我がフェイエノールト

オランイェ、デパイの2ゴールで勝利(WK予選:ルクセンブルク-uit結果)

このエントリーをはてなブックマークに追加

オランダ代表は日曜にWK予選グループAで再びスウェーデンを抜いて2位に浮上。途中出場 メンフィス・デパイがオランイェを牽引し、後半の2ゴールでルクセンブルクを破った。苦しんだ試合だったが、1-3の勝利は十二分に相応しい結果と言える。

ルクセンブルクはWK予選グループAで最下位にいるが、Stade Josy Barthelの悪質なピッチでの勝利が自ずと手に入るものでないのもオランイェは承知していた。実際にデニー・ブリントのチームはスウェーデン(0-1勝利)、ブルガリア(4-3)同様にルクセンブルクに苦戦。しかしクオリティの差が決定的要素となり、キャプテン アルイェン・ロッベンの復帰もチームの助けになった。

ルクセンブルクの抵抗を打ち壊すには早めの得点が必要だったが、オランイェは苦しいスタートでなかなか最初のチャンスを作れず。だが10分過ぎから突然多くのチャンスが生まれる。ロッベンのシュートがセーブされた後、ヴェスリー・スナイデルとデイヴィ・クラーセンは足下のボールをコントロールするのに時間がかかりすぎ、Luc Holtzのチームが何とかクリア。

マールテン・ステケレンブルフがDavid Turpelのシュートに1度だけセーブを強いられた後 、オランイェは30分過ぎに先制するかに思われたが、クラーセンがデビュー戦のGK Ralph Schonとの1対1でGKの足にシュートを当て、リバウンドを狙ったこのアヤクシートのヘディングもバーを超えた。

そして素晴らしい攻撃がオランダに先制点をもたらす。ジョシュア・ブレネット、ジョルジーニョ・ワィナルドゥム、クラーセンの連携からロッベンに逃しようのないチャンスを作ると、オフサイド際から抜け出して0-1.

この先制がチームに解放感をもたらし、オランイェはそのまま勝負を決めようとしなければならないはずだったが、しかしHT直前にルクセンブルクのカウンターから1-1に。ブレネットがあまりに簡単にDaniel da Motaに追い抜かれ、そこからペナルティーエリア内で倒してしまい、Maxime Chanotが棚ぼたのチャンスをモノにした。

後半もいきなり逆行からのスタート。オランダの希望であるロッベンが怪我によってHTにロッカールームに残り、スティーヴン・ベルフハイスに交代。試合に上手く入れていなかったスナイデルもピッチに戻らず、メンフィス・デパイが代わりにピッチに入った。

フレッシュなウィンガーでオランイェは再びリードを狙い、即座にそれに成功しかけた。左サイドからデイリー・ブリントのクロスがフリーのクラーセンに届き、このヘディングはセーブされてCKとなったが、この攻撃が良いレシピに。約15分後にブリントが再びゴール前にボールを上げると、勢い良く飛び込んだデパイが頭であわせて1-2.

前半の予想もしない同点がまだ頭に合ったことでオランイェはさらに安全な点差を求め、デパイには2点目の良いチャンスがあったがシュートは枠外に。力強いプレーをしていたバルト・ラムセラール、そしてベルフハイスにもチャンスがあったが、どちらもSchonがセーブ。

結局ネットを揺らしたのは再びデパイ。ゴール隅に正確なFKを決め、ようやくオランイェを応援する人々に安堵感をもたらした。この2得点はManchester Unitedで主力から外されているこのFW本人にとっても大きな弾みになっただろう。

終盤にはルクセンブルクにあわや2-3のシーンがあり、ワィナルドゥムに代わってマルテン・デ・ローンが途中出場でデビュー。勝利はもう何の危険も無く、オランイェは2016年最後の試合で3ptsを獲得して再びグループ2位に上がった。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オランイェ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

実力で勝ち取ったリーグトップの座【リバプールな毎日】

いろいろあったね、2006-2016の欧州サッカー。 みんなで語り尽くさない?【月刊フットボリスタ】

ウムティティ、左足太ももの肉離れで全治3週間 来月頭のクラシコ出場も微妙に【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5410822

(03月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss