我がフェイエノールト

ELはグループステージで終了(EL:Fenerbahçe-thuis結果)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今シーズンのフェイエノールトのELはグループステージが終着駅に。チームは木曜にホームでFenerbahçe相手に2点差勝利が必要だったが、0-1の敗戦で失敗。今シーズンの美しい欧州の夜の思い出に残ったのは、Manchester United戦の1-0勝利となった。

Fenerbahçeの足を引っかけるためにフェイエノールトが立てていたプランは前半半ばに完全に崩壊。Şener Özbayraklıのクロスをリック・カルスドルプがヘディングで味方GKに戻そうとしたが、そのボールをスピッツ Sowがゴール目の前で直接オムハールでゴールに叩き込んだ。

0-1にされるまでフェイエノールトにはほとんど問題は無かったため、カルスドルプは失点の責任を感じるべきだろう。チームは後方に引いたFenerbahçeを怖れる必要はそれほど無く、イェンス・トールンストラのヘディングとFKで最初の小さなチャンスを作り、前線ではエルジェロ・エリアがそのアクションから危険なシーンを作っていた。

失点したことで欧州から敗退を避けるために早々に堅固な組織を捨て、3得点を狙うしかなくなったフェイエノールト。その1点目はHT直前に生まれるかに思われたが、フリーになったトニー・フィレーナのペナルティエリア際からのシュートはポストに弾かれた。

イェンス・トールンストラに代えてビラル・バサチコグルを投入したフェイエノールトは後半より攻撃にアクセントを置こうとした。Manchester Unitedが後半早々にZorya Luhanskにリードをしたことも分かっており、これで自分たちがFenerbahçeに辛勝でも冬越えには不十分なことは明確に。

トルコのトップクラブは後半は主に守備面を堅固にすることに集中力を使い、その結果スピッツのロビン・ファン・ペルシにほとんどボールが届くことは無かった。後半最も危険だったのはフェイエノールトであり、バサチコグルのヘディングやカリム・エル・アマーディのミドルシュートなどからゴールを狙うも、どれでもGK Volkan Demirelを本当にトラブルに落とし入れるには至らず。

フェイエノールトがミヒル・クラーメルをエクストラ・スピッツとして投入して全力で攻撃に出ようとした残り15分間もこの試合展開はほとんど変わらず。信じる気持ちは次第に消えていき、トルコ人GKがまだ数回テストを受けたが、同点ゴールが生まれることは無かった。こうして0-1の敗戦で今シーズンの欧州戦は望んでいたよりも早く終了。フェイエノールトはシーズンの残りをエールディヴィジとベーカー戦に集中することができる。

Feyenoord - Fenerbahçe 0-1 Scoreverloop: 22’ Moussa Sow 0-1

Scheidsrechter: David Fernandez Borbalan Gele kaarten: 55’ Kuyt (Feyenoord), 37’ Souza, 78’ Škrtel, 80’ Demirel, 82’ Şen (Fenerbahçe)

Opstellingen: Feyenoord: Brad Jones; Rick Karsdorp, Eric Botteghin, Jan-Arie van der Heijden, Miquel Nelom; Karim El Ahmadi, Dirk Kuyt, Tonny Vilhena (76’ Michiel Kramer); Jens Toornstra (46’ Bilal Basaçikoglu), Nicolai Jørgensen, Eljero Elia. Fenerbahçe: Volkan Demirel; Sener Özbayrakli, Simon Kjær, Martin Škrtel, Hasan Ali Kaldirim; Mehmet Topal (86’ Roman Neustädter), Josef de Souza Dias, Jeremain Lens (70’ Volkan Şen); Moussa Sow, Alper Potuk, Robin van Persie (75’ Emmanuel Emenike)

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ELはグループステージで終了(EL:Fenerbahçe-thuis結果)

とにかく日曜日のAZ戦は絶対勝利し、首位をアヤックスに渡してはならない。フェネルバフチェ戦の影響などの言い訳は通用しない。とにかく決死の覚悟で戦い続けなければならないでしょう。フェイエノールトの目標は明確でただ一つ。リーグ優勝しか無いと私は思っています。

こんな記事も読みたい

クラブワールドカップを楽しみながらのtoto予想です!【当てtoto】

CLでも強さを発揮するリーガ勢。4年振りに全チームがグループステージ突破【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

どこまで走る?RBライプツィヒ。そろそろ一息と読むが。【当てtoto】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5506527

(07月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss