我がフェイエノールト

オランイェ、失敗の要因

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラジルでのWK3位からEK予選グループ4位敗退と天国から地獄へと落ちたオランダ代表。ほぼ全てが上手くいかなかったこの13ヶ月の失敗の要因は長期的、短期的に様々あるが、主な5つを確認しておこう。

1. ヒディンクを選んだKNVB KNVBに最大の責任があるのは間違いない。ファン・ハールが2年契約を延長しないと改めて明言した時点でオランダ中の誰もが、選手たちも、そして本人も「次はロナルド・クーマン」と確信していた。ファン・ハールと並ぶ戦術家であり、ホーランセ・スホールだけでなく、4-4-2や5-3-2など柔軟性を備え、国際的経験があり、過去の失敗からコーチとしてだけでなくトレーナーとしても成長したことをフェイエノールトでの証明し、3年目のサイクル終了でボンズコーチへのステップアップは自他共に誰が当然と思う道筋だった。しかしKNVBはボンズコーチの若い世代への移行を選ばず、突如手を挙げたフース・ヒディンクを選択。クーマンに2年間のアシスタントの後にボンズコーチ昇格のオファーを出すも、稚拙な対応により断られたファン・オーストフェーンの責任はあまりに重い。結局クーマンはイングランドに渡りSouthampton FCで成功。クーマンは過去の失敗から契約を途中で投げ出す選択肢は持っておらず、KNVBへの不信感も当然あることを考えれば今後ブリントが窮地に陥ってもバトンを受け取る可能性は無い。

2. WKでの成功による選手たちの過信 ヒディンクは決して無能な監督ではなく、むしろトレーナーとして優秀なのは過去に指導を受けた選手たちが証明済み。しかしブラジルで予想外の成功を収めて自信を得過ぎてしまった、特に若手選手たちのメンタリティを短期間で正しく導き、気持ちを切り替えさせるにはヒディンクはあまりにこの世代の選手を知らなさすぎた。今予選のほとんどの試合で祖開始早々に失点し、ほとんどをの時間をビハインドを背負って過ごすというのは集中力の欠如でしかない。 歴史的にオランダの選手は常にその傾向があるが、若くして成功を収めて慢心した選手たちを導くには穏健なヒディンクではなく厳格なファン・ハールやロナルド・クーマン、さらに例えば妥協無き完全主義者のフランク・デ・ブールのようなタイプが必要だった。アルイェン・ロッベンが今予選中に幾度となく「僕らはトップチームではない」と言い続けたものの、チームに正しい緊張感と一体感は最後まで戻らなかった。

3. ヒディンクの迷走 もちろんヒディンク本人にも責任はある。5-3-2で成功を収めたWKから、就任会見でホーランセ・スホールに戻すと明言。しかし初戦のイタリアとの練習試合に4-3-3で完敗すると、「必要なら5-3-2も選ぶ」と180度方向転換し、数日後のEK予選初戦 チェコ-uitでは5-3-2を選択。しかし早々の失点で再び4-3-3に戻すも、結局終了直前のヤンマートのミスから敗戦。1ヵ月後の予選ではカザフスタンをホームで下すも、3日後のアイスランド-uitでは2-0の完敗に終わり、悪いサイクルに入っているのは明らかだった。さらに1ヵ月後のメキシコとの練習試合に2-3で敗れ、「負けたら辞める」とヒディンクが明言したラトビア-thuisはロッベンの活躍で6-0大勝。しかし新しいサイクルに入れるとの楽観論は年明けのトルコ-thuisでロスタイムのフンテラールのゴールでなんとか1-1という結果に終わったことで再びヒディンク解任論が高まったが、3日後のスペインとの練習試合に驚きの2-0で勝利したことでまたしても多くの問題が有耶無耶のまま続投に。 結局6月にVSに3-4で敗れ、ラトビア-uitで0-2で勝った試合の2週間後にブリントに受け渡しになったが、最後まで明確なプレービジョンを示せなかったヒディンクにこのチームを率いるだけの力は無かったと言える。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オランイェ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ゴールデン・シュー最多受賞のC・ロナウド「体のケアをすれば40歳までプレーできる」【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

本田圭佑のボディ・バランスについて。重心の位置と上半身と下半身の強さの比率。【FCKSA66】

中国代表がカタールに敗れてグループ3位に転落【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:845
  • 累計のページビュー:5460238

(05月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss