自分のスタイルは2部にもフィットする」【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:795
  • 累計のページビュー:5459394

(05月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss