我がフェイエノールト

オランイェ、スウェーデンと引き分け(WK予選:スウェーデン-uit結果)

このエントリーをはてなブックマークに追加

オランダ代表にとってWK予選のスタートはSolnaでフラストレーションの溜まる夜に。相手より遙かに優勢でありながら、無様なゴールを与え、ロスタイムには不当なゴール取り消しを受け、その結果1-1での1ptに甘んじなければならなかった。

Solnaでの試合は予選のさらに続く9試合への序章だけで無く、即座に”決定的な”意味を持つ試合でもあった。ロシアでのWKへの直接枠はグループウィナーにしか与えられず、混沌とした状況と木曜のギリシア戦の敗戦(1-2)もあり、敗戦が痛い以上の結果であるのは明らか。

ボンズコーチ デニー・ブリントはギリシアとの練習試合から7つのポジションで入れ替えを行い、ダリル・ヤンマート、フィルジル・ファン・ダイク、デイヴィ・クラーセンらがスタメンに。

スウェーデンの最大の不在はズラタン・イブラヒモヴィッチ。スウェーデンの歴代トップスコアラーである元アヤックスなどのスピッツは先のEKの後に代表チームに別れを告げており、ジョン・グイデッティ、マルクス・ベルフ、アンドレアス・グランクフィスト、オスカル・ヒルイェマルクといった、かつてオランダで糧を得ていた元エールディヴィジの選手たちがスタメンに並んだ。

前半を見た者なら、スウェーデンがリードしてHTに入ったのはほとんど信じられなかっただろう。オランダは間違いなく前半良いプレーをし、スウェーデンに苦労したのはたった1シーンのみ。オランイェは開始5分でクラーセンが大チャンスを得て夢のスタートを切ることもできたはずで、その後もこのアヤクシートが再び素晴らしい攻撃の最終地点となったが、そのヘディングにはパワーもコースも無かった。フィンチェント・ヤンセンの強烈なシュートとヴェスリー・スナイデルの見事なシュートでオランダは完璧に圧倒していたが、ただ最も重要な、ゴールを決めるということだけが欠けていた。

それでもHT前にゴールは生まれたが、しかしスウェーデンの側に。ケヴィン・ストロートマンの無様なボールロストで先制のチャンスを得た元PSV’er マルクス・ベルフが美しいロブ。オランイェの置かれている苦しい時期を象徴するシーンと言えるだろう。

自信を失っていたオランイェにとって厳しい一撃であり、良いプレーをして十分なチャンスを作っていてもビハインドを背負ったことはフラストレーションでもあったはずだ。これで後半は自分たちがゴールを決めてもうチャンスは一つも与えないのが任務なのは明らかに。

オランイェは再び多くボールを持ったが、チャンスは多く生えられず。クラーセンとファン・ダイクのヘディングの後、「一度遠目から狙ってみよう」と考えたヤンマートの左足の強烈なシュートをスウェーデンのGK Olsenが対処しきれず、リバウンドからスナイデルがしっかり決めて1-1.

終盤オランダは何とかもう1点決めようとし、残り5分でバス・ドストにこの試合最大のチャンスもシュートはバーの上に。ロスタイムに入った瞬間、この途中出場者は確かにゴールを決めたが、相手を押したという非常に疑わしい理由で得点は認められず。これで最後までSolnaの夜はフラストレーションの溜まるものとなった。

同じグループではベラルースがフランスと引き分け(0-0)、ブルガリアがルクセンブルクに4-3で勝利。10月7日にオランイェはベラルースをホームに迎えて次の予選を戦う。

Statistieken: Zweden-Nederland 1-1 (1-0).

Scoreverloop 42. Berg 1-0, 67. Sneijder 1-1.

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オランイェ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本vsタイ ロシアW杯最終予選第2戦【球マニアのBLOG】

ホームでの引き分けは価値があるのか?【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

2016:A代表:アジア最終予選:1戦目:H:vsアラブ首長国連邦(UAE)「敗戦の仕方がパターン化し見える本質的問題」【蹴鞠談議2】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5608225

(12月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss