我がフェイエノールト

第32節結果 エクセルシオールが歴史的3連勝で3年連続残留ほぼ確定!フルーネンダイク効果でADOも残留決定し、ゴー・アヘッドは最後の藁を掴めず

このエントリーをはてなブックマークに追加

Speelronde 32

vrijdag 21 april 2017 20:00 sc Heerenveen - Willem II 1-0 40’ Sam Larsson 1-0

ヘーレンフェーンはザネリとスラフフェールに代えてエーデガールトを右バイテン起用。ファン・アーケンのシーズン終了でシン・ジュステの隣はファース。ヴィレムIIはクルークスの出場停止でスフールマンが中盤でスタメン出場。

ヘーレンフェーンがボールを持つもヴィレムIIのコンパクトな守備相手になかなかテンポをあげられない展開。前半終盤に目の前で跳ねるボールを一瞬待ったドリース・ヴァイテンスの油断を突いてラーソンが奪ってそのまま抜け出し1-0. 後半はヘーレンフェーンのテンポがさらに落ち、ヴィレムIIが競り合いに持ち込んでボールも持てるようになるも、途中出場ソル、そしてウラーレに来た少ないチャンスを決められずそのまま終了。

ヘーレンフェーンは低調ながら2試合9失点の後に無失点に抑え、シーズン後半戦4勝目でようやくPOがほぼ確定。逆にヴィレムIIはPO枠争いから脱落。

ユルヘン・ストレペル 「ヘラクレスがどうなるかは分からない。まだ彼らは9pts取れるからね。少なくともヴィレムIIは引き離した。フローニゲンもまだ3試合の内1試合を落とさないといけない。ここからひっくり返され無いことを願おう」 「ラーソンは自分自身に苦しんでいる。自分がベストなのを示したいんだ。実際彼がベストでもあるが、彼はいま苦しんでいる。だがファイトし、ミスをする勇気を持ち、主導権を取ろうとし続けている。だから私は彼を常に起用しているんだ」

zaterdag 22 april 2017 18:30 NEC - Excelsior 0-1 59’ Mike van Duinen 0-1

3pts差の17位対14位直接対決。勝つしかないNECはブワルダをCBに加えて5-3-2. 前線はフロートとフルーネフェルト。2連勝のエクセルシオールはマタイに代えてヘンリコ・ドロストを起用。

高い緊張感の中でお互いに相手の守備を突破できない展開から次第にエクセルシオールが優勢に。CKからドロストに最初のベストチャンスも至近距離からヘディングは枠外に。途中NECがボールを持ってスタンドの大歓声を受けて攻める時間帯もあったが全くゴールに近づけず、HT前にはカディオグル投入を求める声が。

後半はNECがボールを持つもやはりゴールに近づけず、カラーミの見事なクロスからCBの間でフリーになったファン・ダイネンのヘディングで0-1. 後が無くなったNECはフロートとフルーネフェルトに代えてマイーとカディオグルを投入もチャンスを作れず、残り15分でブワルダに代えてジョルダン・ラーソンを入れて4-3-3に。しかし悲劇的なレベルでのプレーが続き、ロスタイム直前からようやくゴールに迫るもシュートを放てずそのまま大ブーイングと共に終了。

NECは残り2試合AZ-thuisとヘーレンフェーン-uitでナーコンペティツィがいよいよ現実的。エクセルシオールは32年ぶりの3連勝で34ptsに達して3年連続残留がほぼ確定。

ペーター・ヒバラ 「ナーコンペティツィは避けられない。最後の2試合で全力を尽くさなければならないが、ゴー・アヘッドがどうなるかを注視しなければならない。私が流れを変えられるか?私は自分自身とチームを信じている。難しいだろうが、まだ一晩眠らないと。自分からタオルを投げることは決して無い」 「多くの選手が涙を流している。監督は父親のようなもの。ファンの怒りの行動は悲しい。気持ちは理解はできるが、この争いは理解できない。これはあくまでスポーツ。感情が重要。我々はまだ降格したわけでは無い。まだチャンスはあるのだし、それを信じなければいけない」

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
エールディヴィジ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

残り2節

残り2節はカイトをフル出場させてほしい。フェイエノールトの為に戻ってきてくれた上に、こんなに強いチームにしてくれたカイト選手に敬意を示す上でも是非ともお願いしたい。それはフェイエノールトのサポーター全員が望んでいることではないでしょうか。この願いブロンクホルスト監督に何とか届かないかなー。

こんな記事も読みたい

アーネムで大きな勝利(第32節:フィテッセ-uit結果)【我がフェイエノールト】

リーガ・エスパニョーラ第33節 バルセロナ戦招集リスト【レアルマドリードのある生活】

エル・クラシコの両チームのスタメンは3人目のFWがカギ【ジョルディのバルセロナ通信】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:352
  • 累計のページビュー:5495211

(06月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss