我がフェイエノールト

フリースラントで後半に立て直して勝利(第27節:ヘーレンフェーン-uit結果)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトは日曜午後にsc ヘーレンフェーンとの苦しいアウエーゲームで1-2の勝利。監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームは低調な前半にPKでビハインドを背負ったが、後半立て直してニコライ・ヨルゲンセンとトニー・フィレーナのゴールで逆転した。

アベ・レンストラ・スタディオンのアウエーボックスに歓びが爆発したのはHT明け10分。ニコライ・ヨルゲンセンが文字通り押し込んだボールがゴールラインを超え、重要な同点ゴール。アウエーボックスの1.280人のサポーターもヨルゲンセンのゴールの重要性を即座に悟っていたのは、前半のフェイエノールトが全く試合に入れていなかったためだ。

後半のチームは多くのエネルギーを注ぎ、ポジションチェンジを繰り返すことで、らしいフットボールを展開。1-1のゴール前にもエリック・ボテギンとディルク・カイトにチャンスがあったが、同点ゴールが実際に決まったことでフェイエノールトに必要だった自信が生まれた。

そのため前半何度もアクションが必要だった誕生日のブラッド・ジョーンスは後半の出だしは主に観客に。ただフェイエノールトがたった1-0のビハインドでロッカールームに戻れたのはこの誕生日のGKのおかげだった。ジョーンスはペレ・ファン・アーメルスフォールトの2回のシュートチャンスを阻み、ルーカス・バイケルのシュートも見事にセーブ。

しかし19分のレーザ・ホーチャネヤドのPKスポットからのシュートにはジョーンスもノーチャンスだった。これは直前にミケル・ネロムがこのスピッツを倒して与えたものであり、フェイエノールトが前半ホームチームを止めるのにファールが必要だったのがこれ1回だけでなかったのも確か。ヘーレンフェーンは何度もフリーマンを見つけ、さらにカウンターで危険であり、前半はネロムだけでなくイェンス・トールンストラとスティーヴン・ベルフハイスにもイエローカードが出された。

前半やや一つのシュートも枠内に放てなかったフェイエノールトだが、後半は全く違った姿に。同点ゴールからしばらく、フィレーナのシュートがムルデルのパンチングに防がれ、ボテギンのヘディングにもこの元フェイエノールトのGKが立ちはだかった。

ムルデルが膝を屈したのは残り20分。ベルフハイスの素晴らしいパスからフィレーナがパーフェクトなシュートをゴール逆隅に突き刺した。これにより彼は自身の見事なパフォーマンスに報いただけで無く、アウエーボックスにこの午後2回目の歓喜をもたらした。

ただヘーレンフェーンが終盤 途中出場のヘンク・フェールマンなどで一か八かのプレーに出たことでフェイエノールト・サポーターにとっては最後まで手に汗握る展開に。ジョーンスがここでも2回の卓越シアセーブでチームを救い、フェイエノールトは良いフィーリングで代表戦休みに入ることができる。

SC Heerenveen - Feyenoord 1-2 Scorverloop: 18’ Reza Ghoochannejhad (str.) 1-0 56’ Nicolai Jørgensen 1-1 70’ Tonny Vilhena 1-2

Scheidsrechter: Dennis Higler Gele kaarten: Morten Thorsby (Heerenveen), Miquel Nelom, Jens Toornstra, Steven Berghuis (Feyenoord)

Opstellingen: SC Heerenveen: Erwin Mulder; Stefano Marzo, Jerry St. Juste, Joost van Aken, Lucas Bijker; Yuki Kobayashi (64’ Younes Namli), Morten Thorsby, Pelle van Amersfoort; Luciano Slagveer (81’ Arber Zeneli), Reza Ghoochannejhad (72’ Henk Veerman). Feyenoord: Brad Jones; Rick Karsdorp, Eric Botteghin, Jan-Arie van der Heijden, Miquel Nelom ; Karim El Ahmadi, Dirk Kuyt (74’ Bart Nieuwkoop), Tonny Vilhena; Steven Berghuis, Nicolai Jørgensen (87’ Michiel Kramer), Jens Toornstra.

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

カイトはスタメンで使い続けるべき

エリア復活後もカイトはスタメンで出場させるべきだ。RWGにはトーンストラを入れてベルフハイスを外し、トーンストラの位置にカイトを置くべきだと思う。何でベルフハイスを使い続けるのかが良く分からない。期限付きだからといって使う必要性は全くないと思う。

こんな記事も読みたい

ベンゲル・アーセナルの断末魔。WBAに3-1で敗れる。【東京ドームに計画停電を!】

俺から見たデポルティボ・ラコルーニャ対バルセロナ【バルセロニスタ】

【 香川真司 】 最高の状態で代表戦へ。 【 ドルトムント vs インゴルシュタット 】【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:844
  • 累計のページビュー:5578822

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss