我がフェイエノールト

ヘット・カステールで早々のビハインドを追いつけず(第25節:スパルタ-uit結果)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトは日曜午後に今シーズン2敗目。同じ街のスパルタ・ロッテルダムとのアウエーゲームにおいて監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームは試合開始早々のマティアス・ポグバのゴールにより1-0で敗れた。

難しい午後の輪郭はヘット・カステールで最初の笛が鳴った直後、開始1分も経たずに歓喜が爆発したことに表されている。左サイドからのクロスにマティアス・ポグバがヤン・アーリー・ファン・デル・ハイデンとテレンス・コンゴロの間で競り勝ち、ヘディングでのシュートにブラッド・ジョーンスはノーチャンス。

これにより早々にビハインドを背負ったフェイエノールトはおそらく想定以上に守備的に固めることができるスパルタを相手にしなければならないという最も望んでいなかったシナリオに進むことに。前半のフェイエノールトはコンパクトに構えるスパルタを驚かせる力が無く、1週間前にPSVを序盤圧倒したチームの影も無く、相手の守備を切り裂くにはあまりもプレーのテンポが低かった。

前半スパルタ・ゴールにシュートを浴びせたのはトニー・フィレーナとスティーヴン・ベルフハイスだけであり、GK ロイ・コルトスミットが大きな問題に陥ることは無かった。エルジェロ・エリアとベルフハイスの両バイテンスペーラーが対面の相手をほとんど抜けず、早めのクロスもほぼ届かなかったためにニコライ・ヨルゲンセンもほとんどプレーに絡めなかった。さらに逆風になったのはテレンス・コンゴロが30分で怪我によりピッチを後にしなければならなかったことであり、代わりにミケル・ネロムが投入された。

ファン・ブロンクホルストの2回目の交代も必要に迫られてのもの。完全にフレッシュな状態は無かったエリアに代わりHT明け直後にビラル・バサチコグルがピッチに入ったが、この投入も攻撃面で望んだような効果には繋がらず。残り15分でディルク・カイトがベルフハイスとの交代でピッチに入ってようやく、フェイエノールトは戦い疲れたスパルタをさらに押し込むことに成功。バサチコグルに大チャンスがあったがシュートはバーの上に跳び、その直前のイェンス・トールンストラのシュートもコルトスミットによって弾かれた。

終盤大詰めにフェイエノールトはさらにプレッシャーをかけるも、チームは結果を得ることはできなかった。スパルタDFによってゴールラインの後でクリアされたシュートがあったものの、先週とは違いフェイエノールトを助けることができたはずのゴールラインテクノロジーは無し。ロスタイムにもヨルゲンセンのシュートがセーブされ、ヘット・カステールへの訪問は大きな失望に終わり、フェイエノールトはカンピューンスハップ争いでとてつもなく高く付く敗戦を喫した。

Sparta Rotterdam - Feyenoord 1-0 Scorverloop: 1’ Mathias Pogba 1-0

Scheidsrechter: Danny Makkelie Gele kaarten: Denzel Dumfries, Roy Kortsmit (Sparta), Rick Karsdorp, Karim El Ahmadi (Feyenoord)

Opstellingen: Sparta Rotterdam: Roy Kortsmit; Denzel Dumfries, Rick van Drongelen, Michel Breuer, Sherel Floranus; Mart Dijkstra, Ryan Sanusi, Paco van Moorsel; Jerson Cabral (79’ Roland Bergkamp), Mathias Pogba (72’ Martin Pusić), Craig Goodwin (68’ Florian Pinteaux). Feyenoord: Brad Jones; Rick Karsdorp, Eric Botteghin, Jan-Arie van der Heijden, Terence Kongolo (28’ Miquel Nelom); Karim El Ahmadi, Jens Toornstra, Tonny Vilhena; Steven Berghuis (68’ Dirk Kuyt), Nicolai Jørgensen, Eljero Elia (53’ Bilal Basaçikoglu).

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

当然の結果

フェイエノールトは第22節でカイト選手をスタメンから外した時から、もう歯車は狂っています。シーズン当初の勢いを取り戻す事は無いでしょう。カイト選手が何のためにフェイエノールトに戻ってきてくれたのか、シーズン当初どれだけチームに貢献し、引っ張ってきたか。1月を乗り切った時点でシーズン当初のスタメンで行くべきだったのです。まぁもう遅い。狂った歯車はもう戻らないでしょう。

こんな記事も読みたい

レスター・シティ  岡崎慎司  リヴァプール  小感【ニコ小鉢その2(仮)】

クロップ・スタイルの変わったこと、変わらないこと【湘南スタイル原理主義】

俺から見たバルセロナ対セルタ【バルセロニスタ】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:767
  • 累計のページビュー:5490569

(06月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss