我がフェイエノールト

ヨング・オランイェ、フィンランドに苦しまず勝利(練習試合:フィンランド戦結果)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨング・オランイェの新世代は金曜日にEK予選の準備を好スタート。Murciaにおいてアルト・ランゲレーのチームはフィンランドと親善試合を行い、ジェレミア・シン・ジュステとペレ・ファン・アーメルスフォールトのゴールにより2-0で勝利した。

ヨング・オランイェはこの夏EKに出場しないため、ランプルーとそのチームはすでに2019年にイタリアで行われるEK本大会への予選に向けた準備に入っている。その中で選手を選抜していくため、チームは今週 Murciaで2017年初集合。昨年にもこの世代はヨング・オランイェですでにEKに出場するポルトガルという強力なチームと対戦し、見事に1-1で引き分けていた。

金曜の対戦相手はそれとはまた別。前半のある時間帯以外、フィンランドが8人がデビューしたランプルーのチームを苦しめることはほとんど無かった。オランダは自陣からチームを押し上げ、次々にチャンスを作り出した。特にバルト・ラムセラールとスティーヴン・ベルフワインのPSV’erによる左サイドが対するフィンランド人を苦しめ、ラムセラールは2回もGKと1対1になったが、しかしゴールを決められず。

ラム・ランマースにも前半同じようなチャンスがあり、ファン・アーメルスフォールトと再びラムセラールが遠目から危険なシュートを狙ったが、スコアボードを0-0から動かすことはできなかった。

後半均衡を破ったのはジェレミア・シン・ジュステ。ヘーレンフェーンのDFがCKからのヘディングを決めて1-0. これによりフィンランドは完璧に崩壊し、ヨング・オランイェはリスクを冒し続け、再びセットプレーから追加点に迫ったが、ファン・アーメルスフォールト(2回)、ランマースのシュートがライン上でクリアされる。

2-0のゴールが生まれたのは残り10分。上手く繋がった攻撃からジェレミー・ヘルマーのパスがペレ・ファン・アーメルスフォールトへ届き、このヘーレンフェーンの長身MFが見事なヘディングでネットを揺らした。残り時間もヨング・オランイェはハイテンポでボールを回したが、さらにチャンスを作ることはできず。

ヨング・オランイェは月曜にMurciaで2つ目、そして最後の試合。16:00からオーストリアと対戦。金曜日に出場しなかった11人の選手に自分の力を証明するチャンスが与えられる。

アルト・ランゲレー 「前半のある時間帯はボールを持った時の精確性が足りず、ボールを失った時の選択ミスも犯していた。そのせいでフィンランドにカウンターで危険なシーンを作らせてしまっていた。後半はかなり良くなり、フィンランドはもう全く無く危険では無くなった。もっと高得点のスコアにしなければいけなかったと思う」

「このチームにはとても意気込みがあるし、ハードワークしようとする意欲もある。この年齢ではまだ多少不安定さとナイーヴさがプレーにあるのも当然のこと。そこを我々は取り組んでいく」

http://www.onsoranje.nl/nieuws/jong-oranje/68888/jong-oranje-heeft-geen-moeite-met-finland-2-0



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ヨング・オランイェ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ヨハン・クライフ没後1年とクライフ語録【ジョルディのバルセロナ通信】

イスコに太鼓判を押すイニエスタ「R・マドリードにとっても代表にとって極めて重要な選手」【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

日本vsUAE ロシアW杯最終予選第6戦【球マニアのBLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:399
  • 累計のページビュー:5610093

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss