我がフェイエノールト

オランイェ、デ・カイプに輝かしく帰還(WK予選:ベラルース-thuis結果)

このエントリーをはてなブックマークに追加

オランダ代表のデ・カイプへの輝かしい帰還はハイライトシーンに溢れた夜に。ロッテルダムでのWK予選はベラルースを4-1で撃破。フィンチェント・ヤンセンの強烈なシュート、マールテン・ステケレンブルフがゴール前に戻ったことや、右バック リック・カルスドルプの力強いデビュー、さらにクインシー・プロメスの2得点と、金曜夜はオランイェレヒューンにとって十二分に楽しめるものだった。

バイテンスペーラーの プロメスはほぼ毎週のようにオランダのTVからは遙か遠いSpartak Moskouで活躍しているが、オランイェ・シャツでは未だに説得力を感じさせてはいなかった。その結果、外野からは疑念を持たれ、一週間前にはボンズコーチ ブリントが記者会見でプロメスが強力なロシア・リーグの正真正銘 スマークマーカーの1人であると説明しなければならなかった。

10月のロッテルダムでの夜に疑問符は感嘆符に変わった。正確には金曜夜21.01. 彼らのオランイェでの初ゴールだ。DF3人の足の間を抜くシュートによって、オランダ代表の力強い序盤が報われた。

プロメスの代表15試合目の15分目の先制ゴールはまさに解放感をもたらした。彼自身にも、オランダ代表にも。そして解き放たれたプロメスはこの夜2点目も決める。再びベラルース人数人の足の間を抜けるシュートで、GKにはまたもノーチャンスで2-0. その数分前にはファン・ダイクの得点が、オフサイドポジションでは無かったが取り消されていた。

ビジターチームも2-1に迫ったが、ステケレンブルフが守るゴールの枠を捉えられず。しかしそこから不安な10分間が始まり、ベラルースが数回大きなチャンスを得たものの、オランイェは無傷でHTの笛を聞くことができた。

後半開始直後にAlexsey Riosが守備を破ってネットを揺らし、オランダを震え上がらせる。その分、そこからすぐデイヴィ・クラーセンが再び2点差に戻した安堵感は大きかった。このアヤクシートはフィンチェント・ヤンセンのポスト直撃を抜け目なく決めた。この夜のスピッツにはまだゴールが無かったが、Tottenham HotspurのFWはとてつもない衝動で個人の成功を追い求め、そのミッションに成功。ミスから奪ったボールをペナルティエリア外から強烈なシュートでゴールに突き刺した。

こうしてオランイェがベラルース相手に重要な勝利を収め、月曜のアムステルダムでのフランス戦に向けて必要だった自信を得ることができた。

Statistieken: Nederland – Wit-Rusland 4-1 (2-0)

Scoreverloop: 15 en 31. Promes 1-0 en 2-0, 47. Rios 2-1, 56. Klaassen 3-1, 64. Janssen 4-1.

Gele kaart: Rios (Wit-Rusland).

Opstelling Nederland: Stekelenburg; Blind, Bruma, Van Dijk, Karsdorp, Strootman (78. Clasie), Wijnaldum, Klaassen, Sneijder (46. Pröpper), Janssen (83. Dost), Promes.

http://www.onsoranje.nl/nieuws/artikel/21338/oranje-avond-vol-hoogtepunten-4-1

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オランイェ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

PKセーブ記録更新で話題のバレンシアのジエゴ・アウヴェス「小さい頃から常に幸運だった」 【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

マンチェスターU対ストーク ~成長した攻撃、悪化した守備~【special1を目指して】

ヨング・オランイェ、もう奇跡頼みに(EK予選:トルコ-thuis結果)【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:389
  • 累計のページビュー:5524316

(08月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss