我がフェイエノールト

オランイェ、善戦も何も得られず(WK予選:フランス-thuis結果)

このエントリーをはてなブックマークに追加

良いプレーだったが二日酔いが残ることに。オランダ代表はフランス相手に素晴らしい試合をしたと振り返ることができるが、月曜夜のアムステルダムでWK予選3試合目は0-1の敗戦。

フランスはこのWK予選をグループAの絶対的大本命としてスタート。世界のトップに属し、FIFAランクは4位。昨夏の自国でのEKでフィナーレに残ったのも伊達では無い。前線にはAtletico MadridのGriezmann-Gameiroの縦列を擁し、中盤にはPogba, Sissoko, Matuidiとフットボールの巨人たちが並ぶ。

さらにオランイェは15分でクインシー・プロメスが離脱という大きな痛手を負った。金曜のベラルース戦で2得点とスマークマーカーだったFWは足首の怪我のためにピッチを去らざるを得ず、代わりに入ったメンフィス・デパイが右サイドに移ったデイヴィ・クラーセンのポジションに。

Les Bleusは力強く試合に入り、オランイェを押しとどめていたが、オランイェもフィルジル・ファン・ダイクがボールをもう少しで蹴り入れられるポジションに入るなど、時にフランスのGK Hugo Llorisに迫っていた。

だがそこから大きな一撃を喰らって0-1に。ちょうど30分過ぎ、ジェフリー・ブルマのボールロストから始まったフランスの攻撃は数秒後にPaul Pogbaの足から放たれた揺れるカノン砲が躊躇したマールテン・ステケレンブルフを破り、世界最高額 105milの男がフランスにリードをもたらす。

前半の内にビハインドを取り戻せなかったが、オランダにはPKを与えられるべきシーンが。スライディングをしたLaurent Koscielnyが明らかに手にボールを当てたものの、主審 SkominaはPKには不十分と判断。この予選で判定によって損をしたのはこれが初めてでは無く、オランイェには怒りのリアクションが起きた。

第一幕同様に第二幕も毎秒がエキサイティングな試合に。ステケレンブルフはGameiroとの1対1を制し、Pogbaの強烈なヘディングをセーブと、どちらも得点を阻んでリベンジ。そしてオランダは?若手の多いチームは何度かフランスゴールの前で危険なシーンを作り、特に代表2試合目のリック・カルスドルプは何度も駆け上がり、デパイなどにボールを送っていた。

ボンズコーチ デニー・ブリントはバス・ドストをエクストラ・スピッツとして投入して何とか引き分けにしようとしたが、フランスの守備陣はほとんど崩れること無く、しかし自分たちも雑なカウンターでトドメを刺せず。終盤デパイに決定的チャンスが訪れたが、至近距離からの反転ボレーはLloprisのセーブに阻まれた。

オランダ代表はやれることをやり、見事な試合をしたと言えるものの、0-1で陰鬱な気分でアレナを去った。

Nederland-Frankrijk 0-1 (0-1) Scoreverloop: 31. Pogba 0-1.

Scheidsrechter: Skomina. Gele kaart: Pröpper, Strootman (Nederland), Pogba (Frankrijk).

Opstelling Nederland: Stekelenburg; Karsdorp, Van Dijk, Bruma, Blind, Strootman, Pröpper (84. Willems), Wijnaldum (62. Dost), Klaassen, Janssen, Promes (16. Memphis).

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オランイェ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

絶命戦!格上のウズベキスタンに挑む【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ハリルホジッチ監督、それは言っちゃアカンやん。【東京ドームに計画停電を!】

2016:A代表:アジア最終予選:3戦目:H:vsイラク「結果と内容で収穫も依然として課題を残す」【蹴鞠談議2】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5577597

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss