我がフェイエノールト

欧州戦グループステージ最終節結果 勇敢なAZが見事にZenitを下して冬越え成功。PSVとフェイエノールトの欧州戦が終了。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Champions League-groepsfase dinsdag 6 december 2016 20:45 PSV - FK Rostov 0-0

ELに進むために勝つしかないPSVは相手の強力な2スピッツを抑えるために5-3-2を選択。ペレイロを外してデ・ヨングとベルフワインの2スピッツに。

ボールを持っても今日も低調なフットボールでほとんどチャンスを作れないPSV. 後半になってようやく多少前に重心が移るも依然チャンスは作れず、残り30分でコクーはジンチェンコとアリアスを下げてペレイロとシーム・デ・ヨングを投入して4-3-3に戻すも、この交代策にスタンドからは大ブーイング。さらに残り15分でイシマツに代えてナルシンも投入してアレス・オフ・ニーツでリスクを冒したが、シーム・デ・ヨング、ペレイロ、ラムセラールと決定機を決められず、2回のPKシーンも笛は鳴らずにそのまま終了。

フィリップ・コクー 「ガッカリな結果。チームは残された可能性に全力を尽くした。選手たちは良い試合をした。結果は良くないが、彼らが酷い試合をしたと言うつもりは無い」 「我々はゴールを決めるだけの違いを作れていない。敗退は正当な結果。RostovとのアウエーゲームとAtlético Madridとのホームゲームが原因。昨年のCLでのレベルに全く達していなかった」 「5バックの理由?危険なカウンターチーム相手に勝たなければならないこういう試合ではビハインドを背負わないことが重要。終わってから言うのは簡単だ。我々は常に前にプレッシャーを掛けていた。試合中に2,3回システムを切り替え、最後はFW6人でプレーした。これ以上のリスクは背負えない」

Groep D 1. Atlético Madrid 15pts 2. Bayern München 12pts 3. FK Rostov 5pt 4. PSV 2pt

Europa League-groepsfase donderdag 8 december 2016 19:00 Feyenoord- Fenerbahçe 0-1 22’ Sow 0-1

自力での冬越えに2点差勝利が必要なフェイエノールトは選手を温存させずベストメンバー。Fenerbahçeはレンス、好調 ファン・ペルシがスタメン。

低めに構えるFenerbahçe相手にボールを持つもなかなか前にプレッシャーを掛けられないフェイエノールト。20分過ぎにゴール前でカルスドルプがジョーンスに戻そうとしたヘディングが絶好のアシストになって綺麗なオムハールで致命的失点。競り合いに勝てずフットボールも低調なフェイエノールトはHT前にようやくゴールに迫るもフィレーナのシュートがポストに当たってHT.

後半フェイエノールトはトールンストラに代えてバサチコグル投入も展開は変わらず。残り30分を切ってようやく多少チャンスを作り始めるも事実上決着が付いている状況でアレス・オフ・ニーツでリスクを冒すこともほとんど無く、ハーフチャンスが数回あった程度でそのまま終了。

ディック・アドフォカート 「両チームにとってとても雑然とした試合だったと思う。最も幸運なチームが勝った。我々が彼らの攻撃をそれほど怖れずに済んだのはシンプルにフェイエノールトがロングボールでプレーしていたから。我々にはその対応が分かっている選手が数人いるからね。しかし我々もボールを持った時が低調だったと思う」 「彼らは2列目から何回かシュートを放ったが、本当のチャンスは無かった。我々が0-1にした時点で彼らは3得点が必要と非常に難しくなった。我々は守備でしっかりそれに対応できていた。低調な試合だったが、グループステージを突破できたことが最も重要」 「我々の方がクオリティがあったと言うこと。シンプルに言えばそういうことだ」

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
欧州戦
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ELはグループステージで終了(EL:Fenerbahçe-thuis結果)【我がフェイエノールト】

クラブワールドカップを楽しみながらのtoto予想です!【当てtoto】

CLでも強さを発揮するリーガ勢。4年振りに全チームがグループステージ突破【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:2021
  • 累計のページビュー:5598001

(11月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss