我がフェイエノールト

AZに大勝で立て直し(第26節:AZ-thuis結果)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトはスパルタ・ロッテルダム戦の驚きの1-0負けから1週間後、AZ相手に反発力を示した。ニコライ・ヨルゲンセンの3得点でデ・カイプにおいてAZに5-2で勝利。イェンス・トールンストラとディルク・カイトもネットを揺らし、エミール・ハンソンが途中出場でデビューを果たしている。

激昂、それが主審 ファン・ブーケルの試合開始の笛からフェイエノールトに見て取れたものだ。ヘット・カステールでのスリップから1週間、チームは追いかける者たちとの差をもう詰めさせず、AZ相手に全力で3ptsを取りに行くと燃え上がっていた。

ブラッド・ジョーンス、テレンス・コンゴロ、エルジェロ・エリアの負傷欠場によりチームはいくつかのポジションで変更を迫られたものの、フェイエノールトは今シーズンすでに何度も見せてきたように、スポーツ面での失望を払拭するために必要な抵抗力を今回もまた示してみせた。その結果前半、特に最初の30分にビジターチームは全く猶予を与えて貰えず、フェイエノールトは後半も優勢に立ち続けた。

さらにフェイエノールトはチャンスを決める上でかなり効率的なところも見せ、ちょうど60分過ぎにスコアボードには3-0のリードが表示される。これらのゴールで主役を担ったのはヨルゲンセン。15分経たない内にリック・カルスドルプの巧いスルーパスから滑りながらのキックでGK ティム・クルルを破り、その後パサーとして2ゴールを演出。

前半半ばにカーツボールでトールンストラに決めさせると、60分過ぎに胸で上手くボールを走り込むカイトの方へ。キャプテンは強烈なシュートでニアポストを経て枠内へ見事なゴールを決めた。

このリードはピッチ上の力関係の妥当な結果であり、フェイエノールトは2点目と3点目の間にはガスも抜いていた。この時間帯にAZはこの試合初めて危険なシーンも作ったが、それでもケネト・フェルメールが本当のテストを課されることはほとんど無かった。それが変わったのは3-0になった直後。FKでデリク・ルカッセンがフリーになり、ファーポストからヘディングを決めた。特に長期の負傷離脱から復帰したフェルメールにとって無失点に抑えられなかったのは残念なことだっただろうが、その後もフェイエノールトの勝利が脅かされることは全く無かった。

それは主にさらに2得点を決めたヨルゲンセンのおかげ。残り10分で自ら得たPKを冷静に決めてクルルと破ると、直後にドリブルでGKをかわしてフィニッシュもコントロール。

ヨルゲンセンにとてこれがこの試合ラストプレートなり、直後にファン・ブロンクホルストによって拍手を受けさせるための交代。監督は同時にスティーヴン・ベルフハイスもピッチから下げ、エミール・ハンソンにフェイエノールト1での公式戦デビューを果たさせた。フェイエノールトにとって非常に重要な午後を締めくくったのはAZ. 最後の1分にヴァウト・ヴェフホルストが抜け出しゴールも決めたが得失点差を多少マシにしただけだった。

Feyenoord - AZ 5-2 Scorverloop: 12’ Nicolai Jørgense 1-0 21’ Jens Toornstra 2-0 59’ Dirk Kuyt 3-0 63’ Derrick Luckassen 3-1 81’ Nicolai Jørgensen (str.) 4-1 82’ Nicolai Jørgensen 5-1 90’ Wout Weghorst 5-2

Scheidsrechter: Pol van Boekel Gele kaarten: Jonas Svensson, Mats Seuntjens (AZ)

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

カイトは偉大な選手だ。

カイトがAZ戦にスタメン出場したのはエリア不調で仕方なくという感じだろうか。酷い扱いだな。真のキャプテンはエル・アーマディとまで言われ、前節の敗戦では出場機会すら与えられなかった。しかし、カイトは出場すればフェイエノールトの為に全力を尽くす。何という強靭なメンタルとフィジカルだろう。カイト選手の偉大さを改めて感じました。カイトをスタメンで使い続ければ優勝できる可能性は大きい。カイトはそのためにフェイエノールトに戻ってきたのだから。でも監督はそうはしないだろうな。俺のフェイエノールト熱も冷めきった。

こんな記事も読みたい

リーガ・エスパニョーラ第27節 ベティス戦招集リスト【レアルマドリードのある生活】

CL決勝トーナメント1回戦第2戦 vナポリ【レアルマドリードのある生活】

PSGが勝ち上がるべきだったと思う。【東京ドームに計画停電を!】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:309
  • 累計のページビュー:5506835

(07月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss