我がフェイエノールト

今シーズン ブレイクしたタレントたち

このエントリーをはてなブックマークに追加

Doelman ヒデ・ユルユス (デ・フラーフスハップ 22) (年齢はシーズン終了時) プロ2年目、エールディヴィジ初シーズンながら、ヨング・オランイェの正GKが伊達ではないことを見事に証明。シーズン最多セーブを記録したのは所属チームがデ・フラーフスハップだからというだけの理由では決して無い。正面からのシュートだけでなくクロスへの対応も良く、キックも正確とすでにタレントの枠に収まらないだけの十分なクオリティを見せており、さらなる伸びシロを考えればジョニー・レップがシレセンを見限って代役に獲得することをアヤックスに推薦したのも納得だろう。

Verdediger ジェリー・シン・ジュステ (ヘーレンフェーン 21) 本格的なプロ・初シーズンで大きなポテンシャルを改めて証明。第7節フィテッセ-thuisでソレンキとのエキサイティングな1対1を繰り広げてフットボール・ファンを喜ばせたが、フォッペ・デ・ハーン就任後は驚きのコントローラー起用でフットボール能力の高さも見せた。とてつもないポテンシャルがあるのは間違いないが、彼の成長を考えれば来シーズンはやはりCBにポジションを落ち着かせるべきだろう。

ルーカス・ヴァウデンベルフ (NEC 22) ジュピラー・リーグ当時のエクセルシオールへのレンタルから戻ったフェイエノールトで1シーズン チャンスを得られなかったが、再びレンタルされた先のNECで十分デ・カイプでプレーする資格があることを示した。1対1の強さで数々のアタッカーを封じ、攻撃面でも縦への前進力だけでなくゴールへ向かう姿勢も見せた。ヘット・レヒューンが好むプレースタイルでもあり、来シーズンはファンに愛される存在になれるだろう。

ヒデ・テル・アーヴェスト (トゥエンテ 19) プロ2年目で低迷するチームの中で苦しみながら着実に成長した印象。守備面はまだ甘さがあるが、フットボール能力は高く来シーズン大きく飛躍する可能性も。そのためには適切なクラブに行くことだろう。

その他 ケニー・テーテ (アヤックス 21) プロ3年目、エールディヴィジ1年目

Middenvelder バルト・ラムセラール (ユトレヒト 19) 今シーズンのユトレヒトの中盤は彼抜きでは語れないだろう。実質プロ1年目で急激に成長し全34試合出場。走力とテクニック、ゴール前に飛び出す奥行きを作る動きでチームのフットボールにダイナミズムをもたらした。ご褒美のオランダ代表初召集は怪我で逃したが、来シーズンも成長が続けたトップ選手へ到達する可能性も十分ある。

リシェドリー・バズール (アヤックス 19) エールディヴィジデビューの昨シーズンにすでに実力を示していたが、8番でスタメン固定された今シーズン 大ブレイク。競り合いの強さと前進力、何よりも攻撃的姿勢が強く、低調なアヤックスのフットボールの起爆剤に。シーズン終盤はパフォーマンスが落ちてスタメンを外れたが、来シーズンはコントローラーに戻るか、このままBox-to-Boxプレイヤーとして成長するか、新監督の判断も見物。

その他 ブランコ・ファン・デン・ボーメン (ヘーレンフェーン 20) プロ3年目、エールディヴィジ1年目 シェラルド・ベッケル (PEC 21) プロ3年目、エールディヴィジ2年目

Aanvaller ウサマ・イドリシ (フローニゲン 20) ファルケノールトで長くフロート・タレントの一人として見られながらもAユニオールでマカーイと衝突してプロ契約は得られずにフローニゲンへ移ったプロ1年目。ウィンターストップ明けからスーパーサブとして活躍を見せるとシーズン終盤にはスタメンに定着。マヒーとアントニアが不在の中で最も危険な選手になった。サイドにじっと張らずに神出鬼没な動きで相手守備陣を攪乱、中に切れ込むだけでなく奥行きを作る動きも多く、メルテンスを彷彿とさせるタレント。来シーズンの活躍次第ではフェイエノールトが例のごとく大きく悔やむことになるだろう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
エールディヴィジ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

イタリア代表のEUROメンバー候補、ピルロやジョヴィンコ、バロテッリは復帰ならず【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

香川真司と本田圭佑。ドイツ杯決勝とイタリア杯決勝。ドルトムントとミラン。【FCKSA66】

ルイ・ファン・ハール 退任!!【Cher démon rouge】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:505
  • 累計のページビュー:5600663

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss