我がフェイエノールト

オランイェ、再び敗戦(練習試合:イタリア-thuis結果)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルガリアとのアウエーゲームで悲劇的な敗戦から4日後、オランダ代表は再び敗北を喫した。オランイェは暫定ボンズコーチ フレッド・フリムもと、決して悪いプレーでは無かったものの、アムステルダム・アレナでイタリアに1-2で敗れた。

イタリアとの練習試合はボンズコーチ デニー・ブリントとのお別れがあった慌ただしい数日間に続いて行われ、さらにSofiaでの失敗の後でもあった。フレッド・フリムがベンチに座り、オランイェは失った自信を取り戻すために何とか勝とうとしていた。

フリムはメンフィス・デパイをFW陣の頂点に起き、Olympique Lyonの選手の両サイドにジェレマイン・レンスとクインシー・プロメスを配置。CBにはヴェスリー・フートとブルーノ・マルティンス・インディが並び、右サイドにはアヤクシート ケニー・テーテ。試合前にはクラレンス・せードルフの引退セレモニーが行われ、KNVBからbondsridderの称号が授与された。

そしてオランイェは望み通りのスタート。ケヴィン・ストロートマンとデイヴィ・クラーセンを経た攻撃はRomagnoliの足に当たってゴールの中に。まずまずの入りのアムステルダム・アレナに歓声が起きたが。イタリアもEderがゴールを決めて1-1.

前半半ばにオランダは再びリードを得るかに思われたが、マルティンス・インディのヘディングはバーに命中。5分後にイタリアはCKからこちらは成功。GK イェルーン・ズートが一度は手で弾くも、ボールを掴めずにBonucciがリバウンドを蹴り込んだ。

オランイェはイタリアにほとんど劣っていなかったが、ビハインドを背負って折り返し。後半はオランダがほぼ絶えずボールを持っていたものの、本当に相手を痛めつけるだけの決定力に欠け、プロメスのシュート以外長時間ゴールに迫ることができなかった。

ボール所有率では優勢だったものの、オランダはカウンターパンチに注意し続けなければならず、残り10分にはズートがSpinazzolaのシュートに好セーブを見せてオランイェを救う。直後にヴェスリー・スナイデルがピッチに入ると、オランイェのプレーにより毒が生まれた。

後半オランダの最初の真剣なシュートがあわや決まりかけるも、代表128試合目のスナイデルが登場から2分後に放っシュートはGK Donnarummaに阻まれた。

そのまま2-2で報われることは無く、オランダは4日間で2回目の敗戦。オランイェの次の代表戦は5月31日にモロッコと。6月9日には次のWK予選をルクセンブルクとホームで行う。

Oefeninterlands, seizoen 2016/’17 Dinsdag 28 maart 2017 Nederland - Italië 1-2 Scorverloop: 10’ Alessio Romagnoli (1-0) (eigen doelpunt) 11’ Citadin Martins Eder (1-1) 32’ Leonardo Bonucci (1-2)

Opstelling Nederland: Zoet; Tete, Martins Indi, Hoedt, Blind (82’ Viergever); Wijnaldum (77’ Toornstra), Strootman, Klaassen (82’ Sneijder); Lens, Memphis, Promes (88’ Berghuis).

http://www.onsoranje.nl/nieuws/nederlands-elftal/68996/opnieuw-nederlaag-voor-oranje-1-2

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オランイェ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

タイ国サッカー、明日への希望【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

日本vsタイ ロシアW杯最終予選第7戦【球マニアのBLOG】

X・アロンソ、R・マドリード加入時の移籍金はリヴァプール設定額の20億円超だった事が判明【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5610273

(12月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss