我がフェイエノールト

マスタープラン 「我々は再びドリブルを仕掛けなければいけない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

オランダ・フットボールに対するKNVBと各クラブの新たなマスタープランがほぼ完成。興味を引かれるポイントの一つは際限無い編み物についての取り組みだ。パス、パス、パス、そしてパスを終わらせ、幼少時から選手たちは再びドリブルに取り組み、1対1で相手を圧倒することを学ばなければならない。

試合の中で小さなスペースでやれる選手が必要になった時、PSVとアヤックスが何をするか?ガストン・ペレイロやアミン・ユネスの起用であり、二人とも国外で育ったドリブラーだ。

現在 ボンズコーチ デニー・ブリントはアルイェン・ロッベンに代わる若い後継者を探しているが、ピッチのサイドから中央へと正確に同じスラローム・アクションができる選手は実際一人しかない。Watfordの控え選手、スティーヴン・ベルフハイスだ。

昨年 フース・ヒディンクがMFたちだけでトレーニングを行った時、誰もが足元にボールを要求するオランダのロンドに対して「同じタイプが多すぎる」と嘆いていた。そうやって際限無くパスとロンドが続くことになる。

しかしそれは変わるだろう。少なくともKNVBと各クラブがオランダ・フットボールの改革と改良のために作成した新プラン『デ・ウィナース・ファン・モルヘン』はそれを目指している。「パスとキックが重要なのは変わらない。トレーニングでそれをしっかり練習するのは良いことだ」とイェレ・フース。「しかし、将来のフットボールはそれよりも多くの事が求められる。どのポジションでも選手たちは複数の機能をこなせるように教育されていることが要求される」

KNVBにテクニカル・マネージャー職を置くことがこのプランを強く推し進める力の一つになるのは国外を見れば明らかだ。フース:「週末に自分たちのリーグだけでなく、国外の大きなリーグを見れば、そこではMFたちはゴールに背を向けてボールを受け、一つのアクションで反転できるテクニックがある。例えばかつてのロナルド・デ・ブールがやれたように。バックでさえも1対1で相手を抜くことができるんだ」

「創造性は我々のフットボール文化の伝統に根付いている。だがそれを再びもっと目に見える形にできるはず。トレーニングの形式や、試合の繋がりの中で。パス、パス、パス、そしてパスを終わらせる。我々は再び、もっと走り回り、ドリブルを仕掛け、シュートしなければいけない。昔ながらのストリート・フットボールの精神や、5、6、7歳の子供たちにはすでにそれが備わっている」

このプランはプロ・フットボールだけでなく、ユースやアマチュア・フットボールにも同じように及ぶ。例えばユースの最年少ではすぐに7対7で始めるのを止め、小さなピッチでの2対2から始めることがこのプランでは考えられている。必然的にすべての子供にボールコンタクトが増え、攻撃でも守備でも1対1のプレーの仕方を学ぶことになる。ユースで年長になるにつれて、そこから4対4や5対5、さらに多くへと進むことができる。

「約30万人のユース選手がこの改革を体験するだろう」とフース。「来シーズンからでもスタートできれば素晴らしいが、まだ早すぎる。KNVBと各クラブが一緒になって、先ずはしっかりキャンペーンを行っていかなければいけない。各クラブでは論理的なオペレーションも求められる。例えばゴールのサイズも考えなければいけないし、他のフォーマットが加わることになるだろう」

エールディヴィジとエールステディヴィジ各クラブは今週中にプランの決定稿を受け取り、4月半ばにザイストで出された最後の中間稿からの変化を確認。5月24日にプロ・フットボールの全体ミーティングで投票を行い、アマチュア・フットボールでも5月28日に同様に投票。青信号がともれば、この新プランは年ごとに”ウィナース・ファン・モルヘン”の大会議で査定、修正、リニューアルされることになる。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

近年型の成功する「4-3-1-2」には3つのポイントがある。【FCKSA66】

ザックが口を開いた!「選手は早いサッカーに適応すべき」【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

スペインサッカーコード:バイエルン・ミュンヘンのSalida de balón分析①:対アトレティコ・マドリードCL準決勝〜第1戦(前半)【坂本 圭 スペイン式サッカーメソッドを体感する!】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:860
  • 累計のページビュー:5600159

(11月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss