我がフェイエノールト

ヨング・オランイェ、ベラルースで海損(EK予選:ベラルース-uit結果)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨング・オランイェはEK予選でのベストの2位を争う試合で最低の結果に。金曜にフレッド・フリムのチームはベラルースと2-2で引き分け。チームは取り返しの付かない海損事故を起こしてしまった。

ヨング・オランイェはこの先はトップスコアラー抜きでやらなければならない。フィンチェント・ヤンセンは予選最初の5試合でハードワークとゴール(9点中6点)で大きな印象を残したが、彼はすでにボンズコーチ デニー・ブリントのスピッツポジション・リストのトップにいる。ヨング・オランイェの同業者であるフレッド・フリムは代替案としてアンワール・エル・ガーシを選択。

Minskの人工芝のピッチにはクオリティも経験も十分だったはずだった。特に中盤はバルト・ラムセラール、トニー・フィレーナ、ヤイロ・リーデワルトとフロート・オランイェのプレセレクションに入っていた3人が並び、来年のポーランドでのEKへ向けて彼らがフリムのチームを引っ張らなければいけなかった。EKに進むには何よりもまずベラルース戦からの最後の3試合勝たなければならず、それができればPOへ進める4つのベストの2位で終われるチャンスは十分にあった。

しかしヨング・オランイェは少しの煌めきもなくスタートし、不運なビハインドまで背負ってしまう。8分にボールが至近距離からジャン・パウル・ボエチウスの手に当たり、そこからキャプテン Pavel Savitskiが簡単に与えられたPKを決めた。

このシーンがベラルースにとって大きなプラスに働き、下がった相手チームに対してヨング・オランイェは長時間 堅い守備の穴を見つけられなかった。HTまでに数回の小さなチャンスはあったが、リカルド・キスナのヘディングは逸れ、その1分後の彼のシュートは相手に当たってポストの反対側に。ラムセラールもベラルースのGKの前に飛び出したが、そこからボールを良い方向へ飛ばすことはできず。その間にはRuslan Teverovが至近距離からのヘディングであわや2-0になりかけていた。

後半はだいぶ魅力的に。ラムセラールが素晴らしいトラップを見せて即座にダメージを修復しかけたが、至近距離からのシュートは枠外に。フリムはなんとかEKを救い出そうと、最後の30分間でボエチウスに代わってエヒテ・セントルムスピッツのフィンチェント・フェルマイを投入。ヘラクレス・アルメロのFWは最初のアクションでヘディングをわずかにバーの上に飛ばしてしまったが、68分にキスナのクロスからエル・ガーシがヘディングで同点ゴール。

しかし8分後に同点ゴールへのハードワークは全く無駄に。ベラルースのFKがナータン・アケーの不運なヘディングでゴール前に繋がってしまい、Dmitri Borosovの足からSavitskiが至近距離から押し込んで2-1. しかし幸いにもすぐにフィレーナのCKからデリク・ルカッセンがヘディングで2-2として再び同点に。

終盤はファン・デル・ハルトがEKが完全に視界から消えるのを防ぐ活躍。PEC ズヴォレのGKはSavitskiのFKに見事なセーブを見せ、Nikolai Zolotovのシュートにも反応。反対側ではエル・ガーシが2-3にする決定的チャンスを得たが、この亜約ソートはロスタイムにベラルースのGKと1対1になったチャンスを決められなかった。

6試合10ptsでヨング・オランイェは依然グループ2位にいる。予選最後の2試合(キプロス戦とトルコ戦)は絶対に勝たなければならず、その上で他のグループの結果に恵まれることを期待するしかない。

Statistieken: Jong Wit-Rusland – Jong Oranje 2-2 (1-0)

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ヨング・オランイェ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

UAEに負けたのは、誤審や判定が理由ではない。【東京ドームに計画停電を!】

メッシが代表引退撤回後の初戦で早速決勝弾「再びこの場に立てて本当に幸せ」 【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

カイパース、マッケリー、ファン・ブーケル、ビデオ・アシスタント・レフリーの初のセミ・ライブ・テストに成功【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:372
  • 累計のページビュー:5609226

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss