我がフェイエノールト

KNVB-bekerfinale結果 "巨人"リッキー・ファン・ヴォルフスヴィンケルの2ゴールでフィテッセが125年目の初タイトル

このエントリーをはてなブックマークに追加

KNVB beker: finale

zondag 30 april 2017 18:00 AZ - Vitesse 0-2 81’ Ricky van Wolfswinkel 0-1 / 88’ Ricky van Wolfswinkel 0-2

5回目のベーカーを目指すAZはファン・オーフェレームが10番で左バイテンにドス・サントス。4回目のベーカーフィナーレで勝てばクラブ125年目念願の初タイトルのフィテッセは右バックにレールダム。ミアズガが怪我から戻り、中盤はフォールを10番起用してナータンが左バイテンとそれぞれベストメンバーの布陣。

開始2分でAZが絶好の位置のFKを得るもルカッセンが蹴ってバー直撃。AZが前にプレッシャーを掛けて競り合いも勝って主導権を取る展開。さらにCKからファン・アイデン、カウンターからヴェフホルストに決定機も枠外に。しかし前半半ばから次第にAZが慎重になるも、それ以上にフィテッセがプレッシャーに呑まれて低調なプレーでローテンポ・ゲームに。

後半は明らかにフィテッセがより勇敢さを示してプレーするも圧倒はできず、に高い緊張感の中でお互い井落ち着き無く雑なプレーが続き、膠着状態のまま時間が経過。AZは残り25分でファン・オーフェレームに代えてスーンチェンスを投入。フィテッセも残り20分を切ってナータンに代えてティガドゥイニ。AZはCKからファン・アイデンがチャンスを得るも決められず、逆にスーンチェンスのボールロストからフィテッセの攻撃を受けると、ラシーチャのクロスに対してニアにファン・ヴォルフスヴィンケルが飛び込み、サポートを得られずに孤立していたこの試合ワンチャンスを見事に決めて先制。さらにファン・ヴォルフスヴィンケルがワントラップでフラールをかわしてトドメ。

今大会RKC、ヨルダン・ボーイス、フェイエノールト、スパルタを破ってきたフィテッセは悲劇的な前半から後半もほぼ終始低調ながらエヒテ・スピッツが決定力を示して125年目にして念願の初メイン・タイトル。AZは前半出だし以降良いところが無くなり、不安定なシーズンを象徴する結果になって欧州戦POへ。

リッキー・ファン・ヴォルフスヴィンケル 「前半はとても酷かったと思う。後半立て直して、最終的にベーカーを手にできた。2-0にしてこれで本当に近づいたと分かったよ。僕がほとんどチャンスを得られないのも、もちろん今シーズンこれが初めてじゃない」

「本当にし合わせた。選手、クラブ、全てのファンにとって素晴らしいこと。125年間何も勝ち獲っていなかったんだから・・・ これで僕らはもうゼロではなくなった。今日からはさらに先に進めるし、もっと欲しくなるものだろ?」

「このために丸1年間やってきた。僕がオランダに戻り、フィテッセを選んだのもこのため。こういう成績を残せることをみんな期待していたし、それに成功できた・・・ この1年を飾る冠だよ。これで欧州だ。最高だね、とても楽しみだ」

ヘンク・フレーザー 「これ以上無く素晴らしい。私は選手として4回ベーカーを獲っているが、それ以上に歓びを味わっているよ」

「前半の生気の無さには腹が立っていた。前に出よう押せず、AZの方が情熱もファイトもあった。HTに『もっとやる気を見せて戦え』と言ったんだ」

「リッキーが重要な仕事をするのはこれが初めてでは無い。彼はギガースのような存在。他の選手だったらチームが後ろに下がり続けているのはスピッツとして難しいもの。ほとんど姿が見えなくなるからね。しかしそれでも彼はほとんど常にゴールを決める。彼をクラブに留められることを願っているよ」

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
KNVB-beker
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

KNVB-bekerfinale結果 "巨人"リッキー・ファン・ヴォルフスヴィンケルの2ゴールでフィテッセが125年目の初タイトル

密かにAZ応援してたんですけどねー。フェイエノールトがもしリーグ優勝すればヨハン・クライフ・スハールでAZにリベンジ出来ると勝手に思ってたんですが、残念です。フィテッセは125年目の初タイトル取れて良かったですね。おめでとう!

こんな記事も読みたい

アーセナル……泣【プレミア雑記】

アトレティコ・マドリー対ビジャレアル 均衡を破ったエスクリバ【フトボル男】

俺から見たエスパニョール対バルセロナ【バルセロニスタ】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:3495
  • 累計のページビュー:5466432

(05月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss