我がフェイエノールト

ヨング・オランイェ、もう奇跡頼みに(EK予選:トルコ-thuis結果)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨング・オランイェにとってEKは遙かに遠のいた。新監督 アルト・ランゲレーのチームはベスト2位の枠争いに残るためには木曜にトルコに勝つしかなかったが、アルクマールでの試合は0-0に終わり、もはや奇跡を願うしかない。

ヨング・オランイェは監督 フレッド・フリム抜きで先へ進む。彼はフロート・オランイェに昇格し、ランゲレーがベンチで彼の席に就くことになった。彼の任務は残る予選2試合に勝ち、その上で他のグループのライバルたちの一つが失敗するのを期待することだった。

木曜のトルコにとって戦術はシンプル。守り、ワンチャンスでなんとか危険なシーンを作ることだ。サプライズが起こせればグループでオランダを抜き、さらにEKへの小さな可能性も出てくる。この守備的プレーのおかげでヨング・オランイェにとっては簡単な仕事にはならず。少なくともチームは前半サイドから何度も突破してかなり多くのチャンスを作っていたが、ボールが入ろうとしてくれなかった。

特にリチェドリー・バズールにとってはフィニッシュで運が悪かった。遠目からの2本のシュートはどちらもトルコ人の足に当たって枠外に。30分過ぎにはジョシュア・ブレネットの良いクロスからフリーでシュートを打てたが、Gokhan Akkanが触ってポストを直撃。HT直前にもバズールに再びチャンスが来たが、キスナのバックパスからのシュートはまたしてもトルコ人GKに阻まれた。

後半は試合の流れが反転。ヨング・オランイェはヤイロ・リーデワルトとケニー・テーテからまだ危険なシーンがあったものの、徐々にトルコ人たちが前に出れるように。60分を過ぎてオランダがまだ発っていられたのはマイキー・ファン・デル・ハルトのおかげだ。このGKがOğulcan Çağlayanのシュートに猫のような反応を見せ、ボールはバーを直撃。直後にはKenan Karamanも先制に近づいたが、この途中出場選手のシュートは至近距離から枠外に。

終盤はアップダウンの激しい展開。両チームとも引き分けでは何も得られないと分かっていたことで次第に攻撃に重心置くように。ヨング・オランイェでは途中出場 スティーヴン・ベルフワインが最もクリエイティビティを発揮し、バズールがポジションに現れたがシュートはブロックされる。ウサマ・イドリシにもチャンスがあったが、シュートは力無く、反対側ではジェレミア・シン・ジュステがボールをライン上でクリア。

終了直前にもヨリス・ファン・オーフェレームがヨング・オランイェのフロート・マンになりかけたが、投入されたばかりのMFが至近距離から放った強烈なシュートはトルコンGKが反応。

こうしてヨング・オランイェは0-0に終わり、スロヴァキアがグループウィナーを決めてEK出場が確定。ヨング・オランイェは火曜にキプロスに勝って他のグループのライバルたちが奇跡的な形でPOチケットを失うのを願うしかない。

Statistieken: Jong Oranje – Turkije 0-0

Scheidsrechter: Del Cerro (Spanje) Gele kaart: St Juste (Nederland), Ünder (Turkije)

Opstelling Nederland: Van der Hart, Brenet, Rekik, St. Juste, Tete, Bazoer, Riedewald (85. Van Overeem), Van de Beek, Kishna (63. Idrissi), Vermeij (58. Bergwijn) en El Ghazi.

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ヨング・オランイェ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本vsイラク ロシアW杯最終予選第3戦【球マニアのBLOG】

ホームで痛恨の敗戦。粘りを見せられるか【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ジダンの責任はどこにあるか 【レアルマドリードのある生活】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:334
  • 累計のページビュー:5461230

(05月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss