我がフェイエノールト

オランイェ、ギリシアに敗れてホーム5連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

オランダ代表とボンズコーチ デニー・ブリントはギリシアとの練習試合で良いフィーリングを維持したいと願っていたが、その目論見は失敗。すぐに迎えるスウェーデンとの重要なWK予選に向けてのリハーサルは1-2の敗戦に終わった。ジョルジーニョ・ワィナルドゥムが早々に先制ゴールを決めたが、その後 Konstantinos MitroglouとGiannis Gianniotasのゴールによってオランイェは二日酔いでスウェーデンへ旅立つことに。

5年間 アイントホーフェンは再びオランイェを迎え入れるのを待たなければいけなかったが、その始まりとなるエキサイティングな序盤は待っていただけの価値があるものだった。オランダは序盤を勢いよく飛び出し、3分以内にクインシー・プロメスがギリシアのゴールへ最初のシュート。さらにキャプテン ヴェスリー・スナイデルのシュートの後、14分にジョルジーニョ・ワィナルドゥムのシュートがネットを揺らした。

早々に1-0のリードをもたらしたのはフィンチェント・ヤンセンの見事なアクション。スティーヴン・ベルフハイスからボールを受けたFWはゴールラインで相手を華麗にかわし、即座にゴール前へ向けてボールを送ると、ワィナルドゥムはその軌道上で文字通りぶつかるだけで良かった。

それから程なくして、ブリントによってヤスパー・シレセンとマールテン・ステケレンブルフに優先されたイェルーン・ズートがボンズコーチの正しさを証明。猫のような反応でKostas Fortunisのシュートをスマートにバーの上に弾き出した。

オランイェは感じるべきだった警告を感じず、数分後にツケを支払うことに。ジェフリー・ブルマの背後でゴール前完全フリーになったMitroglouが頭であわせて1-1に。オランダ代表は即座に再びリードを得ようとし、ほぼそれに成功しかけたが、スナイデルのシュートは数cmクロスバーから逆方向に。そしてこれがHT前最後のシュートだった。

後半も立ち上がりは即エキサイティングに。ヤンセンが強烈なシュートでギリシア人GKを襲ったが、Orestis Karnezisがバーの上に弾き出した。その後はHT前の展開とほぼ変わらず、オランイェが長時間ボールを持つものの、ギリシアの守備を本当に苦しめることはできず。

60分過ぎに観客の心拍数は再び上昇。ヤンセンが抜け出して2-1にする絶好のチャンスに思われたが、その瞬間に視界の外から現れtらPapadopoulosが足を伸ばしてボールを完璧にクリア。5分後にもヤンセンが再び脅威となり、逆隅を狙ったシュートを放ったが、今回は50cm枠を外れた。

残り15分、ピッチ上の展開とは全く逆にギリシアが1-2のリード。ブルマがミスをし、取り戻そうとするも叶わず、ズートが止めたシュートのリバウンドをGiannis Gianniotasがゴール前至近距離からしっかり決めるのを目の当たりにすることに。

あわや同点という途中出場 デイヴィ・クラーセンのシュートはバーの上に飛び、イェトロ・ヴィレムスに変わってバス・ドスト投入の最後の攻勢もほとんど効果は無く、オランイェは多少の二日酔い状態でWK予選初戦スウェーデン戦へと旅立つことになった。

Statistieken Nederland - Griekenland 1-2 (1-1).

Scoreverloop: 14. Wijnaldum 1-1, 29. Mitroglou 1-1, 74. Gianniotas 1-2.

Scheidsrechter: Kalkavan (Tur). Gele kaart: Manolas (Griekenland), Berghuis (Nederland).

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オランイェ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ロシア ワールドカップ アジア地区最終予選 日本 対 UAE【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

まさかの...1点差惜敗!【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

モウリーニョユナイテッドを見て【special1を目指して】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:622
  • 累計のページビュー:5430761

(04月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss