我がフェイエノールト

オデッサから10人で1ptを持ち帰る(EL:Zorya-uir結果)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトはZorya Luhanskとのアウエーゲームで1ptを獲得。序盤のニコライ・ヨルゲンセンの先制ゴールの後 チームは長時間何の問題も無い夜を過ごしていたが、HT直前のエリック・ボテギンへのレッドカードによって試合一転。最終的にフェイエノールトはファイティング・スピリットによって1-1で試合を終えることができたが、後半終盤には決勝点を決めるチャンスもあった。

フェイエノールトにとって試合の悲劇的なターニングポイントになったのは42分から43分の間。1分間にエリック・ボテギンがファールトペナルティーエリア内でのハンドで2枚のイエローカードを受けてしまった。デンマーク人主審 Jakob KehletはこのハンドでPKを与え、ブラッド・ジョーンスが一度は止めるも、不運にもリバウンドに真っ先に届いたRafael Forsterが至近距離から1-1に。

ZoryaのPKまでフェイエノールトは完全に試合をコントロールしていた。チームは規律のある守備から数回危険なシーンを作り、15分過ぎにZoryaとの第1試合同様にヨルゲンセンがゴール。エルジェロ・エリアのクロスをエンドライン上でキープしたディルク・カイトのクロスを、フェイエノールトのトップスコアラーが至近距離から上手いヘディングで決めた。

監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのスタメンの最大の驚きはエリア。肩の怪我から回復したFWはビラル・バサチコグルに優先されて起用された。監督はまた、トニー・フィレーナ(家族の事情)とカリム・エル・アマーディ(足の怪我)の二人の不動のスタメンの不在に、代役としてレナート・ターピアとマルコ・ヴェイノヴィッチを立てる。フィレーナの母親の死を受け、フェイエノールトは喪章を付けてプレーしていた。

ボテギンのレッドカードを受けてファン・ブロンクホルストはさらにチームの修正を迫られ、HT明けにヨルゲンセンに代えてミケル・ネロムを投入、テレンス・コンゴロをCBに、エリアとトールンストラを中盤に移し、カイトはスピッツ・ポジションに。

これでフェイエノールトにとって非常に厳しい展開になるのは明らかだったが、チームにとってアドバンテージだたのは、Zoryaが2週間前のデ・カイプと、この夜の先制ゴール後もそうだったように、積極的なプレーを好まなかったことだった。ほとんどクリエイティビティの無いチームは明らかな大チャンスを多くは作れず、フェイエノールトはVladyslav Kulachのゴールがオフサイドで取り消されて命拾いし、その直後にはこの途中出場者が再びシュートを狙ったシーンでリック・カルスドルプが何とかクリア。

10人のフェイエノールトは当初危険なシーンを作ることができず、ほとんどボールが届かなかったカイトに代えて70分過ぎにバサチコグルを投入、エリアと共に前線にスピードのある二人が並んた。これによりフェイエノールトは試合に粘りが増し、残り15分にはヴェイノヴィッチに最大のチャンス。フリーポジションで多くの選択肢を得たが、18mから自らシュートしてバーの上に外してしまった。

突然チャンスが作れるようになったことでオデッサでまだ勝つこともできるとの気持ちがフェイエノールトを力づけたが、その後数回の好機とチャンスを悉く上手く決められず。それでもチームは後半の素晴らしい守備を含め、少なくとも1ptを得られたことを喜んでいるだろう。この1ptがどれだけ重要かは、最後の2試合を見てみなければならない。

Zorya Luhansk - Feyenoord 1-1

https://www.feyenoord.nl/feyenoord-1/programma/zorya-luhansk-feyenoord-europa-league-2016-2017/verslag

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

マンチェスターU対マンチェスターC ~イブラとポグバの話~【special1を目指して】

トゥヘルの流儀 UCL16-17 ドルトムント対スポルティング・リスボン【奇想庵@スポナビ】

【 岡崎慎司 】 昨季よも重要な存在になっているとも言える。 【 トッテナム vs レスター 】【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:900
  • 累計のページビュー:5604280

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss