我がフェイエノールト

第26節結果 クライスワイクがプロ17年目で遂に初ゴール。ADO、エクセルシオール、ローダが勝って赤ランタンはゴー・アヘッドへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Speelronde 26

vrijdag 10 maart 2017 20:00 Vitesse - Sparta Rotterdam 5-0 22’ Ricky van Wolfswinkel 1-0 / 34’ Navarone Foor 2-0 / 40’ Arnold Kruiswijk 3-0 / 45’ Marvelous Nakamba 4-0 / 60’ Guram Kashia 5-0

フィテッセはロームが怪我から復帰。レールダムを外してディクスが右バックでスタメン。先週デ・ダービーで勝利したスパルタは怪我のサヌーシに代えてドゥガールがスタメンに。

出だしからフィテッセが激しくプレッシャーを掛けて主導権を取り、スパルタは全く競り勝てず一方的に。ドゥムフリースの愚かなバックパスからファン・ヴォルフスヴィンケルが楽々先制。さらにフォールがドゥムフリースをかわしてパス交換から2点目。フィテッセの勢いは衰えず、クライスワイクがプロキャリア321試合目、エールディヴィジ通算25.318分目にして遂に初ゴールを決め、HT直前にはナカンバがフリーで飛び出して前半で勝負あり。後半はヘルレドームがフェスト状態になり、’Arnold in Oranje’の声援も。

フィテッセは今シーズンのクラブ最多得点での大勝。スパルタはデ・カイプでの6-1と並ぶ今シーズンクラブ最多得失点差での大敗。

ヘンク・フレーザー 「クライスワイクがゴールを決めた時は目を疑ったよ。『いや、あり得ない』と思った。でもそうだったね。今日の中心はアルノルドだが、選手全員に賞賛を送った。彼にゴールを決めさせるにはもの凄く良いプレーをしないといけないからね」

アルノルド・クライスワイク 「リッキーの提案でみんなでお祝いをするよ。得点後は僕よりもチームメイトの方が嬉しそうだったね。でも僕もとても嬉しい。ヘディングが上手く隅に決まってくれた。普通なら誰かに上を抑えれられるけど、今回は僕が周りの上を抑えられた。残り時間はずっと観客が僕の名前を歌い続けてくれて、ピッチ上に自分しかいないような気分だったよ。クラブにとってファンタスティックな夜だったけど、僕にとってもこれ以上は無い夜だった」

zaterdag 11 maart 2017 18:30 ADO Den Haag - NEC 1-0 72’ Mike Havenaar 1-0

ADOはカノンが出場停止でバッケルがベウヘルスダイクとCBデュオ。NECはフォミチョウが出場停止でブレネットを起用。フロートがフィットしてライーと2スピッツ。

ADOが7割以上ボールを持ってなんとかフットボールをしようとするも全くチャンスを作れず、NECがカウンターからライーのバー直撃など数回決定機。40分にはフロートがオフサイドぎりぎりから完全に抜け出すも1対1でスヴィンケルスの壁。後半はADOにもチャンスがあるもお互いに決められずに時間が経過。残り25分でハーフェナール、フルーネフェルトとお互いにスピッツを交代すると、ADOのFKからゴール前でハーフェナールがフリーになって8月以来、約半年ぶりのゴールで先制。残り時間NECが反撃もADOがスヴィンケルスのセーブなどで凌ぎ切って終了。

ADOは9試合ぶりの大きな勝利で20ptsの3チームを抜き去り、逆に2pts差をつけて暫定15位。赤ランタンはローダに。

アルフォンス・フルーネンダイク 「選手たちがピッチ全面で戦ってくれたのが特に嬉しい。これが私が手を加える上でのベースであり、毎週見たいもの。良いプレーで無かったのは正直に認めなければいけないが、我々の側に今回は運があった。この3ptsはとても貴重。最下位にいるのはいつだって素晴らしいことでは無いからね。ファイトし、結果を得られたのが何よりも大きい」

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
エールディヴィジ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

あっと驚くコンバートの数々。色眼鏡を外せば見えてくる「ポジション」の新常識!【月刊フットボリスタ】

【 大迫勇也 】 チーム状態が悪く我慢が続くのかなと。 【 インゴルシュタット vs ケルン 】【FCKSA66】

恒大破った!山東魯能が連勝発進!【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5602639

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss